グレーナイト

Freepage List

2006.10.06
XML
カテゴリ:政治、社会問題
安部ちゃん、ここまでひどいとは。。。

まあ思ってた通りかな。

いや、思ってた以上に、そつなく受け答えやってるような気もする。

あべちゃんが総理になる前の言動からすると、一国の総理としては、
特に日本国の総理としては、突っ込みどころ満載でーす!

という感じだったが、

やはり、周りに、それなりのブレーンは集めてるおかげか。。

ぼろは出さないように、よく練られた答えをしてるね。

ただ、それイコール「奥歯にものの挟まった」「あいまいな」言動になっちゃって
いるけれど。。。

あべちゃんに改めて感じてほしいのは、自分の威勢の良い言論では、
国際社会には、悲しいかな、受け容れられないんだということ。

だからこそ、自分の本音を押し隠して、あいまいな言論に終始しなきゃいけない
んだということ、

そんな本音は、やっぱり、国際社会の常識から照らせば、偏っていると
いわざるを得ないんだということ、

そういうことを、いい加減、感じてほしいなぁ。

まあでも、根っからの馬鹿ではないんだろうから、
あいまい言動を繰り返しているうちに、彼も、気づくかもね。

彼の自説の幼さは、根っから頭が悪いから、、というよりは、
あまりにも今まで荒波にもまれなさすぎたがゆえの、、

という気もしないでもないので、、、

彼の威勢の良い自説を聞いていると、
中学校くらいのレベルの、児童会の生徒会長選挙レベルの演説にしか
見えないんだよね。

彼は、たぶん、学生時代の「ご学友」に、政治について高いレベルで
論じ合える仲間も、悲しいかな、いなかったんだろうし、

彼自身が、受験戦争なんてものとは無縁で大学まで卒業し、
就職も、親コネ、、、、、

となると、「闘う政治家」という威勢のよいご自身のキャッチコピーとは
裏腹に、彼自身、闘った経験なんて、一度もないんじゃないの?と
首をかしげたくなる。

闘った経験がないから、もちろん「勝負に負けた」経験もないわけで、

彼のような「威勢のいい」論調は、いかにも、挫折知らずの、
恐いもの知らずの、お坊ちゃんテイスト満載。

勝負に負けた経験のある人、負けた惨めさを知っている人、
挫折経験のある人は、ああいった方向には、いかないもの。

よく言えば「若さ」だが、若さだけで総理大臣任せられない。。。

人生初めての負けが、「日本という国を道連れにしての戦争での敗戦だった」
なんて遊びに国民を付き合わせるのは、ホント勘弁!

我々一般庶民は、就職試験の面接ごときでも、
「君の人生最大の挫折体験は?」とか聞かれるけど、

あべちゃんは、果たして、その問いに、なんと答えるんだろう??

我々庶民は、就職試験レベルでも、何度も落とされ、挫折し、
成長していくわけですがね。

そもそも、彼は、人生はじまってから、なにかしら「長」という役割に
ついたことはあるんだろうか?

キャプテンとか、学級委員とか、、、くらいは、せめてあるのかな??

政治家というのは、本来、手練手管で、いろんなグループをまとめあげてきたような
人が多くて、

そういう人は、やはり、日本丸のリーダーとして、任せたくなるような、
そんな魅力もあったりすることが多いんだろうけど、

彼は、「頼りない」という印象以外、もてないんだよね。。。

大体、公立学校を改革するんだ!なんて威勢良くいってるけど、
彼、小学校から一貫して、受験も経験せず、私立だよね?

公立学校の何が問題か、わかってるの??

わかってないから、「教育改革」の中身は、単なる、全体主義教育、、
という、とんちんかんな方向性しか打ち出せないんだろう。

たとえば、今、障害者自立支援法とか、セーフティネットとか、
やはり、社会的弱者にどう対応するか?が国として問われている時代で、

もちろんそれは、格差社会、にも通ずるし、再チャレンジ、にも通ずるわけ
だけど、

安部ちゃんの半生自体が、格差社会の権化、、のような存在だからね。ほんと、
説得力ない。

だって、彼の通っていた小学校にも中学校にも、障害を持つ方も、
いや、年収500万以下の世帯の子供も、一人もいないでしょ??

ま、彼の経歴には、彼自身の責任はないと思うけど、

少なくとも、彼の経歴をもってして、帝王の王道、なんて、とんでもない誤解
だと思う。

絶対に、上には立ってほしくない経歴の持ち主だね。

彼の勇ましい「美しい国へ」という思想、発想は、ホント、
負けたことのない、挫折を知らない、勇ましい意見だなあと思う。

戦後生まれが増え、「負ける」ことが想像できない、そもそも
想像しようとしない人が増えると、彼のような勇ましさに惹かれる。

それこそ「平和ぼけ」だと思うけどねぇ。

教育改革のプロジェクトチームに、ジャーナリストの櫻井よしこさんを
入れてきたそうで。

あのとんちんかんな、論理不明というか薄弱、、な理屈で、
強硬に「靖国参拝!」を叫びたてる人。

やっぱり、通じ合うんだ。理屈もくそもあったもんじゃないね。

靖国に関しては、論理的思考を踏めば、自ずと結論が出ていると思うんだけどねぇ。

賛成している人は、論理的思考、数学的思考が、欠如しているとしか思えない。

そういえば、国会議員の中でも、数学得意そうな人は反対し、
苦手そうな人が賛成しているもんね。

数学の得意不得意は、イコール、論理的思考の得手不得手に通ずる、
といわれていて、ずっとトップレベルだった日本の子供たちの数学の得意度が、

ここのところ急激に低下しているそうだけど、

ほんと、教育改革で、一番手を付けるべきところは、

愛国心とかではなく、こういうところでしょうが?

ま、一国を率いるヘッドが、あの程度の論理的思考力だから、
仕方ないんだろうけど。。

ナショナリズムとか、保守とは?の説明も、ほんと、とんちんかん過ぎて、
呆れるを通り越したもんね。

あべちゃんは、たぶん、二次方程式レベル、解けないよ。
保障するね。
下手したら、一次でも解けんよ、彼は。

きついわ、、、きつすぎる。

PS-日本テレビの夜のニュースの新キャスター「村尾」さん。
進行はつたないけど、論旨明快、なかなかいいね。

進行は、横のアナウンサーにやらせたほうが、彼の明晰さが、際立つと思うけど。

拙い進行をすると、彼自身の意見も、実際以上に拙く見えてしまう。
彼に損だと思うけど。。。なんで、そういう役割分担を局は与えるのか?疑問。






Last updated  2006.10.06 12:45:01
コメント(7) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 はじめまして   しんた さん
>賛成している人は、論理的思考、数学的思考が、欠如しているとしか思えない。

そういえば、国会議員の中でも、数学得意そうな人は反対し、
苦手そうな人が賛成しているもんね。


なんの根拠もなくこんな事をいえる貴方が
論理的思考?

ずいぶんジョークがお上手ですね。 (2006.10.07 21:24:41)

 はじめまして    fuji さん
>あべちゃんは、たぶん、二次方程式レベル、解けないよ。保障するね。
下手したら、一次でも解けんよ、彼は。

何の根拠も無く、人を馬鹿呼ばわりするのは止めましょう。当のあなたが「論理的思考」を展開しているとはとても思えませんよ。

>いや、思ってた以上に、そつなく受け答えやってるような気もする。

だったら、まず結構ではありませんか(笑)。あなたから見れば、安倍氏の威勢のいい理論は国際社会では通用しないんでしょ?それを組んで安倍氏は拙くとも「現実路線」を走り始めたんじゃないですか?

それをなんですか、あなたは?何百字もかけて、安部総理感情的悪口のオンパレード。はっきり言って「姑の嫁いびり」、「先輩の後輩いびり」のレベルですな。ひとかけらの論理的思考も数学的思考も感じられませんよ。
(2006.10.10 21:36:53)

 Re:はじめまして(10/06)   ちょび さん
fujiさん

>何の根拠も無く、人を馬鹿呼ばわりするのは止めましょう。当のあなたが「論理的思考」を展開しているとはとても思えませんよ。

仙一さんは、論文を書いてるんではなくて、単なる、安部さんについての「印象」と「感想」を言ってるだけですからねぇ。 文章全体、気まぐれに綴られた感がアリアリですが、それはそれで、結構、共感できる「感想」「箇所」もそれなりにあったような。
(2006.10.17 09:40:14)

 Re:はじめまして(10/06)   仙一どん さん
しんたさん

>なんの根拠もなくこんな事をいえる貴方が
>論理的思考?

>ずいぶんジョークがお上手ですね。

こういうリアクションをする人、しかできない人、ほんと、多いですよね!(苦笑)

はっきり断っておきますが、このくだりは、理詰めで議論を積み重ねていくパートと思っておりませんし、

私のブログをそんな窮屈な場所にするつもりもありません。

ただ勿論、論理的思考で、議論を詰めていく必要のある局面ではそうするつもりだし、今までもそうしてきてます。

翻って、安部ちゃんは、一国の総理ですからね。

公の言動は全て、理詰めで論理的であるべきでしょう。

「論理」の部分と「感情」の部分を、明確に判別してもらわないと、お世話しきれませんわ。(苦笑) (2006.10.20 10:08:37)

 Re:はじめまして(10/06)   仙一どん さん
fujiさん

>何の根拠も無く、人を馬鹿呼ばわりするのは止めましょう。当のあなたが「論理的思考」を展開しているとはとても思えませんよ。

しんたさんと同じ類のコメントですな。
何の根拠もないわけではないですよ、ちなみに。(笑)私は、これまでの安部ちゃんの言動を「総合的に」(笑)判断しているんだろうと、思っております。(安部ちゃん風に)

読解力があれば、私が論理を構築しようとしている箇所と、感情のおもむくままに感想を述べているところ、すぐわかると思うんですがねぇ・・(苦笑)

(2006.10.20 10:12:24)

 Re:はじめまして(10/06)   仙一どん さん
fujiさん

>だったら、まず結構ではありませんか(笑)。あなたから見れば、安倍氏の威勢のいい理論は国際社会では通用しないんでしょ?それを組んで安倍氏は拙くとも「現実路線」を走り始めたんじゃないですか?


「組んで」じゃなくて「汲んで」ね。

あのね、よちよち歩きの子供の学芸会を見に来ているわけではないんですよ、我々。

この辺りに関しては、民主の岡田さんのニュアンスを借りますが、「総理になる前から政府の要職にありながら、国際的に通用しない馬鹿言動を繰り返していた自分自身を恥じよ」
ということです、私が言いたいのは。

大学生の「若気の至り」じゃないんだから、、何が「現実路線」って感じ。

今まで要職にありながら、「非現実な妄想」を繰り広げてたってことを、白日の下に自らさらしているようなもの。

あっちなみに、岡田氏にも、是非「日本をあきらめない」というフレーズを、恥じてほしいですがね。 (2006.10.20 10:18:28)

 Re:はじめまして(10/06)   仙一どん さん
fujiさん

>それをなんですか、あなたは?何百字もかけて、安部総理感情的悪口のオンパレード。はっきり言って「姑の嫁いびり」、「先輩の後輩いびり」のレベルですな。ひとかけらの論理的思考も数学的思考も感じられませんよ。

ま、いびるのに、論理的思考も数学的思考も要りませんからな。
ただ、総理としての政治には、それらは必要だと思いますよ、たぶん。(苦笑)

あのねぇ、、、正気ですか?私は、しがない1ブロガー。相手は一国の総理です。

立場が逆なら、「嫁いびり」「後輩いじめ」という例えもしっくりきますけど、、、(苦笑)

私は、論理的にも感性的にも、安部ちゃんは、一国の総理の器ではないと思っているだけです。

その感想を、自分自身の日記に、書き込んでいるだけです。

そこに、「いびり」とか「いじめ」の構図が成立しようはずもありません。

(2006.10.20 10:22:48)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


仙一どん

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/rxwi4-6/ 俺…
 アクシオン@ 防衛戦争 >国際社会は一方的侵略戦争など、許すは…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >それをなんですか、あな…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >だったら、まず結構では…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >何の根拠も無く、人を馬…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.