041989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

GOUSUKE TSUBONE 坪根剛介

PROFILE

打楽器全般を岡田知之、ヒダノ修一各氏に、 ドラムセット・パーカッションをPauloVarugas、MarkDerose、FrancisSilva各氏に師事。

岡田知之打楽器合奏団・Percussion Ensemble OKADA of Japanに参加。デンマーク、ルクセンブルグ、台湾で公演を行う。
1996年、99年、2002年と同団で参加した台北國際打撃樂節においてはソロ和太鼓を演奏、好評を博す。

その他様々なラテンバンド・サンバチーム・レゲエ・ロックバンド等に参加、各種イベント、ライブ、テレビ・ラジオ出演などジャンルにとらわれない活動を展開。

2003年ビクターよりデビューしたレゲエシンガー「MINMI」の1stツアーにドラマーとして参加
2004年スティールドラムバンド「TinDollers」にてコロンビアレコードよりCDをリリース、同年和太鼓グループ鬼太鼓座のレコーディングに参加。
また2003年より2007年まで東京ディズニーリゾート内アトラクションに出演、アレンジ、指導も行った。

2010年にはカナダ発の世界的サーカス団「CIRQUE DU SOLEIL」オーディション合格。

その他、徳島「阿波踊りサウンドフェスティバル」においてピアニスト国府弘子氏・ロックバンド「ディアマンテス」・西城秀樹氏。大阪「世界民俗芸能祭」においてもんたよしのり氏。NHK-BSにおいてグッチ雄三氏。「打楽器フェスティバル」において外山雄三氏、山口とも氏。「岡谷太鼓祭り」において小口大八氏、など共演者も多岐に渡る。

年間60~80本の学校公演も行っており、特にボディパーカッションを取り入れた客席参加型のステージ「オルケスタ・デラックス」や、1人で数十種類の打楽器を演奏・紹介する「打楽器世界めぐり」は高い評価を得ている。



剛介TOPへ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.