735148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

せき弥

「せき弥」は仲通りにある焼鳥屋。
カウンター7席と小さなテーブル席が2席。
カウンターの両端にショーケースがある。
まずはビールの大瓶を頼み、厨房の背面の窓のさんにかかるメニューとショーケースの中を交互に眺める。
ビールは最初の一口は女将さんが注いで下さった。
目の前のピーマンの肉詰めが気になり注文。
肉厚の青々としたピーマンにこれでもかと肉が詰まっている。
さらに鳥レバーを頼んでしばし待つ。
店の奥には足がやっとかけられるような小さな階段。
二階へ続くその階段も壁面は焼酎のボトルで埋まっている。
常連とおぼしき方々が次々にやって来る。
とりあえず三色と声がかかる。
見ればネギ肉、ピーマン肉、椎茸肉のセット。
なるほどこうゆう頼み方もありか。
炭の焼ける音と団扇を扇ぐ音が食欲を刺激する。
まずレバーが2串。溶けるような舌触りで甘みが口の中に残る。
ピーマンの肉詰は半分に包丁が入れられこちらも2串になって出てきた。添えられたレモンをぐっとしぼり、さっぱりと頂く。
最後に柚子のきいた鳥スープを頂き、締めて¥1400也。

(2006.4.26)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.