グレーナイト

Freepage List

全5件 (5件中 1-5件目)

1

メジャーリーグ

2006.03.13
XML
カテゴリ:メジャーリーグ
WBC,惜敗。

ま、アメリカの土俵でやるっていうのは、こういうことなんでしょ?

審判はアメリカではないのかもしれないけど。。。(笑)

アメリカという国は、何でも、自分の都合の良いほうに解釈したりねじまげたりするのが、平気な国っしょ??根本的に。

メジャー主導でWBCが始まり、アナハイムで米国戦が行われる。。。。以上、仕方ないよね。

日本には、WBC参加拒否という選択もあった。そんな中で、結局、トータル的なことを考えて、参加することにした。

相手のアドバンテージがあるところで試合をするんだから、はじめから、多少の不利は織り込み済み。

ボールだって違うし、清水だって、つばのつけ方とか指摘されたり、苦しそうだった。

明らかにディスアドバンテージだったんだからね。

そりゃあ、BSE問題で、約束してたのに、平気で危険部位を送り込んでくるようなお国柄ですよ!!

たかがボールゲームで、これくらいのことは、当然、起こってくるんでしょ!!?(笑)

ま、それにしても、判定はひどかったけど。。。明らかな正常離塁。

一球のジャッジが勝敗を分けるクロスゲームで、あれだけのうっちゃり誤審をやられたら、日本でなくてもねぇ。。。。

昔どっかでよく見た風景だと思って、はたと思い出した。
巨人戦では、いつも、巨人有利の判定だったなぁ、、、って。(笑)

さて、前置きが長くなったけど、米国戦の感想を。

イチローーさすがだね。この人は、野球に関しては、ほんとに、天才、プラス努力。それでこそ、これだけスーパーな結果を残せるんだけど。
でも、裏を返せば、現在のマリナーズ同様、「勝利」にまでは結びつけることができないのが、野球というゲームの奥深さ、また、一野手としての限界。

ま、いろんな表現はあるんだろうけど。。。。

上原ーふふん。。。良かったんじゃないすか??ま、一発はご愛嬌、ということで。
すっきり無失点とはいかないのが、この人のこの人らしさだけど、安定的に、あのレベルの結果を残せるのは、じゃあ今の日本チーム、他に誰がいるの??といわれれば、まあ、上原ってことになるのかもね。

清水ー実力どおりですな。
もともと、既に、エースとは名ばかりの現状。
日本シリーズでの快投は、阪神打線が実戦から遠ざかっていた恩恵を受けただけ。
一球も投げないうちから顔面蒼白で、強打者相手に、逃げのボール、ボール。どうしようもなくなって、えいやと投げ込んだストレートを打ち返される、というのは、典型的な、「打ち込まれパターン」だからね。

打たれた球は決して甘くなかっただけに、
「なぜ最初からあのボールを、、、」と悔やまれる次第。

川崎ー申し分ないですな。「守りの野球」を標榜するのなら、ショートには宮本を使うべき、とずっと思っていたが、川崎に関しては、これでよかったのかも、と思える。今のとこ。

薮田ーだよねぇ?あの右の方は。。いつも、藤田とどっちがどっちかわかんなくなる。。
あの右のほうは、とても良かった。防御率3点の中継ぎとは思えない、素晴らしい出来栄え。ま、今日の出来が、「良かった」ということなんでしょう。

ついでに、左の中継ぎのほう(藤田??)も良かったよねぇ。あの、ケングリへの思い切った内角攻め。あれがあったから、「捉えられた!」と観念した打球も、意外と伸びない。微妙に、腰が入ってないんだろうね。スイングに。

球児ーま、しゃあないですな。
先頭から二人で、両方アウトにとれて然るべきところを、両方セーフにされてるんだから。

ノーアウト12塁になったところで、勝負あり。

ケングリフィーを三振に取ったボールは、完全なボールだったけど、それでも空振りをとったのは、それだけ手元で伸びてるってことっしょ。

A-ロッドはさすがだったし、仕方ない。

それより、俺が一番指摘したいのは、日本チーム、
あまりにも、細かいプレーでミスが多い、ということ。

多村だったっけ??長距離砲だから、あの、変化球振り回しての三振は、まあ仕方ないにしても、(あれを3番で使うベンチワークに、むしろ問題あり)

バント一つできないんじゃ、接戦は勝てないよ。

今日の、9回の先頭打者のあたりだって、そりゃ、アウトにしてればビッグプレーだけど、

逆に、ジーターなら、苦もなくアウトにしてるでしょ??

結局、日本には、そのフィジカルがないのなら、
細かいプレーで一つずつ積み上げるしかないのに、

とにかく、日本の若くて長打のある野手陣は、押しなべて、粗い粗い!!

日本の所属チームでは、それこそお山のいなかっぺ大将で、一発だけ狙っておけばいいのかもしれないが、

大舞台では、そうはいきませんぜ!

逆に、ミスターメジャーリーグとまで言われるジーターあたりが、きっちり一発でバントを決めてきたのとは、対照的。

岩村、多村あたりだよ!槍玉に上がっているのは!!(桜塚やっくん風に
)がっかりだよ!!

岩村にしても、今日の犠牲フライを打てたことに、満足していては駄目だと思う。

それから、一番気になるのが、西岡ね。

一発も打てるし足も速いということで期待の選手だが、
一つ一つのプレーが、粗すぎる。

エラーも多いし、今日の最終回のベースカバーにしても、遅いし、ボール捕球の際も、技術不足でしょ?

足が離れるか離れないか、くらいなら、しれっと捕球しないと、、

今日のように、あわてて踏みなおしながら捕球、では、ジャッジはそりゃ、踏みなおすタイミングと、ランナーが塁を踏むタイミングを、はかるよ。


そのベースカバーの遅れに動揺した岩村、カバーの西岡、ともに、改善の余地はある。

タッチアップのシーンは、もう、これは紛れもない誤審だが、それでも、もう少し上手いランナーなら、スタートの切り方の際、「フライングじゃないよ!」というのを上手く審判にアピールしながら、スタート切れるね!(断言)

ただ、そうはいっても、あれは、世紀の誤審だけど!!

そのあと、日本打者の明らかなハーフスイングを、三塁塁審が、「セーフ」とジャッジしてたのには、思わず苦笑してしまったが。。。

ということで、長くなったけど、総括するなら、、、

「もうちょっと、キメの細かい野球をやりましょう」と。
(多村3番起用という采配も含めてね。あれ、金城だったら、打ってるよ!)

敢えて、「よくやった」的なトーンは、避けます。






Last updated  2006.03.13 11:01:48
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.12
カテゴリ:メジャーリーグ
テレビで放送されたのを録画しておいて見ましたが。。。。

いやはや、正直、きっついねぇ。イチローのあの態度。

おだてりゃとことん木に登るお調子者、、、という以外に表現のしようがない。

私は、イチローのプレー自体は好きで、常に、ここのブログでも、賞賛をもってプレーについては記述していると記憶しているが、

いつも、イチローの一連の態度には、極めて大きな疑問を持っている。

そういうと、よく、「いや、あれだけのスーパーなプレーヤーなんだから」と言う人がいるが、

いやいや、それは、関係ないっしょ?ていうか
それはそれ、これはこれ。

というより、あれだけのスーパープレイヤーだからこそ、品格もそれなりであってほしいねぇ。

そのあたりは、やはり、よく比較される松井ひできのほうに、同じ男として魅力を感じる。俺はね。

イチローのプレー一つ一つはすごいが、
所詮は、木の棒で塊を打つのが得意なだけ。

そのプレーに金を払うファンがいるから、
スーパースターといて成立しているわけだけど、

そういうことに思いを馳せたこともないのか、
馳せててもひねくれているからああいう態度になっちゃうのか、

いずれにせよ、俺の感性にはあわない。

そうかと思うと、自分との対戦でカーブを投じた二年目の投手に対して、不満の意を表してみたり、余裕の意外とないところも披露するし。。。

イチローが二年目の名もない投手にそれをやっちゃあ、それはいじめでしかないっしょ??

かとおもえば、そんなイチローに突如心酔する清原が出現したり。

いやはや、あのでっかいごっついピアスを耳たぶに縫い付けている時点で、彼の美意識は自分の美意識とは違うと感じてはいるが、

へえぇ、イチローとはあうんだぁ。。。

なんて、意外で新鮮な驚きがあったり。。。。(年収は彼ら二人分の100分の1ですが、それでも、彼らには、俺はなりたくないね)

私は、正直、やですね。
イチローの立ち居振る舞いは。






Last updated  2006.03.12 20:51:46
コメント(2) | コメントを書く
2005.04.07
カテゴリ:メジャーリーグ
イチローが、また今日も内野安打で、打率をキープ。

あそこまでいくと、すごい!脱帽!!

相手の内野陣も、これに備えて相当前進守備しているはずなのだが、
もうだめ。

どこかのアメリカの記者が言ってたが、「3バウンドした瞬間に
ヒットになる選手なんて、他にはいない」

たとえば、日本の誇る快速・赤星でも、高いバウンドのショートゴロを放って、
「あっこりゃ余裕でセーフか!」と思っても、

極端な前進守備により、結局ぎりぎりアウト!なんてシーンが、去年も
よくあった。

それに比べイチローは、「あっもうこりゃ内野安打だ!」と思ったあたりは、
確実にヒットになる。

この違いは、何なんだろうか?

メジャーのほうが、肩も強いはずなのにね。

赤星のほうが快速に見えるけど、イチローのほうが、やっぱりそれより
さらに一ランク速いっていうのもあるんだろう。

でもって、去年でもそうだけど、大体、イチローの内野安打率は、
ヒット全体の4分の1から5分の1くらい。

つまり、360打ったとしても、
実際クリーンヒット率でいえば、実は、280-290くらいということだ。

これは、実は驚くべき数字!

「そんなに低いのか!?」とね。

まあイチローは、もちろんゴロを転がせば内野安打の確率が飛躍的に高まる
ことも確信的にゴロを打っているわけだから、この数字を額面どおりに
受け取るわけにはいかない(つまり、イチローは、やっぱりすごいんだけど)

が、やっぱりそれでも、実は、イチローのクリーンヒット(外野まで飛ぶ
ヒット)率が、思ったほど高くないのは、確か。

たとえば、今日本でもっとも安打製造機なのは、俺は阪神の今岡だと
思っているんだけど、彼の場合は、一年通じて、内野安打は、1本か2本
程度なんだよね。

それが、数字としては、340とか330を残すっていうのは、
実は、驚異的な数値。

もちろん、メジャーと日本野球は、全く単純比較できないけど、
今岡が、クリーンヒットを打つ技術が極めて高いことはたしか。

さて、話がそれたけど、

やっぱり、イチローがすごい!てことは間違いなくて、
もちろん、イチローのすごさを否定する気は、さらさらない。

彼のすごいのは、内野安打を防ぐために前進する内野陣をもあざ笑うように
内野安打を量産し続けること、

ゴロを転がせばヒットになる確率が高まることを確信して、
凡フライを打ち上げる確率が極端に低いこと、

まあ、そのほかにもたくさんのすごいところがあるけれども、
今回取り上げてみた視点は、そこのところです。






Last updated  2005.04.07 11:34:54
コメント(0) | コメントを書く
2005.04.04
カテゴリ:メジャーリーグ
開幕メジャー枠から漏れて、
いきなり、弱音をはいたりぶちぎれたり、、、
錯乱しているようだ。

本当に、とほほな人。

近鉄時代に腫れ物に触るように扱われて、
すっかり、「田舎の王様」体質が、身についちゃったのかなぁ。。

一度FAで、メジャーや阪神など、「都会」に行くチャンスに
恵まれたのに、なんだかわからない「プライド」みたいな感じのことで
近鉄に残留。

あのときすっかり男を下げて、その後は日本でも鳴かず飛ばず。

高額の給料だけ、球団から垂れ流させて、近鉄合併の一要員にまでなった。

そんな男が、ただでさえ厳しいメジャーの「外野、一塁、三塁」の
ポジション争いに割って入ろうというのだから、

通常の成績ではメジャーに残れないのは、ハナからわかっていたはず。

周りがびっくりするほど打ちまくらなければ。

たとえば、日本のプロ野球でも、
新外国人選手で、外国人枠の関係で、はじめから「第3の外人」的な
位置づけで、とりあえずキープした選手がいたとしたら、
オープン戦で普通に打っただけだったら、当初の構想どおり、
二軍スタートになるでしょう?

ノリは、当初の球団の構想をひっくり返せるほどの数字は残せていないんだから、
仕方ない。(3本のHRは確かにトップタイだが、打率も3割に届いていない)

なのに、日本にいたとき同様、自分では、「まず構想に入っている」
つもり、前提だから、首脳陣とは、考えていることに、食い違うが出ますわな。

そもそもの「証明責任」は、球団首脳陣ではなく、ノリのほうにある、
というのがわかっているんだろうか??

突然ぶちぎれ、帰国も視野に入れ始めた、との報道に、
日本球界もあんぐり。

楽天だけが、獲得に前向き、というのも、なにか、時代の趨勢というか、
特徴的で面白い。

さてさてどうなりますやら!?誰か、田舎の王様を、身近な人が、
いさめてあげてよ!!






Last updated  2005.04.04 10:40:19
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:メジャーリーグ
現時点で、松井秀喜が、今日既に2打数2安打。

同点のホームは踏むわ、追加点タイムリーは打つわ!!

テレビで見ていて、今年の大活躍が確信できた。

というのも、去年もおととしも活躍した松井。
年々進歩して成績を伸ばしてきているのは、日本時代同様なんだけど、

その内容。

日本でもそうだったが、
「強打者松井」のイメージを植え付けてからは、
初球からじっくりとボールを見ていき、
自然と良いカウントを作る。。。
元阪神の掛布氏がよくいうところの「3球投げて1-2というカウント」
を作る、

あの日本でおなじみの松井スタイルだった、その方式に、
既にメジャーでもなってきているのだ。

相手は世界一軍団・レッドソックスの開幕投手。
そのウェルズが、松井の豪打に怯えて、自然とカウントを悪くする。。。

(今松井が4点目のホームを、ボークで踏んだが、)

この松井スタイルの定着、「松井は要注意」という相手バッテリーの警戒心に
よって、

今年のさらなる飛躍は、もう約束されたも同然だと感じる次第。

なにせ松井は、本来「待てる」タイプのバッターだから。

これまでの積極的な打撃は、日本時代の「待つ」野球から、
どちらかといえば、大リーグ対応でアジャストするための野球だったと思う。

今年ようやく、本来の松井を見られるようになると思う。
(今まで、本来でなくて、あの数字というのがすごいが。。)






Last updated  2005.04.04 10:20:48
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


仙一どん

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/rxwi4-6/ 俺…
 アクシオン@ 防衛戦争 >国際社会は一方的侵略戦争など、許すは…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >それをなんですか、あな…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >だったら、まず結構では…
 仙一どん@ Re:はじめまして(10/06) fujiさん > >何の根拠も無く、人を馬…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.