2584157 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゴスペルな日々(Good News Bad Times)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

全7件 (7件中 1-7件目)

1

憲法第九条

Jul 31, 2019
XML
テーマ:ゴスペル(3240)
カテゴリ:憲法第九条
森田ゆり著『体罰と戦争』人類のふたつの不名誉な伝統 



図書館から借りて一気に読みました。
多彩なテーマを扱った7つの章からなります。
それぞれコンパクトながらも、ゆるがせにしない筆致で
説得力に富んでいると思いました。

下手なコメントを加えるよりも、章ごとの詳しい目次を掲載しますので、そちらを読んでいただく方がイメージがわくと思います。

内容説明
体罰と戦争で傷つき、死ぬ子どもたち。体罰は「しつけのため」戦争は「国を守るため」。暴力―人類はいつ、この悪しき伝統を止めるのだろうか。暴力とは何かを問い続けてきた森田ゆりの人間のいのちと尊厳を守る渾身の書。

目次
1 体罰と戦争の8つの共通点
  共通点の1 それがよくないことだとわかっていても
        やめられません
  共通点の2 大義名分があります
  共通点の3 死傷しトラウマに苦しむのは、
        社会的に弱い人々です 
  共通点の4 深刻な人権侵害行為です
       ・体罰は子どもの人権のバロメーター
  共通点の5 「時には必要」と考える限り、
        なくなりません
  共通点の6 絶対にしないと誓い、その宣言実行
        システムが必要です 
       ・ベトナム戦争帰還兵の証言
       ・体罰をしないと誓う法律が必要
       ・体罰をなくせば暴力をなくせる
  共通点の7 「不安」というあつかいの難しい
        感情をもたらします
       ・不安と恐怖が暴力に果たす役割
       ・不安は伝染する
       ・思考停止の集団心理
  共通点の8 どちらにも共通する「怒り」も、
        またやっかいな感情です

2 怒りの仮面
  兵士の怒り-水木しげるの戦争記録
  軍隊内の体罰・いじめ
       -山本七平の『私の中の日本軍』 
  体罰は怒りの爆発
  子供たちの気持ちの絵
  二次感情としての怒り
  「怒りの仮面」を活用する
       -自傷と他者攻撃を減らすために
  性暴力加害ティーンズ怒りの仮面

3 体罰とファシズム―ヒトラーの場合
  ヒトラーに惹かれる少年たち-2つのタイプ
  シンボルの威力
  子ども時代の屈辱と喪失
       -体罰を受けて育ったヒトラー
  暴力への衝動
  ファシズムを支えた大衆心理

4 ジェンダーと大量殺人―宅間守の場合
  大阪教育大学付属池田小学校襲撃事件
  ジェンダーと暴力
  根深い女子への蔑視
  面前DVと体罰の中で育つ
  大量殺人の動機
  怒りの仮面の裏側の感情
  男らしさの虚像-唯一のよりどころ
  死刑確定
  情性欠如=反社会性パーソナリティ障害
  大量殺人は男の強さ
  フィンケルホーの男性の社会化論
  感情の鈍磨
  弱さの感情を許さない靖国神社
       -山中恒の少国民研究
  死刑の早期執行
 
5 体罰の6つの問題性と戦争の6つの問題性
  体罰の記憶を思い出してみる
  -体罰の6つの問題性-
  1体罰は、しばしばそれをしているおとなの
   感情のはけ口である
  2体罰は、恐怖感を与えることで子どもの
   言動をコントロールする方法
  3体罰は、即効性があるので、他のしつけの方法を
   使えなくなってしまう
4体罰は、しばしばエスカレートする
  5体罰は、それを見ている他の子供にも
   深い心理的ダメージを与えている
  6体罰は、時には取り返しのつかない事故を
   引き起こす  

  -戦争の6つの問題性-
  1戦争は、戦争がもたらすばく大な利権欲求の
   はけ口であることが多い
  2戦争は、不安とうそを蔓延させることで大衆の
   言動をコントロールする
  3戦争は、他の外交解決方法はないと思わせる
  4戦争は、小さな武力衝突や攻撃が
   エスカレートし長期化する
  5戦争に巻き込まれた人々の身体的、心理的ダメージは
   計り知れない
  6戦争は、取り返しのつかない殺傷と環境破壊を
   確実に引き起こす  

6 戦争とトラウマ
  国府台日本帝国陸軍病院の「病床日記」
  沖縄戦のトラウマ
  なぜ日本では戦争トラウマ研究が忘却されたか
  男らしさ欠如の病とみなされた戦争神経症
  アメリカ戦争帰還兵のトラウマ
  本多立太郎さんの「戦争出前話」

7 マイケル・ジャクソンの思想
  ―子どもの癒やしは世界の癒やし
  誤解され続けたポップ・スター
  冤罪事件
  キッズ・ヨーガとビリー・ジーンの出会い
  子どもの知恵はすごい
  宮沢賢治との共通点
  「子どもをケアしよう」と呼びかける数々の名曲
  非暴力のメッセージ
  子どもの癒しは世界の癒し
  父親からの体罰を告白
  子どもの人権尊重の子育て論

森田ゆり[モリタユリ]
元カリフォルニア大学主任研究員、元立命館大学客員教授。1981年からCalifornia CAP Training Center、1985年から5年間は、カリフォルニア州社会福祉局子どもの虐待防止室のトレーナーとして勤務。1990年から8年間、カリフォルニア大学ダイバーシティ・トレーナーとして、多様性、人種差別、セクハラなど、人権問題の研修プログラムの開発と大学教職員への研修指導に当たる。1979年から今日まで、先住アメリカ・インディアンの人権回復運動を支援し、日本とインディアンとの交流に携わってきた。『聖なる魂―現代アメリカ・インディアン指導者デニス・バンクスは語る』(朝日新社社)で1988年度朝日ジャーナル・ノンフィクション大賞、『あなたが守る あなたの心・あなたのからだ』(童話館出版)で1998年度産経児童出版文化賞受賞。1997年、日本でエンパワメント・センターを設立し、行政、企業、民間の依頼で、多様性、人権問題、虐待、DV、しつけと体罰、性暴力、ヨーガ、マインドフルネスなどをテーマに研修活動を続けている。アロハ・キッズ・ヨーガを主宰し、児童養護施設、児童心理治療施設、児童自立支援施設などで、とりわけ虐待のトラウマや脳神経多様性の子どもたちにヨーガを教えると同時にそのリーダーを養成している。2016年度アメリカン・ヨーガ・アライアンス賞受賞。2001年、虐待に至ってしまった親の回復プログラム「MY TREE ペアレンツ・プログラム」を開発。各地にその実践者を養成し、過去18年間で1138人の回復者を生んでいる。第57回保健文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

画像と上記情報のかなりのものを紀伊国屋書店のサイトから戴きました






Last updated  Jul 31, 2019 10:55:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 19, 2019
カテゴリ:憲法第九条
戦争のつくりかた

示唆に富んだ
いや
事実を適示した
内容となっています。






Last updated  Jul 19, 2019 11:28:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 13, 2018
カテゴリ:憲法第九条
雨上がりちょいと「観劇」に江古田まで

劇団一の会 第44回公演
『青い眼の赤トンボ』





教会のメンバーのお子さんが出演中とお聞きして、雨上がりの練馬の道を歩いて行ったです。

内容は素晴らしかったですよ。

戦争とか軍隊とか軍人の理不尽さが堪えました・・・

8月15日まで上演


#劇団一の会 第44回公演
『#青い眼の赤トンボ』
脚本:#岡本喜八
演出:#黒川礼人






Last updated  Aug 13, 2018 11:18:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 30, 2018
カテゴリ:憲法第九条
夏の季節は戦争と平和について考えさせられる時期ですね。

テレビ ライフ・ラインがイラストレーターのみなみななみさんを取り上げるとのことですのでご案内に参りました。



放送日は地域によってことなりますが第1週 8/4(土), 5(日)となります。
詳しくは最後の方を御覧くださいね。


「シャロームの畑」 みなみななみさん

【番組の解説】
番組オープニングの絵でおなじみのイラストレーター・みなみななみさんは、『ぼくのみたもの~第五福竜丸のおはなし』『ヒロシマの少年じろうちゃん』などの絵本制作に携わっています。また、昨年には、父親の戦争体験を絵本にした『父の東京大空襲』を出版しました。一昨年東京で行われた「みなみななみ展・シャロームの畑」の様子をお送りするとともに、戦争や平和に関心を持つというみなみさんにご自身の考えやこれらの絵本についてお話を伺います。
※尚HBCテレビは、「奇蹟のトロンボーン」(亀井玲司さん)をお送りします。


放送地域と放送局 放送時間帯は以下の通りです。

青森県 青森テレビ 土曜 05:00 - 05:30
静岡県 静岡第一テレビ 土曜 05:00 - 05:30
新潟県 BSNテレビ 土曜 05:15 - 05:45
沖縄県 沖縄テレビ 土曜 05:30 - 06:00
京都府 KBSテレビ 土曜 06:30 - 07:00
千葉県 チバテレ 土曜 07:00 - 07:30
滋賀県 びわ湖放送 土曜 07:00 - 07:30
埼玉県 テレ玉 土曜 08:00 - 08:30
北海道 HBCテレビ
※8/5(日)のHBCテレビは、「奇蹟のトロンボーン」(亀井玲司さん)をお送りします。

福島県 福島テレビ 日曜 05:30 - 06:00
群馬県 群馬テレビ 日曜 07:00 - 07:30
兵庫県 サンテレビ 日曜 07:00 - 07:30
神奈川県 テレビ神奈川 日曜 08:30 - 09:00






Last updated  Jul 30, 2018 08:57:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 23, 2018
カテゴリ:憲法第九条
【平和の詩「生きる」全文朗読】
沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子



​(写真をクリックすると毎日新聞サイトに飛びます)​


私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

 

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

 

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

 

私はこの瞬間を、生きている。

 

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

 

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

 

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

 

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

 

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

 

今を一緒に、生きているのだ。

 

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

 

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

 

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

 

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

​元サイト(毎日新聞)​






Last updated  Jun 23, 2018 07:28:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 25, 2018
カテゴリ:憲法第九条
28分頃から会見が始まります



学校法人森友学園(大阪市)をめぐる補助金詐欺事件で、詐欺などの罪で起訴された学園前理事長の籠池泰典被告と妻諄子被告が5月25日夕、保釈され、大阪市内で記者会見に臨みました

【詳細はこちら】https://www.asahi.com/

途中で憲法9条に言及したぜぃ






Last updated  May 25, 2018 09:03:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 22, 2018
カテゴリ:憲法第九条
ねりま九条の会が6月28日(木)に『コスタリカの奇跡』を2回上映するそうでです。

行ってみようかなと・・・





同会からの案内文は以下の通りです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この映画は「1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー」です!


<上映日時>
2018年6月28日(木)
1回目:10:00~11:30
2回目:18:30~20:00
    20:00~講演を予定していますが
        講師は未定です。(交渉中)

<会場>
ココネリホール(3階)
所在地: 〒176-0001 東京都練馬区練馬1丁目17−1

<参加費> 
1,000円(18歳未満・学生・障がい者は500円)

予約は必要ありません。
直接会場にお越しください。

ご参加をお待ち申し上げております。

元サイト

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






Last updated  May 22, 2018 12:53:51 PM
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

Favorite Blog

映画「0円キッチン」 New! lavien10さん

キャンドルサービス New! エリムエコーさん

スープ皿はどこへ?… New! 偏屈老人さん

忘れっぽい、イライ… 為谷 邦男さん

賃貸住宅オーナーの… 仙台の税理士さん

ATC第9回新年会… きんちゃん1690さん

生涯を終えた人 やまひで0207さん

スニーカーマニアの… 青空 竜之介さん
青空のように フッサストラットさん
根っこの今 ikirunekkoさん

Comments

ロン@ゴスペル@ Re:三浦綾子の言葉(07/20) ゆきこさんへ 書き込み有難う御座います。…
ロン@ゴスペル@ Re:日本にとって大切な参院選(07/17) ゆきこさんへ 書き込み有難う御座います。…
ロン@ゴスペル@ Re[1]:マリアン・アンダースンをご存知ですか?(02/10) 片島諒さんへ 地味な私のブログにお出でく…
片島諒@ Re:マリアン・アンダースンをご存知ですか?(02/10) 「ゴールデンボーイズ」と書いてしまいま…
片島諒@ Re:マリアン・アンダースンをご存知ですか?(02/10) 生まれて初めて買ったレコードがマリアン…
坂井能大@ Re:三浦綾子の言葉(03/24) 核心に迫る言葉ですね!

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.