731232 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

叶屋

おいでおいでと風に揺れる暖簾に誘われ店の中に入る。
久しぶりの「叶屋」だ。
五角形を半分に割ったようなカウンターに座るとまずは熱燗¥280を頂く。
熱燗といっても徳利ではなく桝で来る。
時を経て角のとれた桝が店の空気の丸さを象徴するかのようだ。
グラスの中の酒は程よい熱さで、桝にこぼしたおまけも思い切りが良い。
壁に貼られたお勧めメニューから、たらの芽の天ぷら¥370を頂く。
軽いあがり具合が香りの高さと独特の苦みを優しく伝える。
一品料理¥320~、
焼き物¥380~、
揚げ物・天ぷら¥370~、
煮物・蒸しもの¥540~、
焼鳥(2~3本のセット)¥380~、
生もの・刺身¥580、
酢の物¥460~、
食事は焼きおにぎり¥190~お好み寿司まで。
実に多彩でしかもリーズナブル。
「叶屋」は大衆酒場の見本とも言うべき居酒屋である。
締めに鯵とまぐろのお好み寿司各¥210(2貫)を頂いた。
締めて¥1070也。
暖簾は相変わらず誘うように揺れている。

(2006.1.26)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.