731073 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

小半*

野毛ちかみちから野毛仲通りに入って
最初の路地を右手に行くとすぐだ
(「秀吉」の並び)。

カウンターとテーブル席、2階は座敷になっているらしい。
40人程度の宴会ができるとある。

お通しはカレイの煮付け。
ごぼうとさやえんどうが添えられていて、見た目も美しく美味。

かなり悩んで生ビールを注文。
このお通しでは日本酒が飲みたくなるところだが、
ご一緒させて頂いた方がほとんど飲めないこともあって、控えめに。

壁にはメニューと本日のおすすめを書いた黒板。

くじらの壁掛けがあるのはくじら料理を出すからか。
ここでのくじら料理は、くじらフライ¥700.-、くじら刺身¥800.-、
くじらともやしたっぷり炒め¥600.-など。

くじらは次回に譲ることにして、しこさし¥500.-、
まぐろともやしたっぷり炒め¥500.-、
厚揚げと水菜のハリハリサラダ¥500.-、
ポテトフライ¥450.-を注文。

まぐろともやしたっぷり炒めは特におすすめ。
嫌いでなければ味わってほしい。

最後に菊水の辛口¥450.-を頂いた。
「小半(こなから)」とは、「二合半」とも書き、半分の半分、つまり四分の一という意味。特に一升の半分をさらに半分にした量、二合五勺の意味で使われる。本日は小半酒で帰ることに。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.