230394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 現在、記事の更新が止まっています。次回は3月25日頃を予定しています。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2017.04.30
XML


近くにあって、まだ訪れていない土地っていうのは意外に沢山ありますね。
私の場合は、ワインのなかでも好きなリースリング種の故郷・ドイツのプファルツ地方がそれに当たります。

ワイン街道と呼ばれる道を進んで行くと辿りつく場所。
その地の冷涼な天候が幸いして造られているのが、リースリングです。

                       
   
下の地図はワイン街道のルート。
車では無理なので、観光バスに乗ってというお気楽な旅のコースもいいものかな、と。
ここは、古代ローマ人がプファルツ地方にワインをもたらしてくれた結果、生まれた街道。

本格的に整備されたのは1935年で、全長約85キロメートルの道です。
右下にあるミュンヘンのずっと左横にある、藤色の線のところです。

                      

                     

プファルツ地方では、リースリング種・グラウブルグンダー種・ドルンフェルダー種のブドウが育ち、最高の味覚を生み出しています。


このワイン街道は、小さなワインの村々を通って、周囲にはブドウ畑が広がる丘陵地帯に続く道。
ツアーで行くと、途中の様々な土地でのワインの試飲もあるようです。

味はクールで涼やか、かつエレガント。ちょっぴり酸味っぽい甘味が特徴に。

でも、その甘さというのも決してしつこくない、果実特有の繊細なまろやかさ、といった感じのものです。

フランスの白ワインの女王として知られるシャルドネ。
こちらにも負けないブドウ品種として、ドイツワインの女王などと呼ばれることもあります。

          
                     



ランキングに参加中です。クリックをどうぞ宜しく!  

      にほんブログ村







最終更新日  2019.02.06 06:54:04
[ヨーロッパの光景と文化] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.