184654 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 更新は週に2回ほどを目安にしています。大幅な遅れがある時はこちらに書かせていただきます。



人気ブログランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2018.05.09
XML

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ



いいお天気が続いています。
毎年、4月末から5月初めにかけて菜の花がいっせいに咲き出し、
やっと春が
​来てくれたことを知らせてくれます。
あとは、新鮮なアスパラガスが市場に出回り始めると、やはり、
長かった冬も終わったなぁ~という気持ちになります。
今の時季は車で郊外を走っている時など、道の両側に広がる菜の
花畑につい目が行ってしまいます。



菜の花、こちらで見かけるのは「セイヨウアブラナ」とのことで
Rapsblüten と呼ばれています。
食用油や、車の燃料となるバイオディーゼルを作る材料として栽
培されているようです。
​​​先日、かなりの早起きで100キロ離れた街へ行きました。
途中で休憩し、軽食を取ることに。
パン屋さんが経営しているペンションで、おいしいパンの朝食を
いただきました。


        
郊外には、菜の花やタンポポがいっぱいに広がっています。
この季節に観光でドイツに来られる方は、空からの眺めが特に印
象的なのではと思います。
飛行機から見ると、菜の花畑が黄色い絨毯を敷き詰めたよう。
草地との対照で、緑と黄色の畑がパッチワークのように眼下に広
がって見えます。
その合間を縫って見える民家の赤い屋根がいい風情を出して。
菜の花畑は特に有名な場所ではなくごく普通の所ですが、柵や警
告表示がなければ、畑のなかへも入って行けます。
ただ、地元の人たちにとっては見慣れた当たり前の風景らしく、
人影はほとんどありませんが。
遠くに見えるのはアウトバーン。こちら側の自然との対照が心に
残った日帰り旅でした。
畑のそばでは蜂がぶ~んと飛び交っていた、ドイツの春の光景で
す。
​​






​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!


                 にほんブログ村
 

 







最終更新日  2018.05.09 05:40:01
コメント(0) | コメントを書く
[ヨーロッパの光景と文化] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.