000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

magic in the air.....

Nickel Creek w/Ben Lee 6/6/06

Nickel Creek w/ Ben Lee 6/6/06 Bloomington , Indiana
Copy of DSC00939.JPG

行ってまいりました~。では、ショックな話から。。。
ドアは8時から開くと言う事は知ってたんですが、だいたいBloomingtonのライブは実際に始まるのは40分~1時間後というのが多いので8時半に着いたらもうBenくんがプレイしてる。。。Catch My Diseaseを歌ってるよ~。。 ショ、ショ、ショック~~!!!しかもBlueBirdは満杯に近い。。。
それでもなんとか良い場所を確保。Benくんは白いフォーマルなジャケットにジーンズ、アコギのソロです。観客もフロアーはぎゅうぎゅう詰め。火曜の夜で大学も夏休みに入ってるのでそれほどは入らないのではと思って甘くみてた私は馬鹿だわ~!
We’re All In This Togetherを歌い始めた。皆さん合唱。まだ何曲かやってくるだろうと思ってたら、これが最後の曲でした。。。(滝涙)。。(;;)すたすたとステージを去って行きました。 と言う事でBenくんは2曲しか聴けなかったですう。かなり落ち込んできた私。。。
でも、ため息をついて気を取り直し!
Nickel Creekは今回で2回目なのですが、1回目のライブはインディアナ大学の会場だったので、今回のライブとはかなり違うふいんきです。大学でのライブの観客も学生から大人(なかには60歳くらいの人も)まで年齢層が広かったんですが、今回も同じでした。私の居た場所には40年代のおじさん、おばさんグループがテーブルに座ってもうすっかり酔っぱらって出来上がってる様子(笑)。 私も飲みたくなってきたなあ(笑)。。でもこの場所はゆずれない。。動けない。。 Nickel Creek登場!バイオリンのサラさんはいつもどうりの裸足。黒いサマードレスで可愛い!いつもおしゃべりの多いマンデリンのクリス君、元気いっぱいです!ギターのショーンさんもいつもどうり静かに落ち着て登場。クリス君のマンデリンでScotch and Chocolateから始まる。私の顔がにやけてきました。ライブってやっぱりいいわあ~。子供の頃から3人でやってるNickel Creek、ベテランですねえ。3人ともソロの活動もやってるので曲によってボーカルが変わります。サラさんのボーカルは酔っぱらいも黙らせるほどの美しさ(笑)。MCはほとんどクリス君がやってサラさんが突っ込み、ショーンさんも所々でボソッとやります。クリス君はほんといつもステージを駆け回って元気なんですが、これはカフェインからきてるようです(笑)。前のライブでも言ってましたがコーヒーが大好きのようでBloomingtonに来ると必ずSoma Coffee Houseに行くそうです。またこのライブでも宣伝やってました(笑)。 BenくんのブログでNickel Creekのメンバーは見かけるたびに3人ともそれぞれ楽器を弾いてる、とってもinspiring だって言ってます。サラさんが今回はウクレレを披露してくれました。Tom Waitsの曲 Pony。ウクレレは音が小さいのでただでも聴きとれないのにライブ中に話をする人が多くてイライラしてたらファンの方が”stop talking !!” と大声で叫んでくれて一瞬会場はしーーーーん(笑)。怒ってくれた方、ありがとう!(笑)。 ブリトニー・スピアーズのToxicのカバーは良くやるのは知ってましたが、このライブでもやってくれました!映像を私のデジカメで撮ったんですが、画像は全くぼやけて見えないです(汗)。 音源だけでもと言う事で。。。(笑)。クリス君 がブリトニーのダンスを披露してくれました。腰をくねくね(笑)。会場の皆さんも大合唱。私もToxicの歌詞を知っているって自分で気がつき驚きました(笑)。Nickel Creekのファンまで歌詞を知ってるっ、ポップってこう言う所は凄いですね。 今回はニューアルバムWhy Should The Fire Dieからの曲が聴けて満足でした。 アンコールは一人一人のソロで3曲。サラさんがまたウクレレ、クリス君はクラッシックの曲(曲名は忘れた。。)をマンデリンで(これは凄かったです、指の動きが早い!)、ショーンさんはソロのアルバムからの曲(?)。サラさんは自分のが終わるとバックステージには戻らずにステージに座ってクリス君のパフォーマンスを観てました。クリス君も終わるとショーンさんのをサラさんの隣に座ってジーって観てました。三人ともそれぞれお互いに刺激を受けあってるんだなあ~っと思わせる光景でした。そのあとブルーグラスの曲を三人(ストリングベースのマットさんを含めて四人ですが)でやってくれました。そのあとマットさんとクリス君ががタップダンスもやってくれました(笑)。 Nickel Creekは誰にでもお勧めできるライブです。また行くぞ~!
Pictures from the show
セットリスト
Nickel Creek.com
Nickel Creek Myspace
Chris Thile Myspace
Sean Watkins Myspace
Mutual Admiration Society Myspace(Glen Phillips & Nickel Creek)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.