000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 現在、記事の更新が止まっています。次回は3月25日頃を予定しています。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2018.05.06
XML
カテゴリ:映画・ドラマ鑑賞
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ


2007年に公開されたフランス製作の伝記映画です。
(原題:La Môme   英題:La Vie En Rose

「愛の讃歌」や「バラ色の人生」といった名曲で知られるシャンソン歌手、エディット・ピアフの波乱に満ちた生涯を描いた作品。  

                

1915年、第二次大戦下のパリで、貧困のなかに生まれたピアフ。両親は、当時17歳だったクラブ歌手の母と大道芸人だった父親でした。

貧しさの為に、一時期、父方の祖母が経営する娼館に引き取られて育ちます。


少女になってからは道端で歌ったりしながら、生活の糧を得るように。


そんなある日、彼女の前に現れたのは、いつも遠くから歌声を聞いていたという名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルプレ。(ジェラール・ドパルデュー演じています)。
彼に実力を認められ、1935年、初めてナイトクラブのステージに立つことになりました。

後に芸名となる ”小さなスズメ” (
La Môme Piaf ​)​ という愛称は、身長が142cmと小柄だったことから付けられたそうです。その後はスター街道をひたすらに走りながらも、病に倒れ、47歳という若さで生涯を閉じてしまいます。


ピアフを演じているのは、マリオン・コティヤール。

                           

美しい歌声を披露しながら、容貌の方も実物に近づこうと、眉毛を全部抜いたり減量をしたりのこだわりよう。フランスの伝説の歌姫を演じ切ったその熱演には、鬼気迫るものがあります。

この役で、第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

ところで、ピアフの生涯の大恋愛の相手となったのは、プロボクサーのマルセル・セルダンという人でした。セルダンは既婚者でしたが、二人はともに恋愛関係であることを隠さずに公表して、恋を貫きました。

それがどういうかたちで完結するのかは、ネタバレにもなりそうなので、ここでは割愛させていただくことに。

そのマルセルへのあふれんばかりの愛をこめて作ったピアフの詞に、マルグリット・モノーが曲をつけて完成したのが「愛の賛歌」という歌。
日本では越路吹雪さんや、ジョニー・ホリデー等、各国の歌手がカバーしているそうです。

愛には色々なかたちがあって、人生を力強く支えてくれるもの、ということを再認識させてくれるストーリーの展開。
そこにピアフの歌声が重なって、思わずう~ん!と、唸ってしまう完成度の高さです。

                        
                          ​恋人のマルセル・セルダンと


          21124_La-Vie-En-1これ.jpg

              画像はすべて/ moviemail.com




​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!


                 にほんブログ村
 


   







最終更新日  2019.02.04 02:33:36

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.