グレーナイト

Freepage List

2006.03.21
XML
カテゴリ:プロ野球全般
日本代表チームが、何のために、衆人からの厳しい批判にさらされ、ああでもないこうでもないと云々されるのだろうか?またされなければならないのだろうか??

と考えるに、

「世界最高峰の栄冠を勝ち取るため」

なんだろう。

であるとするならば、その称号を勝ち取った王ジャパンに対し、何をごちゃごちゃ言う筋合いがあろうか!

素直に、おめでとう!そして、ありがとう!!といいたい。

さて、清清しい前置きはここまでとして、

せっかくだから、私なりの感想・そして総括は、記しておきたい。

まず、準決勝の采配、およびプレーぶりには、いくつか、疑問、および怒りがあった。

その最たるものは、0-0の均衡で、ノーアウト2塁、松中がチャンスメークしたあと、多村という場面での采配。

ここで王監督は、多村に、バントを命じ、結果失敗。

スモール野球を標榜するのは、正しい方向性、と私は考えている。

そして、それを標榜する以上は、ここでの「バント策」は正解であろう。

ただ、ここまで幾度となくバントを失敗している多村に敢えてバントをさせるのであれば、余っていた宮本を、代打を出すべきであったと思う。

実際、このイニング、後に、アオキに代えて、代打宮本を使っている。(結果的中)

ただ、逆に青木の場面は、2アウト3塁、つまり、内野安打でも1点が追加されるケースであった。

逆に、ここは青木のままでよかったと、私は思っている。

多村の守備力及び一発長打を買って、どうしても代打は出せない、、というのならば、思い切って打たせる、という選択肢は、あったかと思う。

それならば、ゲッツーはないわけだし、

1アウトから2打者分チャンスがある、というのに比べ、ノーアウトだから3打者分チャンスがある、という考え方もできた。

あそこで多村に打たせる策は、標榜する「スモール野球」からは程遠い策ではあるが、

集めたメンバーと、「理想」の間にあるギャップを素直に認める策としては、現実的には、「あり」だったと思う。

そもそも、スモール野球を標榜しながら、「多村」のようなメンバーを招集していることに、著しい自己矛盾はあるのだが。。。

いずれにせよ、あそこで、「多村にバント」は、あまりにも、哲学欠落、中途半端のそしりを免れない選択肢だったということは、いえると思う。

それから、その前にあった、ノーアウト2塁という場面、0-0の均衡の場面で、松中が、セカンドゴロひとつ転がせなかったことにも、物申しておきたい。

あそこは、1点が非常に重い場面。

そこで、さすがのイチローが、内野安打に盗塁、という、まさに、スモール野球を地で行くチャンスメークを、なした。

その状況下で、松中が、「自分で返そう」と思わずに、「チャンスを広げよう」の意識で打席に立てば、セカンドゴロは打てたのではないか?

そうなれば、結果、次の多村の大飛球が、貴重な先制点になっていた可能性がある。

ただ、松中は、3塁邪飛を打ち上げ、ランナーイチロー釘付け。。。

チームがスモール野球を明確に打ち出しているなら、
4番失格であろう。

4番にそんな小細工は必要ない、というなら、スモール野球の看板は外すべきである。

どちらでもいいが、方向性は明確にしないと、チームはまとまらない。

いかにも中途半端な感じがした。

まあしかし、結果、その他の策がもろもろ的中して世界一になっているわけだから、最終的には、異論はないんだがね!!

今日の松坂の早め交代は、大英断のベンチワークと思う。

いつもの松坂の悪い癖=高く甘く浮くスライダーは、今日もがんがんきていた。

それをみてすぱっと行った交代は、結果云々でなく、高く評価できる。

今日の先制の4点、一見すればビッグイニングだが、

内野安打2に四死球3、外野にとんだヒットわずか1本でもぎとった4点であることを忘れては決していけない。

まさに、スモール野球のエキスが、ぎっしり詰まった初回であった。

イチローのプレーのすごさには、改めて感じ入った。

今日にしても、イチロー抜きだったら、負けていたかもしれない。

ただ、イチローのキャプテンシーには、改めての疑問を感じた。

今日も、お手玉をした川崎のすぐ傍らに、そのお手玉直後、ベンチ内で、グラブをたたきつけて怒りを露にするイチローの姿が、確認できた。

その後2回続いた川崎のお手玉は、イチローにびびった結果だとみているし、

「味方びびらせてどないすんねん?」と言わざるを得ない。

その川崎のお手玉の悪影響で、その後、しゅんすけまで、エラーするし。。。

それにつけても、川崎、西岡、今江、といったあたりは、
勢いこそあるが、ほんとに、キメの細かさがない。

今日などは、ある程度の差がついている時点で、宮本をショートに入れてがっちり守りきったほうがよかったのではないか?

そう思った。
少なくとも、スモール野球でいくなら、その方向でよかったはずである。

今日の左・藤田?の続投も、疑問。。。。

ま、しかし、いろいろあったが、
結果的に世界一になった事実を、重視しよう。

本当におめでとう!そして、ありがとう!!王ジャパン!!






Last updated  2006.03.22 01:45:18
コメント(0) | コメントを書く
[プロ野球全般] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


仙一どん

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/rxwi4-6/ 俺…
 アクシオン@ 防衛戦争 >国際社会は一方的侵略戦争など、許すは…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >それをなんですか、あな…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >だったら、まず結構では…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >何の根拠も無く、人を馬…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.