グレーナイト

Freepage List

全19件 (19件中 11-19件目)

< 1 2

プロ野球全般

2006.01.21
XML
カテゴリ:プロ野球全般
今朝のスポーツ紙に、こんな記事が載っていた。

赤星が、金本と、こんな会話をシーズン中にしていたんだそうな。

赤「試合前なのに、筋トレして大丈夫ですか?」
金「筋肉に刺激を与えとるんや!」

思わず苦笑してしまったが。。。
(いい意味で)

ま、金本には金本流のペース、やり方があるんだろう。

おそらく、科学的には、試合前の筋トレはどうか?というのが
一般的なような気もするが、

まあ、そんなことは、関係ないんでしょう。

とにかく、金本ほどの結果を残していれば、そんな余計なお世話な突っ込みなど、どこからも入らない。入るわけがない!入らせる余地はない!!

「面白い人だなぁ」と思い、ほのぼのとした笑いが出て、そしてそのあとに、改めて尊敬の念が襲ってくるくらいかな。

ところで、ふと、同じせりふを、キヨが言ってたら、どうだろうか?と想像してみた。。。。

「何馬鹿なこと言ってんだよ!筋トレする暇があるなら、結果出せ!」と、こうなってしまうのではないだろうか?

去年までなら、巨人ファンの気持ちを、ある意味逆撫でしかねない言動になってしまうだろう。

言うまでもないことだが、やはり、プロは、結果が全て!結果を出しているものは何を言ってもやっても格好いいし、結果を出していないものは、何をやっても言っても格好悪い。

あれほど格好悪く見えた、番長の「ピアス」にしても、もし金本がやってたら、格好いいんだろうなぁ。。。。

そういえば、あの磁気ネックレスみたいなやつは、その類になるんだろうか。

あれに対して、憎しみや嘲笑など微塵も覚えないもんなぁ。むしろ、微笑ましく見守れるもんなぁ。。。

と、考えれば考えるほど、やっぱり、プロは、結果出してなんぼ!今年は、清原さんにも、是非、周囲が納得する結果を出してもらいましょう!!

兄貴金本選手には、引き続き、超人的活躍を期待!






Last updated  2006.01.21 14:12:10
コメント(4) | コメントを書く


2005.09.09
カテゴリ:プロ野球全般
星野SDが、明日、、、というか正確には今日、
会見するそうな。

で、今しかできないので、この会見の内容を、予想します。

ずばり、

「来季の阪神SD就任に関しては、保留」
「巨人の監督就任に関しては、ペナントレースが一息つくまで、ノーコメント」

この2点を表明すると見ました。

星野SDは、本音の部分では、巨人監督をやりたくてやりたくて、仕方がないはず。

ただ、阪神ファンを筆頭とする、世論の動向は、気になるはず。

その見極めのための時間稼ぎとして、

「ペナントに水を差す」という大義名分をもって、
一旦この話題を沈静化させて、

かつ、ペナントレースが落ち着く(つまり阪神が優勝するかどうかが
はっきりする)まで、時間稼ぎをしたい。

ここで一旦会見することによって、
じっくり邪魔されず考えられる猶予が生まれるし、

そもそも、阪神が優勝するかどうかで、世論、つまり、情勢も変わる。

巨人の監督を引き受けるかどうかは別にして、
どっちにしろ、来季阪神のSDを引き受ける必要性も義理もない。

今年岡田監督が優勝争いを演じたことで、
阪神のSD職を辞することに関しては、名目が立つ、と考えているはず。

だから、巨人監督を引き受けるにせよ、
とりあえず、先に、阪神のSDに関しては、今期限り、ということを
発表することは、マイナスにはならない。

二段階を踏むことで、道義上の筋も、ある程度、立っているように、
粉飾できる。。。

(阪神の星野が巨人に行った、、、
ではなく、元阪神の星野が巨人に行った、という形を作れる)

というわけで、明日の会見のポイントは、

・来季SD職の正式な断り
・巨人監督問題に関しては、棚上げ

この2点とみました。

さあどうなるか!






Last updated  2005.09.10 01:41:20
コメント(0) | コメントを書く
2005.08.14
カテゴリ:プロ野球全般
野球に関して思うこと3題。

いずれに対しても、激しい怒りを感じてます。

まず、阪神。

おまえらに優勝する資格はない!
優勝するな!!

毎日毎日、バント失敗を繰り返す野手ども。

星野監督時代には、ひとつのバント失敗が、えらくクローズアップされた
もの。

赤星は、そのおかげで、「バント下手」のレッテルさえ貼られた。

ところが今はどうだ?

連日連夜のバント失敗に、いちいち、誰がうまいだの下手だの、、、
話題にも上らない。

次ー!福原、井川、久保田。。。。

きちんとバントの処理とか、連係プレーもできないのなら、
プロのピッチャーをやめてしまえ!!

ピッチャーは、投げるだけではない。

古今東西、一流の投手は、すべて、バント処理やフィールディングに
おいても、一流だった。

翻って、彼らときたら。。。

先日の中日戦での井川、昨日の久保田。

「大事な試合」といわれる試合で、ああいう凡ミスが出るようでは、
絶対に優勝はできない!

いかに、普段のそういった練習で、集中力なく取り組んでいるかだ。

二度とするな!!

続いて、清原ー佐々木の八百長。

言語道断。

真剣勝負の場に、ショーを持ち込むな!

「いや、野球自体がショーだから」などという識者もいた。

間違えないでほしい。

野球は、「真剣勝負」を大前提としたショーである。

その根幹部分が崩れると、ショートしての体質が変わる。

プロ野球をプロレスにしたいのなら別だが、
そうでないなら、厳罰に処すべき。

その昔、灰色の池永ですら永久追放になった、
その意味を考えるべし!!

最後にもう一つ。

昨日のG-T、一番大事な、面白いところで、
NHK総合の中継が途中で打ち切られた。

NHKが、スポーツ中継で、試合途中で打ち切るなどとは、
はじめてみた!

しかし、何のために!!?

30分の延長で数千万の損失を計上する民放ならやむないが、
受信料で守られているNHKが、何のために、放送を打ち切る必要が
ある?

それは、野球中継を楽しんでいた視聴者に対する冒涜ではないか?

しかも、民放と違って、一言のお詫びもなかった。

「了承ください」の一点張り。

我々は、別に間違ったことをしているわけではない、という開き直りか?

まず、「間違ったことをしている」という自覚をもて。

その上で、やむにやまれずなんです、すみません、というなら、
まだわかるが、(NHKに関してはわからないが。。)

以上、野球に関して、腹が立った3題。






Last updated  2005.08.14 09:53:36
コメント(0) | コメントを書く
2005.05.22
カテゴリ:プロ野球全般
まあ、野球におけるピッチャーの重要性というのは、
ちょっと野球を知っている人間にとっては、いわば「当たり前」のこと、
なのかもしれませんが。。

でも、本当に、重要だねー。ピッチャーって。

今日の、ソフトバンクー阪神戦を見ていて、改めて痛感しました。

先発ピッチャーが大事なのは言わずもがななんだけど、
その先発が早い回で崩れたあとの、ソフトバンクと阪神の、2番手以降の
ピッチャー。

この差が、もろに出たよねー。

阪神が、江草が踏ん張り、藤川が圧倒的なパワーで押さえ込むのに比較し、
吉武、神内、、、、といったところが、1点ずつぽろぽろと阪神に献上。

結局終わってみれば、大差。

この差は、まさに、中継ぎ陣の差に他ならないわけで、

その前には、松中であろうと城島であろうと無力。。。。

つくづく、ピッチャーの重要性を、改めて感じました。

しかし、球審は、相変わらず、おかしかったねー。

最後は、結構、ストライクをとるようになっていたが、
藤川球児の宮地に対する素晴らしいボールを「ボール」とジャッジして、
そのあと、球児が思わぬピンチを招くシーンもあったし。。。

あれで点が入っていたら、ゲーム展開変わってるよ!

頼むから、審判の気まぐれ&未熟で、試合展開を左右するのはやめて!

試合展開を左右するのは、あくまで、選手の実力だけであってほしいものです。

ま、そんな球審のへたくそに左右されなかった球児の実力は、
それだけ本物、ということになるのでしょうけど。






Last updated  2005.05.22 17:33:19
コメント(0) | コメントを書く
2005.05.15
カテゴリ:プロ野球全般
昨日も、中日とソフトバンク戦で、とんでもなかったみたいだけど、
審判は、ほんと、ひどすぎ!!

ちなみに、昨日の甲子園の球審も、ひどかった!

無意味にストライクゾーンが狭い上に、一定していない。

そして、今日の甲子園の球審も、正直ひどいよ。

金本が今先制タイムリー打ちましたけど、
はっきりいって、2-0からの3球目、誰がどうみても、ストライク。

素晴らしい直球に、金本手が出ず、審判も手が出ず!!

みたいな。

あれが正当にストライクと判定されていれば、今頃、楽天攻撃中だからね。

阪神ファンの俺がみても、明らかにおかしすぎる判定でした。






Last updated  2005.05.15 14:17:59
コメント(0) | コメントを書く
2005.05.07
カテゴリ:プロ野球全般
皮肉な見方を提供させていただきます。

一場と野間口、ゴールデンルーキー対決ということで、えらいあおられて、野間口なんて、ヒーローインタビューまで受けちゃってましたけど。。。。

俺にいわせりゃ、今日の二人、出来は同じようなもんでしょ!?

非力な楽天打線(要は、去年までの近鉄の二軍)に対し、8回4失点の野間口と、強力巨人打線相手に8回8失点の一場。

打たれたヒット数もほぼ同じだし。。

要は、バックの差によって、これくらいの差がついちゃうってことだね。内容的には似たようなもんでも!

ピッチャーやるなら、巨人打線をバックにつけてやりたいもんだ!!






Last updated  2005.05.08 00:04:38
コメント(0) | コメントを書く
2005.04.22
カテゴリ:プロ野球全般
しかし、情けない。。。

いや、情けないを通り越して、哀れ。

しかも、そんな風に自分が見られることに無自覚なんだから、
もう致命的。

番長清原である。

昨日、藤川に、最後、フォークで三振にしとめられたことに対し、
「藤川、ケツの穴小っちゃい。き○た○ついとんのか??」
てなことをのたもうたらしい。

もうほんと、馬鹿だね!馬鹿!!

清原の言い分は、「10-2の大差の場面で、直球勝負せんかい!?」
という短絡的なものなのだろうが、

それは、とりもなおさず、
「もうこれだけの大差、逆転なんて無理なんだから」と言ってるのと同値、
つまり、巨人ファンにとっても、とってもとっても失礼な発言。

「じゃあなにか?お前は、「自分が直球勝負でホームランを打ったとしても、
その後巨人は一切逆転しませんから」という手形でも切れんのか??

それができないなら、ごちゃごちゃいわず、フォークを打って
行動で示せ!というのが、巨人ファン、非巨人ファン、共通の気持ちだよ!!

そもそも、逆転するしない以前に、藤川にとっては、一戦一戦、
一球一球が、必死なんだよ!

おまえみたいに、無冠でも何やっても、どっしりと巨人の4番やってられる
恵まれた立場じゃねーんだよ!!

彼にとっては、抑えれば次が見える、打たれれば来年野球やってられるかも
わからない、それくらい必死のところで、生活かけてやってるんだよ!

お前の「直球勝負」とか「東京ドームで500号」といったお遊びに
つきあってられる立場じゃないんだよ!!

あそこで、藤川が直球を投げて清原がHRを打つ、
もしそんな勝負に酔いしれる人間がいるとしたら、
その価値観を認めないわけではないけれど、

それは、プロ野球ファンの価値観じゃなくて、「プロレスファンの価値観」
だと、俺は断じるね。

ある名選手が言っていた。
「変化球があるから、ストレートが打てないんですよ。
変化球というものがなければ、160キロでも170キロでも、
プロに入ってるバッターなら、打ちますよ」と。

直球勝負一本で勝負に勝って嬉しいか?清原。

変化球を念頭に置きながら、しとめてみろ!
しかも、ど真ん中のストライクゾーンのフォークじゃねえか??

ほとほと情けない。

藤川球児の試合後のコメントが、また対照的。

「ほんとは直球で抑えたかったが、僕にはまだその力がありませんから。。」

なんで、抑えた藤川がしゅんとなって、三振の清原が偉そうに
胸張ってんだよ!!?

今回の出来事で、ふと思い出したことひとつ。

数年前、たしかヤクルトの藤井だったか?

ヤクルト大量リードで打席で必死で打って全力疾走かなんかして、
番長を中心とする巨人ベンチから一斉に野次を浴びて泣いた?
なんて出来事があった。

あのときも、そういえば思った。

「おい、野次を飛ばす巨人のぼんくら選手ども!
じゃあ、この試合、もう投降します」とおまえらいえるのか??

それがいえないなら、ごちゃごちゃ言うな!と。

今回の出来事、ちょっと違うけど、似てるところもあると思いました。






Last updated  2005.04.22 11:02:40
コメント(5) | コメントを書く
2005.04.11
カテゴリ:プロ野球全般
プロ野球界も、もうちょっと本腰入れて改革しないと、
ほんと、どうしようもなくなるね!!

今、ケーブルテレビや衛星で、巨人戦以外の試合は、
ほぼ全試合、完全中継で、試合終わりまで見られる。

本当に好きなファンは、勝手に契約しているから、まあそれでよい。

ところが、巨人戦だけは、どんなに好きでも、
試合最初から試合最後までは見られない、という状況が、
相も変わらず続いている。

試合最後の一番大事なところが見られないということは、
どういうことかというと、

物凄く力を入れてみていたら、それだけ「裏切られた感」も強くなると
いうことだ。

当然、「力を入れてみない」方向に、視聴者が向かうのは当然だ。

毎日巨人戦を楽しみに帰宅すればするほど、馬鹿をみる。

まあ、巨人のチーム自体が、「みたくなるような試合」をしていないことにも
一因があって、鶏が先とも卵が先ともいえないのだが、

少なくとも、「最後まで放送しない」地上波テレビ局が悪い、
とばっかりもいってられない状況だ。

どの局も、横並びで途中で打ち切る体制を、長年に渡って続けているのは、
決してファンへの嫌がらせではない。

地上波放送局のビジネスモデル上、やむを得ない状況ともいえる。

視聴者の苦情はわかっていても、かといって、入ってくる広告収入などとの
天秤にかけると、どうしようもない措置なのだ。

もちろん、こんな放送を続ける地上波の野球中継に、視聴者がいつまでも
固執するわけもなく、

本当に好きな層の、「地上波野球放送」離れはどんどん進んでいるが、
これは、ある意味仕方ないともいえる。

ネットやケーブルテレビや衛星放送、他に、リアルタイムであまさず
伝えてくれるメディアが、いまや、山ほど出てきているのだから。

そういう意味では、野球中継の「地上波離れ」は必然の傾向ともいえるが、
野球界にとっては、重大なピンチであることを、

コミッショナー様をはじめ、お偉方(選手会も含め)は、もっともっと
シビアに考えるべきである。

そうしないと、ほんとに、数年後には、一気に縮小化せざるを得なくなると思う。

何年か前から、巨人戦の視聴率低下が叫ばれ始めた。

たとえば、東京では、「視聴率が低い、どうするんだどうするんだ!!」
という議論が、いまだ中心のようだが、

既に、関西や九州、広島などでは、地元局が、がんがんと巨人戦を
差し替えて、地元チームの中継を流している。

もちろん、それに替わる「衛星放送での中継」なども無いため、
いまや、巨人戦は、「もっとも視聴しにくいゲーム」に成り下がっている。
(東京ドームでの試合はG+があるからいいが、巨人ビジターの試合は、
もう惨憺たるもの。関西や九州にいたら、よしのぶや清原は、見られないのである。

一昔前を思い起こせば、
夜の家族の娯楽といえばテレビしかなく、いつもそこでは巨人戦をやっていた。

それが、プロ野球人気の拡大につながり、国民的娯楽として成長した。

その頃、毎日同じようにハイレベルな試合が行われていたパリーグの試合は、
「テレビでみられない」というだけの理由で、ずっと日のあたらないところに
あったのである。

試合自体のレベル云々ではなく、「毎日、試合がすぐに見られる場所で日常的に
やっている」ことが、いかに大事かである。

イチローは、日本でも、同じように、ハイレベルで打ち続けていた。

ただ、その頃は、誰も、イチローを、見られなかったのである。

だからこそ、新聞などで、「へえ、イチローってすごいんだな」
と、プロ野球ファンは知ってはいても、

実際にイチローのプレーを見たことがある人は極端に少なかったし、
それほど、日々のイチローの成績など、誰も気にとめていなかった。

それがいまや、「今日は何本ヒット打った?」が挨拶代わりの話題。

毎日毎日、これでもか!とテレビの中継、ニュースで取り上げるからこそである。

とにかく地上波のテレビ局が巨人戦からどんどん離れている。
これは、他の誰でもなく、日本プロ野球界にとって、実に由々しき問題である。

このことを、関係者は、もっともっと、深刻に受け止めるべきである。

プロレスを見れば一目瞭然である。

一昔前、ゴールデンタイムを席捲したプロレス、
今どこで何をやってるか?知っている人がどれだけいるか?

熱狂的なファンはそれでも一部にたくさんいて、
ネットでも衛星でも、見たければ見られる。

会場は、それなりのファンで埋まってはいる。

別に、興行としては成り立っている。

ただ、プロ野球も、それでいいのか?巨人戦がそうなってしまっても、
日本野球界は、それでいいのか??

もっと真剣に、球界は、対策を考えるべきである。

既に遅きに失した感もあるが。。。。

いまや、放送権を盾に、「完全中継するように」と申し入れても、
放送局側から一蹴されるだろうから。

我が世の春を謳歌している時代に、
断固として、「完全中継」のシステムを、放送局側に認めさせる、

そんな大英断をするコミッショナーや関係者、
サッカーの川渕氏のような強力なリーダーシップが発揮されなかったことが、
もう取り返しのつかない事態を招いてしまっているのかもしれない。。。








Last updated  2005.04.11 13:13:44
コメント(1) | コメントを書く
2005.04.07
カテゴリ:プロ野球全般
前から思っていたことを言う。

プロ野球の審判、特に球審。

誰がみてもストライク、外角低めのずばっといいコースに投げ込まれた
ストレート。

ストライクとれよ!!

ましては、2ストライクからバッターが見送ったのは、
「見極めた」のではなくて、「手が出なかった」の、明白じゃねえかよ!?

ピッチャーは、キャンプの時から、毎日毎日、その球を投球練習してるんだよ!

アウトコース低めにずばっ!!バッター思わず手が出ず。

て、これは、どうみてもストライクだろう?

思わず球審も「手が出なくて」どうするんだよ!?

思わず手が出なくて、「ボール!」って、それはないよ!!

きわどいボールは、全部ストライクとコールすべきだよ。

だって、試合時間が妙に長くなるのも、そういうところに、大きな
原因があるんだよ。

いい加減、真剣に、この問題、考えるべきだよ。

大A新聞の社説に、「試合時間の短縮のためには、、、、」
とあれこれ書いてたけど、

俺に言わせりゃ、「きわどい良いコースにきたボールを、きちんと
ストライクとコールする」

これだけで、試合時間、30分は短縮できまっせ!

しかも、接戦も増えるだろうし。

テレビ見てても、3球投げて、
「おいおい!3球ともストライクで3球三振だろ!!」
というのが、

なぜか「1-2」になってたりすること、多いよー。

で、ピッチャーも、3球きわどいところ投げた後、たまらず4球目、
はっきりとしたボール球投げちゃって1-3!

みたいなね。

もうそういうパターンは、やめようよ。誰も得しないし。

2ストライクからきわどいところにきたら、バッターは、手を出して、
ファールでもなんでもしないといけないって、決まってるんだよ!!

PS-しかし、シーツは、すごすぎる!
いいぞ!!ぱっくんまっくん。

井川は、今思い出してもむかつく!!

今年のテーマは「粘り強い投球」じゃなかったのかよ!?井川??
明日のスポーツ新聞が楽しみだ!徹底的に説教してやってくれ!!

とはいっても、井川も、上記の「下手なジャッジ」の影響を
もろにかぶってるタイプの投手なんだけどね!






Last updated  2005.04.07 21:29:25
コメント(2) | コメントを書く

全19件 (19件中 11-19件目)

< 1 2

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


仙一どん

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/rxwi4-6/ 俺…
 アクシオン@ 防衛戦争 >国際社会は一方的侵略戦争など、許すは…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >それをなんですか、あな…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >だったら、まず結構では…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >何の根拠も無く、人を馬…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.