734321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

一千代

「江戸っ子」の向い(「みつ徳」隣り)に
うな飯なる貼紙を出している店がある。

うな飯・・・実に気になる名前だ。
うな重でもなくうな丼でもなくうな飯である。
やはりこれは食べてみなければ!
と行ってみることにした。

店内はL字の座敷5卓とテーブル席2席。

早速うな飯を頼んだ。
すると、最初に出て来たのはおしんこと豆腐。
豆腐は温められていて胡麻が乗っている。
おしんこは茄子、きゅうり、大根、ニンジン。彩りも美しい。
少しずつ箸をつけ、お茶を飲んでいると、ついにうな飯が登場した。

うな丼の半分程度の量のうなぎの蒲焼き、
卵のそぼろ、ささがき牛蒡の煮物、
昆布煮の上に海苔が振りかけられている。

これがうな飯かあ(感嘆符)
大人のためのお子様ランチのようなものか。
一つのどんぶりでいろんな味を楽しめる。
ふむふむ。
お吸い物付きで¥750.-

私が味わっていると女性3人連れが入って来た。
頼むものはやはりうな飯。人気商品のようだ。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.