735611 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

いざよい

鯨料理がひと通り楽しめる店だと
「夜鳴き爺」のマスターに聞いて、
「いざよい」に行ってみた。

場所はブリーズベイホテルのちょうど裏側。

カウンター7席、テーブル3席と座敷がある。

お通しはきゅうりとわかめの和え物。

鰯の立田揚げを頼もうと思ったら今日は無いというので、
せっかくだからと、鯨の竜田揚げ¥800.-を注文。
学校給食を思い出す。
噛み切れず飲み込めず、好きではなかった。
「いざよい」では、刺身ばかりでなく、
鯨ベーコンまで揃えている。
もちろん「いざよい」の鯨は柔らかく、美味だった。

メニューはかなり豊富で、鰯の丸干¥450.-、めごちの天ぷら¥700.-、
いかの丸焼き¥700.-、まぐろのぶつ切り¥800.-、
鯨の刺身¥1,500.-~、冷奴¥250.-、めかぶトロロ¥400.-、
ジャガバター¥450.-、湯豆腐¥600.-、鱈ちり¥1,500.-など。

シャケ、こぶ、梅のお茶漬けもあり。

日本酒は「三笑楽」(富山・純米)「田酒」(青森・特別純米)。
ヒレ酒もあるが全部¥700.-。サワー¥350.-。
ボトルキープはいいちことダルマ。渋い。

茄子焼き¥450.-を頼んで日本酒に切り換える。
「田酒」にしようと思ったが、以前は1ヶ月に6本入っていたものが、
今は2ヶ月で6本になってしまったとか。
入荷が少なく、飲めなかった。

そこで「三笑楽」に。
すっきりしていて炭火の茄子焼きの甘さによく合う。

ゆっくり時間の流れる居心地の良い店だ。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.