231571 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 現在、記事の更新が止まっています。次回は3月25日頃を予定しています。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2018.02.27
XML
カテゴリ:名作の故郷

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

寒~い、零下8度のミュンヘンです。
そしてさらに寒い都市ライプツィヒに3日がかりで行ってきました。
ドイツの一地方都市であるライプツィヒは、
小さいながらも長い歴史を誇る文化と芸術、大学がある
学術都市です。

ミュンヘンの上をず~っと北上した所に位置します。
地図をお借りしました。

                     

今回はこの地で、夫の仕事関係のシンポジウムが開かれました。
基本的に仕事先には決して同道しないのですが、以前から憧れていたバッハゆかりの地ということもあって、この旅は例外中の例外ということに。

そのため2日早く現地入りをし、シンポジウムの初日に私はひとりミュンヘンへと列車で戻って来ました。

開催されるホテルには
すでに到着していた人も何人かいて、昔会ったきりの懐かしい顔が見えたりと、夫は旧知の医師仲間との再会を喜んでいました。

さて、この土地に早めに着いたのには理由が。
ひ訪れたい場所があってのことですが、それは大好きなバッハの眠るトーマス教会を訪ねることでした。
この教会に多大な貢献をしたバッハは今、教会の祭壇​の中央で永眠しています。

                 

ヨハン・セバスチャン・バッハがトーマス教会の音楽監督に就任したのは1723年、38歳の時でした。
それからは毎週のミサ
のために、年間で50ものカンタータを作曲したと言われています。
代表作のひとつ「マタイ受難曲」もここで初演されたそうです。

15世紀に完成された教会は、その後も修復や改築を重ねて今に至る、ルター派の教会。
お土産ショップも併設されていて、バッハ関連のグッズを買うことができます。

教会の前には由緒ありげなカフェがありました。
カフェ・カンドラーがそれです。

             


                  


ちょうどお茶の時間でしたので、私たちも中へ入ってみることに。

メニューにあった ”バッハトルテ” というのを
注文してみましたが、コーヒー風味の加わったしっとりとした味わいのおいしいケーキでした。
名前からは、ついウィーンのザッハトルテを連想しがちですが、こちらはまた別の味わいです。

数々の傑作を生み出したバッハ~。
彼の
音楽を愛する人々にとっての故郷となるのが、トーマス教会のようです。

灰色の寒空に向かって威厳をもって建つ、そのたたずまいが心に残っています。

      

  

​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!


                   にほんブログ村
 








最終更新日  2019.02.04 20:20:59

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.