五黄の寅 思い出話

フリーページ

1950年生まれで、団塊の世代最終組と同学年だった「五黄の寅」です。
能登
2014年が終わり、いわゆる「団塊の世代」もすべて高齢者の仲間入りをしてしまいました。オジサン・オバサンだと思ってたらジイサン・バアサンになってしまったんですね。 でも、「人生50、60花ならつぼみ、70,80働き盛り」ですから、あの頃の輝きを忘れず、もうひと踏ん張り、いやふた踏ん張りと思ってます。

こんな事を始めますた。クリークしてくれるとうれしいでつ。 人気blogランキング

2019年06月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、久しぶりでJR嵯峨野線の電車に乗る機会がありました。円町駅を出てしばらく行くと、このあたりで自殺した高野悦子さんのことを思い出しました。
当時の山陰線には円町の駅もなく、時には蒸気機関車が走ることもある単線でした。

思い出したといっても生前の彼女を知ってたわけではありませんが。

亡くなった時、彼女は立命館大学文学部日本史学科の3回生でした。

立命館には1年後に入学したのですが、金閣寺に近い衣笠キャンパスで、当初はサークルにも入ってなかったので、文学部のあった広小路キャンパスへ行くこともほとんどありませんでした。
のちになってシァンクレールも六曜社も行きましたが、彼女が行ってた時期より後になりますので、すれ違うこともありませんでした。

彼女の存在を知ったのは、亡くなってから2年位後に地元栃木の文芸誌「那須文学」に遺稿が掲載され、それが関西の一部書店で販売されていたのを友人が買ってきまして、それを借りて読んでからです。

それからしばらくして、遺稿集「二十歳の原点」が上梓されて、ベストセラーになります。

学生運動との関わりの中で亡くなった人の遺稿集はそれ以前にもありました。

高野さんがこれらの人と決定的に違うのは、遺稿集が出るまでほとんど無名の存在だったことです。

生前の高野さんは当時としてはごくありふれた、政治にも関心がある女子学生でした。そのことが、逆に多くの人から受け入れられ、今に至るまで語り伝えられる存在になったのでしょう。

今年は自殺から50年目の節目の年です。彼女と同じ時代の空気の中で生きた学生も、今ではほとんどが70代。オイルショック、バブル崩壊、リーマンショックをくぐりぬけて、リタイアした人がほとんどで、中には亡くなった人も少なからずいたでしょう。

あと、30年もすれば、それらの世代の人もほとんどがこの世から去ってしまいますが、彼女は時を超えて語り継がれる存在なのかもしれません。






最終更新日  2019年06月24日 03時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


五黄の寅1950

お気に入りブログ

ざざむし New! 幻泉館 主人さん

台風5号発生 穴沢ジョージさん

阿波踊りまで一か月… きんちゃん1690さん

参議院選挙<投票日… うるとびーずさん

夢子の夢 夢子0506さん
remi's room remi10さん
きまぐれうさぎは大… うさぎのむらさんさん
ぜんちゃんの風に吹… バルナバぜんちゃんさん
真理を求めて 秀0430さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん

コメント新着

 五黄の寅1950@ Re[1]:年の暮れに(12/31) 穴沢ジョージさんへ コメントありがとうご…
 穴沢ジョージ@ Re:年の暮れに(12/31) 生存証明、拝読。こちらも生存中なり。 体…
 五黄の寅1950@ Re[1]:年の暮れに(12/31) t-matsu9679さんへ コメントありがとうご…
 t-matsu9679@ Re:年の暮れに(12/31) こんばんは。 素敵なメッセージありがとう…
 五黄の寅 @ Re[1]:真実より耳障りの良い嘘の時代(01/02) t-matsu9679さん  こんにちは ご無沙汰…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.