731216 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

春告魚

「春告魚」は、おでんの「あさひや」の隣りに出来た小さな居酒屋。
野毛大通りを一本川寄りに入ったところにある。
カウンター7席。
全体に落ち着いた色合いの木目の壁が目に優しい。
カウンターの奥に座り、まずは生ビール¥500を頂く。
気になっていた店の名前の読み方を確認すると『めばる』だと教えて下さった。
にしんとも読むがここはめばる。
何と読むのかと疑問に思ってもらいたかったとマスター。
術中に嵌まってしまった。
ウリはもつ煮込み串(各¥100)だというので、シロとチートを頂く。
モツは6時間かけて仕込んだとあって美味。
嫌いじゃなかったらと鰺とイカのたたきを出して下さった。
もちろん喜んで頂く。
マスターは釣りが趣味。
うまく釣れた日には自分でさばいて店に出すという。
こちらも楽しみ。。
串揚げのタマネギ¥100、ナス¥100、チーズ¥200を注文。
意外な器で登場した。
飲み物をウイスキー¥400に切り替えると最初のお客様だからと山崎を注いで下さった。
気持ちがうれしい、気持ちのいい店だ。

(2006.5.25)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.