323339 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Archives

Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016
Nov , 2016
Oct , 2016

Category

Calendar

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

燕の連敗ストッパー… New! ゆきのじょーおさん

【再入荷】BRIEFING… New! こだわる男の「モノ&ファッション」さん

キャンプや家庭でホ… little-greenpeasさん

映画本日記eigabon。… UQさん
にゃんネェお薦めね… にゃんネェさん
Apr 20, 2007
XML
カテゴリ:映画
この作品も見ながら以前見たことに気づいたが、細部のすばらしさに思わず最後まで見た。
さすがのワイラー作品「女相続人」('49)である。これを見ずして「風と共に去りぬ」('39)のみではオリヴィア・デ・ハヴィランドの真価を見失うこととなる。

ジョーン・フォンテンが先にアカデミー賞を受けそれも姉妹仲を悪くした一因と言われるが、負けず嫌いでなければ勤まらぬだろう女優業としてはいたし方もあるまい。
それにしても見事な感情演技、悲しみをひそめながら一瞬の惑溺に震えるとき、或いは能面のような表情にもひそかな喜怒哀楽を秘めて、全編がハヴィランドの名舞台と化する。

父親がラルフ・リチャードソン、叔母がミリアム・ホプキンスという芸達者にも囲まれて、まるで舞台芸術の精華を見るべきあんばいである。外景にはモンティ・クリフトがいて、劇的振幅の触媒の働きをする。見事というしかない作劇である。ウィリアム・ワイラーの映画を見た後は今日の映画の多くは色褪せる稚拙さだ。

いったん駆け落ちを仕組むモンティが、相続も何も投げ打って今すぐにと、倍して積極的となるオリヴィアに心胆寒々と退いていく若き野心の挫折――しばらく見ていなかったような新鮮な心理劇の展開に、またまた舌を巻く想いで見入った。ワイラーまた恐るべし。

映画好きが類推していくと、オリヴィアはこの後、「見知らぬ人でなく」('55)でロバート・ミッチャムを相手に、モンティは「陽のあたる場所」('51)でエリザベス・テイラーを相手に、それぞれこの延長戦をやっていることとなる。ご興味の向きはいずれも見所充分、ご覧あれ!

聞けばヘンリー・ジェイムズの中篇をゲッツ夫妻が戯曲化、その映画化という。'30~40年代は才能のレベルが違うという感じを、痛く強める。展開が、巧過ぎるくらい巧いのである。






Last updated  Apr 21, 2007 08:11:07 AM
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.