730365 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

昌(都橋に移転)

「昌」は桜通りから一本野毛大通り寄りに入った通りにある居酒屋。
カウンター4席とテーブル席。
15~16人ぐらいでいっぱいか。
まずは生ビール¥580。お通しはめんまとあさりの佃煮。
ホワイトボードのお勧めメニューから、いか刺身¥700を頂く。
この店は22日にオープンしたという。
ママは石川町で18年、野毛で5年店をやっていたというベテラン。
少しブランクがあるというものの、人の気持ちを掴む才能には長けている。
きれいないか刺身がすうっと出てくる。
つい嬉しくなり日本酒があるか尋ねると、まだ検討中で常温で飲める日本酒はないという。
やおら買って来るとママが出て行く。
ママがいない間に共にカウンターに入っている若い男性に二人の関係を聞くと、お孫さんだというから驚いた。
ママが買って来てくれた酒は桜正宗。300mlを勢い2本飲んでしまった。
サービスだとおしんこを出され、ママに酒を注がれながら気持ちのいい酒を飲ませて頂いた。
17時~24時まで。

(2006.7.2)

<移転後>
「昌」は都橋商店街にあるスナック。
以前は港興産第一ビルにあったが、お孫さんが手伝いを辞めてママ一人で都橋商店街に移転してきた。
L字のカウンターに6席。厨房側の壁面はワインの木箱をばらして敷き詰めたのか、面白いデザインになっている。
先客がウエルカムドリンクにと鍛高譚を振る舞って下さった。
お通し¥300は山盛りのなますと茄子のおしんこ。
カラオケでは70年代の歌謡曲が中心に歌われている。
カウンターの端にある花はポインセチア。
そういえばクリスマスが近い。
ママのお勧めに従っておでん¥500を頂く。これもまた山盛り。
きっぷのいいママの人柄そのままだ。
都橋で腰をすえるというからこれからが楽しみである。
締めて¥1700也。

(2007.12.18)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.