731118 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

「糸」は野毛小路の港興産ビルの2階にあるスナック。
朱い扉に「糸」の文字がくっきり。
扉を開けると和服姿のママがにこやかに出迎えてくれる。
カウンター4席、フロアにボックス席2席。12~13人入れるだろうか。
お通しは枝豆とパスタサラダ。
ビールを頂く。銘柄はサッポロ。細いグラスにママが注いで下さる。
椅子の座面は緋色。弧を描くカウンターの足元は、よく見れば煉瓦だ。
カウンターに座り、後ろを振り向くと一面の硝子。
壁面にはヌードモデルの時計。
店名の由来を聞くと、ママは徳之島出身で糸は本名だという。
店を始めて38年。ずっと野毛にいるそうだ。
飲み物をウイスキーの水割りに切り替える。
おおぶりの柿の種をつまみつつ、ママの話に耳を傾ける。
かつての野毛の賑わいについて。この店でも三回転ぐらいはしたという。
その頃のお客様が変わらず通って下さるのが嬉しいと笑う。
井上陽水の少年時代のメロディーが流れる。
テレビではトキワ荘を振り返っている。締めて¥2600也。

(2006.10.11)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.