727323 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

優樹(閉店)

「優樹」の名前はビルの1階に時折置かれているチラシで知っていた。
カウンター6席の和食系創作料理の店。
柳通りの港興産ビル(第一)に足を踏み入れるのはこれが初めてだ。

ジャズが流れる落ち着いた店内。
今日のおすすめは紙カツ¥600.-とさんまのたたき¥500.-。
瓶ビール¥530.-とさんまのたたきを頂く。
お通しは枝豆とポテトサラダの2品。ビールはグラスに注いでくれた。ちょっとした心遣いがうれしい。

カウンターの上の大皿には食材が乗っている。
見渡せばダークブラウンの空間。

飲み物はビール、日本酒一合¥630.-~、ワイン(グラス¥420.-)、焼酎(ボトル¥2200.-~)、泡盛(御物城ボトル¥3200.-)、サワー各¥450.-、ウィスキー(エンブレム¥4000.-)、ノンアルコール(オレンジ、コーラ各¥350.-)もあり。

隣りの席では、もうひとつの今日のおすすめ、紙カツを食べている。
ビールが合うと常連らしきお客さん。
薄いカツのみが皿の上にあるのはどこか奇妙な光景だ。
一応野菜もあるとうれしいか。

さらにその隣には阪神ファンのお客さん。
縦縞のユニフォーム姿だ。
これから明日の試合のために並ぶのだという。

おまかせ4品¥2500~。

誰もがゆるゆると時を過ごしている。
特別に押すでもなく、引くでもない繋がりが心地いい。
誰にも邪魔されないひとときを過ごしたければおすすめ。
締めて¥1,500.-也。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.