262300 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

美味しい里山日記 ~ 第二章 親子で丹波に移住!!楽しく美味しい田舎暮らし!

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

知人の環境NPO

2006.08.27
XML
カテゴリ:知人の環境NPO
ここ何日か、秋風が吹いていますね。
稔りの秋、食欲の秋、読書の秋、・・・秋到来間近、おもしろいNPO企画を見つけました。

知人が所属する老舗の自然団体なのですが「初心者のための」と冠する自然観察のシリーズ講座が開講されます。 講師陣を見ても、庶民派(?)の方々がずらり。 恐らく堅苦しい内容よりも、身近で日常に溶け込むような感覚で教えて下さりそうです。

初心者のための自然かんさつ塾
 第13回・秋期 受講生募集中
●期間   2006 年10月15日(日)~2007年2月4日(日)   
●講座回数は土・日を中心に全10回(室内2回、野外8回)
●主催  社団法人 大阪自然環境保全協会

樹木ウォッチングあり、ムササビ観察会あり(!)。夜の森で五感を養う研修あり!

私もすぐにでも参加したい・・・(チビの成長を待っています)。

bloranこの記事が楽しそうだったら、1クリックお願いします。人気環境blogランキングに参加しています







Last updated  2006.08.28 19:10:51
コメント(0) | コメントを書く


2005.10.13
カテゴリ:知人の環境NPO
秋本番、きのこの話題が増えていますね。
ファミリーでキノコ狩りを楽しむなら、しいたけ園やキノコツアーに参加するのに最適な季節です。

余談ですが、キノコ狩りをワイルドに楽しみたい!などとお考えの方には、ぜひぜひキノコ修行をお奨めします。
初心者歓迎のキノコ専門の集まりをご紹介します。

関西菌類談話会
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2111/home.html


こちらのHPにも掲載されていますが、会の趣旨は、キノコの世界の魅力そのものを追究することですので、食べる目的はまず念頭から消し去って頂いて、「美しいキノコ、おもしろいキノコ」を通じてキノコを見分ける目を養うことを楽しんでください。

この他にも、全国各地の自然系博物館の友の会などで、キノコ観察会は開かれています。 こちらはもっと子供連れが多い行事ですので、野生児を育てたい方はぜひ!


この記事がおもしろかったら、クリックで応援してください(人気blogランキング)






Last updated  2005.10.13 20:48:52
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.08
カテゴリ:知人の環境NPO
今、日本は野鳥の子育て真っ盛り。
スズメの子はよちよち「ちゅんちゅん」、カラスの子はばたばた「あわーあわー」と可愛い仕草で初めての外の世界に一生懸命生きています。

そんな鳥達が豊かに暮らす日本ですが、ニュースなどでも話題に上る環境破壊の影響を受けて、生活が激変中・・・のはずなのですが、実際彼らの生活がどう変化し、どんな影響が見られるのか、ほとんど研究されていないのも日本の現状です。
少なくとも、バードウォッチャーが多いヨーロッパに比べると、驚くほど野鳥の生態が調べられていません。

それは、深山幽谷の野鳥だけではありません。
身近なツバメやスズメが、50年前と比べて増えたのか減ったのか、あるいは、近所のカラスが10年前と今とで、どれくらい増えたり減ったりしているのか、といった単純な情報すらほとんど蓄積されてこなかったのです。

このままでは、ある日突然、日本から「あれ、スズメが居なくなった」「ウグイスって古典に出てくる鳥でしょ?」なんて日がやってくるかも知れません。

ここでご紹介する「NPO法人バードリサーチ」は、身近な野鳥から豊かな自然環境の中にしか居ない野鳥まで、とにかく、今の日本の野鳥達の記録を集めて研究し、後世に残そうと活動をしている環境NPOです。

こちらでは様々なプロジェクトを企画していますが、とにかく野鳥を可愛い、面白い、(あるいは憎たらしいでも)と感じる方であればどなたでも参加頂きたいと思います。拠点は東京ですが、インターネット参加できるプロジェクトが多数ありますので、全国どこからでも参加可能です。

プロジェクトは、熟練者向けのものだけでなく、例えば「ベランダバードウォッチ」や「季節前線ウォッチ」といったもののように、初心者が身近な野鳥の情報を送るだけで、全国調査に参加できるような楽しい企画、構想がたくさんあります。

「ベランダバードウォッチ」
・・・家事の合間の15分間のティータイム、のんびり外を眺めていて確認できた鳥達を記録する企画。あるいは、オフィスのベランダや、営業の合間にいつも休憩する公園のベンチでも可です。

「季節前線ウォッチ」
・・・今年、うちのツバメはいつ巣に帰ってきた?今年、初めてウグイスの歌を聞いたのはいつ?カッコウがやってきたのはいつもより遅かったかな?
といった記録を集める企画。特に、渡り鳥の激減が心配される昨今、こうした記録が野鳥達の保全につながっていくかも知れません。

もし、お好みの企画がない場合は、逆に「こんな企画を作ってください」と直接ぶつけてみるのも良いのでは?

ちなみに、私の知人は、そこで大の野鳥好きで、技術者として勤務中です。

ご興味をお持ちの方は、是非以下のHPで詳細をご訪問下さい。
NPO法人 バードリサーチ (東京都日野市)


よろしければ人気blogランキングへ






Last updated  2005.07.08 13:09:58
コメント(4) | コメントを書く
2005.02.06
カテゴリ:知人の環境NPO
日本で環境保全をリードしているのは、企業であると言われています。しかしながら、企業が行う環境保全の取組みは、当然ながら、どうしても予算的、人的制約があり、本業に近い分野に偏らざるを得ません。

そうした場合、手薄な分野に気づき、目を向けるのは大学や独立系の研究機関、そして一般市民の役割になります。

とは申しましても、市民には「気づき」があっても実行できる組織力や専門性に欠ける場合が少なくないでしょう。

ここでご紹介する「環境監視研究所」
は、環境NPOとして独立性を保ちつつ、積極的に市民環境活動を支援している専門機関です。特に、市民活動ではなかなか難しい精密な「化学分析」を得意とし、その分野での受託分析や環境教育、若手環境化学研究者の育成などに熱心な団体です。

ちなみに、私の知人は、そこで環境分析等の技術者として勤務中です。

ご興味をお持ちの方は、是非以下のHPをご訪問下さい。
環境監視研究所 (大阪市)
 http://www4.ocn.ne.jp/~kanshi/katudo.html







Last updated  2005.07.08 12:33:18
コメント(0) | コメントを書く
2005.01.29
カテゴリ:知人の環境NPO
本ブログをご覧になられてもお分かりの通り、私は野鳥が好きです。
子供の頃、親が野鳥観察に連れて行ってくれた影響もあるでしょうが、実際に一人で出歩くようになって、多くの野鳥に出会ううちに好きになった、という方が正確でしょう。

ここでご紹介するのは、野鳥観察と環境保護の老舗です。

●財団法人 日本野鳥の会 http://www.wbsj.org/
昭和9年に設立された団体で、野鳥に親しむこと、野鳥に関する情報を提供することなどを中心活動としている財団法人です。

こちらの面白いところは、野鳥に親しむことを中心に据えつつ、専門の研究チームを組織したり、野鳥生息地としての自然環境の保全・復元活動に積極的に取り組んでいることです。

美味しい里山の食べ物を守るには、まず里山の自然環境の保全が不可欠です。
私の知人も多数、野鳥に親しみつつボランティアとして調査や自然保護活動に参加しています。

もう一つ、このページでご紹介する意義としまして、この会には、「里山の美味しい物」に詳しい方がたくさん参加されています。そうした方に、直接お会いできることも、嬉しいことです。

全く知識のない方へも毎回親切に教えて下さいますので、会が主催する観察会に気軽にご参加下さい(全国各地、随時開催:休日が多いが、平日観察会もあり)。

ちなみに、私の知人は複数ご活躍中で、各地方の観察会リーダーや、専門の委員などに就いて居られます。






Last updated  2005.02.22 16:15:11
コメント(0) | コメントを書く
2005.01.09
カテゴリ:知人の環境NPO
「知人の環境NPO」
新しいカテゴリーを作成しました。

ここでは、私の知人が活躍中の環境NPOをご紹介し、応援しようと思います。
HP等では見えない個々のNPOの長所短所、これから取り組もうとしていることなどを、知人の話を基にご紹介できたらと考えております。






Last updated  2005.02.14 15:46:37
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.