グレーナイト

Freepage List

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

サッカー

2005.06.23
XML
カテゴリ:サッカー
結果引き分けたから、なにか「いい試合だった」ということで
落ち着いているようだが、、、

眠い目こすりつつ、全部見させてもらった立場から言わせてもらうと。。。

「1-2であのまま負けてたら、切れてますよ!」
というのが、俺の感想。

まあ、そこまではいいすぎか。。。

でも、総じて、やはりなのかも知れませんが、
ブラジルには圧倒されてましたな。。。。

堂々と互角に渡り合っていたのは、やっぱり。。。。
中田英(と中村。。。プラス大黒?(笑))
だけでしたな。。。

俺が一番腹が立ったのは、まあ、あれも、世界レベルとの経験が少ないからなのかもしれないけれど、

不用意なバックパスとか、中途半端なパス回しが多すぎる。

インターセプトをされるようなパス回しを、するな!!

ブラジルも同じく軽快にパス回しを行っていましたが、
実に基本に忠実に、しっかりとボールを足元にキープし、
パスする相手のとりやすい位置にしっかりとコントロールし、
また適した速度でのパスを行っていました。

一方、日本のそれ(パス回し)は、一見、ブラジル風の軽快なボール回し、
なんですが、実情は、「形をまねただけ」

Jリーグでは、ひょっとすれば、あの程度でも十分回せるのかもしれませんが、
ブラジル相手となると、がんがん寄せられて、何度もインターセプトされてました。

あのあたりが、ひとつ課題でしょうね!

どちらかというと、「技術」の問題もありますが、
「意識」の問題という気がしなくもない、不用意なパスミスの連発でした。

ただ、一度、ああいったプレッシャーを経験して、
そのイメージでこれから一年間念頭において練習するならば、

十分改善、向上の余地は残されていると思いますし、
そうなれば、ブラジル相手の2失点を、1失点、無失点へとすることも、
決して非現実ではないのではないか?と思いました。

攻撃に関しては。。。。

はっきりいって、中村のフリーキックの完成度の高さと、
大黒の、相も変わらずの見事な決定力、
中田の、世界を知り尽くした経験から織り成される再三のナイスパス、と、

それなりに見所はありました。

ここに、小野や高原、久保あたりが加われば、厚みもバリエーションも増す
でしょうし、それなりに楽しみではありますが、、、、

ただ、福西、サントス、小笠原、加地、中田こうじ、、あたりには、
より一層のレベルアップを念頭に、今後、練習に励んでほしいですね!

上に述べた「中途半端で不用意なパスミス」などの殆どは、
彼らによって生まれていたとおもいますし、

そのミスしたあとの、相手をつかんだりしてのファウル、イエローカード、への
流れも、見苦しすぎます!
(実際にイエローを貰うまでに至った人間は、限られていますが。。。)

もうちょっと、向上を促したい!

以上、今朝の、ブラジル戦観戦記、でした!!






Last updated  2005.06.23 15:19:13
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.21
カテゴリ:サッカー
欧州チャンピオンのギリシャに勝った試合。

各方面で、評価が結構分かれているようですね!

僕としては、正直、前半、あれほど押しまくりながら、
相も変わらずふかしまくる日本FW陣に、辟易としていたのですが、、、

今回に限っていえば、
「少ないタッチで、積極的に、ゴールを狙いにいく姿勢は見えていた」
と評価する声も、ままあるようです。。。

そうはいっても、
「入れなければ、なんの意味もあるまい?」と思ってしまうのですが、
世間の皆さん的には、どうなんだろう?

ま、「少ないタッチ数で、ゴールをゲットするFW」がいるのなら、
それこそ、何の悩みもなく、
欧州南米の列強と肩を並べる強さになっているでしょうから、

そこまでは、欲張りすぎなのかもしれませんね。

今まで、日本のFW陣に対して、「決定力がない」という批判が、
湯水の如く浴びせられてきました。

「決めなければいけない」というプレッシャーが、
なおさら、こないだの柳沢にもまたありましたが、

「ボールを持って持って、切り返して、持って、
(その間、自分の「これ!」という態勢に持ち込みたい!という一心、
そしてついぞその態勢に持ち込めないまま)
あれ!?結局、シュート打てず!!?」

てなとんちんかんプレイに凝縮されている部分もあるのでしょう。

「決めなければならない」というプレッシャーが、逆に、
「シュートを打てない」行動につながるという。。。

そういう意味では、ギリシャ戦のFWは、
「決めなくてもいいから、まずシュートを打ってごらん!」
「外してもいいから、少ないタッチ数で、まずは打ってごらん!」

と、まるで誰かからアドバイスされたかのように、
その点に関しては、割と実行できていたのかも。。。

いや、でも、待ってくださいよ!?

小学生じゃないんだから、
そういうこっちゃないでしょう!?

いやしくも大人なら、しかも、かれこれ、大黒以外は、
国際経験の豊富なFWなら、

いい加減、「決まらなくてもいいから、少ないタッチで、まずは、
シュートを打っていけ!」

ではなくて、

「世界でゴールを決めるためには、少ないタッチ数で、
まずは、シュートを打っていくのが、近道」

であることに、自分でとうの昔に、気づいておいてもらわないと!!

実際、大黒が、なぜジャストミートしなくても、とりあえずは、
1タッチで狙いにいくか?振り向きざまにすぐシュートを打ちにいくか?

といえば、彼は、それを、十分に、自身の体と経験で、感じ取っているから
だと思いますよ。

「それが、ゴールを決めるための、一番の近道である」ことを。

大黒本人に聞いたことがないので、わかりませんが、
彼は、「外してもいいから、少ないタッチ数で、狙っていこう」など、
ついぞ、考えたこともないと思いますよ。

彼が考えているのは、たぶん、
常に、「自分が、シュートを決めるための、その瞬間その瞬間での、
ベストパフォーマンスを演じよう」ということだけじゃないかな?

それが、時には、ボールを持っての切り返しになり、
時には、ダイレクトでのプレーになる。

大黒は、ご案内のように、昔から、決して、ありあまる素質に恵まれて、
各世代で世界を経験してきたエリートではありません。

ガンバから、北海道に、武者修行にいった経験もあるほど。

そんな大黒が、日本FW陣随一の決定力を持つに至った、
その秘訣は、彼自身も吐露しているように、
「あくなきシュート練習」だといいます。

素質に恵まれた世界のFWたちが、
たとえば、得意の左足を持っていれば、シュートの殆どは「左足」で
決めていたりする中で、

大黒は、アタマ、左右両足、など、実にバランスよく、
体の全ての部位から、ゴールを生み出している、というデータが、あります。

つまり、彼は、それだけ、練習によって、頭、右足、左足、
どの部位からのシュートも、満遍なく、不得意な分野を、
克服してきている、ということです。

悲しい現実、現在の日本で、一番決定力のあるFWは、
間違いなく、大黒でしょう。

ただ、たぶん、素質で勝る、玉田、鈴木、柳沢、、、、
彼ら全てが、大黒と同じだけひたむきに、同じ量練習していれば、
現在のこういった状況には、なっていなかったのではないでしょうか?

(ま、彼らも、決して練習していないわけではないと思うのですが。。。

練習する際の、「意識の持ち方」「集中の仕方」というのは、
長い年月の中で、差がつきますからねー。

のんべんだらりと、ただ漫然と練習しているだけでは、
何の成果もあげないでしょうから。

よくいうことですが
練習のときに、「本番と思って」、彼らは練習しているでしょうか?

常に、「本番のつもりで」練習していれば、
本番で、あれほどあせらないと思いますが。。。

「所詮練習」と少しでもアタマの片隅にあったら、どれだけ長時間練習しても、
たぶん、本番では、一ミリの役にも立たないでしょうね!)

最後にひとつ、大黒の先発起用に関しては、
最終的には、今の、「切り札」的な使い方でも、あっているのかな、
という気も、最近します。

ただ、W杯本番までに、できるだけ早い段階で、
一度は、大黒先発を、試してみるべきでしょうね。

これは、ほぼ、誰に聞いても、同意してくれるポイントではないでしょうか?







Last updated  2005.06.21 17:11:30
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.19
カテゴリ:サッカー
ほんと、大黒を見習ってくれ!

1タッチ目でシュートを打て!ああいう風に。

ところで、後半、柳沢の姿をついぞ見かけなかったけど、
途中交代でもしたのか?

ほんと、存在感ないなぁ!

誰よりも短い出場時間で、誰よりも少ないボールタッチで
結果を出し続ける大黒を、見習え!

まじで。






Last updated  2005.06.20 02:54:02
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サッカー
もういい加減にしてくれ!

夜中まで起きて楽しみにしてるのに、
相も変わらず決定力の無さ。

眠くなる試合しやがって!!

ふかすふかすふかす!

シュートを打てるのに打たないで、切り返して切り返して切り返して、
最後打てず。

こぼれたボールを、はい!クロスバーを遠く下にみながら、
ボールが吹っ飛んでいくーーーー!!

柳沢!玉田!!

お前ら、ほんと、懲りんなぁ!?

おしゃれしてる暇あったら、朴訥大黒を見習って、少しは
シュート練習に時間を割いてくれ!

後半は、大黒が出てきて、少しは期待できるのか?

言っても、まだ同点だしね!

それにしても、「あとは、フィニッシュだけ!」
「決定力だけの問題」

聞きすぎて、もはや、たちの悪い「コント」にしか見えません。






Last updated  2005.06.20 01:53:36
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.08
カテゴリ:サッカー
やっぱり、大黒さまさまの神通力はすごい!!

今までの日本のへぼFW陣と、全然ちがう!!

がむしゃらさ、決定力、アシスト力、、、、
決して天性の巧さを持っているタイプでもなく、
どちらかといえば、不器用な雑草という感じだけど、

巧いだけでひ弱な今までの日本FWと、一線を画している感じがするぅ!

柳沢も、メッシーナいって随分たくましくなった印象だし、
この大黒とのコンビで、生きたし!

もう、玉田とか、鈴木とかにこだわるのは、やめてけれーー!!






Last updated  2005.06.09 02:11:45
コメント(0) | コメントを書く
2005.04.30
カテゴリ:サッカー
今、ぼけーーっと、再放送された、J1、ヴェルディ1969と新潟との試合を見てたんだけど、、、

笑ってしまうくらい、平本って、決定力ないね!

同僚のワシントンと、えらい違い。

この平本が、ずっとレギュラーで出てるんだから、まあ、ヴェルディというチームも煮え切らないわけだ。

それにしても、見ていていらいらが募るほどの、決定機をはずして、ふと、このいらいらは、どこかで味わったなぁ、、、

と思ったら、そうだそうだ!代表の試合だ。

Jリーグの試合をみていると、代表のFWたちの決定力の無さを思い出して、胸くそが悪くなる!!

一事が万事というのはこのこと。

Jの試合で点取れないようじゃ、代表の試合では点取れませんぜ!!







Last updated  2005.04.30 14:50:44
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.31
カテゴリ:サッカー
点を入れられないのは、FWの責任だけではない。

そんなことはわかってる。

ただ、FWは、結果ですべてが評価されるポジション。

DFは一回のミスが致命傷になるのに、
FWは、何度のミスも許される。

それは、FWに、点をとることを、皆が期待しているからこそだ。

もう、上手いFWは見飽きた!

上手くなくてもいい。点をとれ!!

どれだけ泥臭い取り方でもいいから、点をとるFWよ!出て来い!!

予選のこの3戦、FWで点をとったのは、大黒だけじゃないか!!?






Last updated  2005.04.01 01:27:23
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.30
カテゴリ:サッカー
どうにか勝ちましたねー。ジーコジャパン。

でも、素直に喜べない!みんなそうでしょう??

何なんだろうか?この変な勝ち方は!

これでも、勝てばいいんでしょうか??

まあ、いいんでしょうね。

今日も、サントスがドリブルで中央突破、
高原がその後1タッチ目で蹴ればいいのに、もたもた持って結局はずす。。

系のプレーが随所で見られましたねー。

とにかく貪欲がむしゃらに、とりあえずフィニッシュにもっていく、
というのが、できないのかやらないのか??

まあ、いつもの代表でしたねー。

こんなんじゃ、ドイツ行っても、期待できんでしょ??






Last updated  2005.03.30 22:03:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サッカー
いよいよ、本日、バーレーン戦。

中田ヒデにとっても、ジーコ・ジャパンにとっても、超正念場!!

勝てば官軍とは、勝負の世界でよく言われる言葉。

だから勝てばいいのだが、負けたら責められ易いタイプの人っている。

個人的には、今のジャパンの中で、その最たるものが、中田選手かもしれません。

何せあの不遜な態度は、勝ってこそ光るもの。負ければ説得力も何もあったもんじゃありません。

それに、人間、そんなに手のひらを返すようには簡単に変われないもの。あの態度の節々が、チームメート相手にも如何なく発揮されてるとすれば。。。。

彼が、格下のチームメートのプレーを萎縮させてる可能性も、十分にあると思います、個人的には。

チームメートに勝手なことをさせない、規律と方向性をきちっと作り上げてチームを勝たせる、それがリーダーシップとするならば、

自分ではそのつもりでも、周りを萎縮させ、結果として「敗北」が残る。

それは、リーダーシップではなく、王様でもなく、「裸の王様」という評価がふさわしいということになってしまいます。

今日のプレーが、そうならないことを、そして、日本中が美酒に酔えることを祈ります。。。。






Last updated  2005.03.30 09:46:40
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.29
カテゴリ:サッカー
さあ、どうなりますやら!!?ジーコ・ジャパン。

イラン戦では、例にたがわず、点を入れないフォワードをはじめ、「悪い日本」の伝統が、存分に発揮された。

バーレーン戦では、払拭してくれるんですかねぇ。。。。

個人的には、北朝鮮戦での、ガンバ・大黒の活躍には、今までと違った光明を感じただけに、

ぜひ明日の試合でも、大黒様に、救世主となってほしいもの。

あの、北朝鮮戦のゴール、振り向きざまにシュートを打ちにいく、あの姿勢が、なんともいえず頼もしかったですよねー。

なにせ、プレーはうまいんだけど、なかなかフィニッシュまでもっていかず、たまにシュートを打ったら、ポストを大きく越えてふかす!というのが、これまでの日本人FWのお決まりのパターン、という印象でしたが、

このイメージをがらっと覆してくれたのが、大黒様の北朝鮮戦でのパフォーマンスでしたから。

まあそれにしても、中田ヒデのフテブテシサも、良いプレーで日本を勝ちに導いてくれてはじめて説得力を持つというもので。。。。







Last updated  2005.03.30 01:03:27
コメント(1) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


仙一どん

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/rxwi4-6/ 俺…
 アクシオン@ 防衛戦争 >国際社会は一方的侵略戦争など、許すは…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >それをなんですか、あな…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >だったら、まず結構では…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >何の根拠も無く、人を馬…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.