230608 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 現在、記事の更新が止まっています。次回は3月25日頃を予定しています。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2018.06.02
XML


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

”ミステリーの女王” とも呼ばれているアガサ・クリスティ。
作品が幾つも映画化されていますね。

1890年、英国の中流階級の家庭に生まれましたが、母クララの教育方針で、7歳まで字を教わることなく成長したとのこと。

自由な学習が生来の想像力をより豊かなものにしたのか、父親の書斎にある本を読んだりの独学で、詩や小説を書いていたそうです。

           


第一次世界大戦が始まった後、空軍パイロットのアーチボルト大佐と結婚。

その後も、ミステリー作家としてヒット作に恵まれ、順風満帆に見えた人生でしたが、36歳のある日、突然、行方不明になってしまいます。


理由は明らかにされなかったものの、警察の捜査で、11日後に生きていたことが判明します。
北部・ヨークシャーのとあるホテルに滞在している「別名の女性」がアガサであることが分かりました。

記憶喪失だったなどとして、表面的には一件落着とされましたが、真相は最後まで謎のままに。


推理小説の世界では今でも、” アガサ・クリスティ11日間の失踪” として語られています。

当時、アガサは最愛の母を失い、他の女性と恋愛沙汰を起こした夫との関係にも苦悩していたようです。
それらが要因ではなかったのかという憶測もありましたが、本人はそのことについては一切語ることなく、最後まで沈黙を通し続けました。


クールに徹した女流推理作家の、孤独な女性としての素顔を垣間見るような気がします。
ところで、彼女の小説『バートラムホテルにて』は、おなじみ、老嬢探偵のミス・マープルが活躍するシリーズのなかのひとつです。

こちらはまた、ミステリーとは別に、朝食や英国ならではの優雅なお茶の時間が楽しめる内容に。

実際にアガサがお気に入りでよく訪れたというのが、ロンドンのブラウンズホテル(Brown’s Hotel)で、創業が1837年という老舗。


そのホテルにある "The English Tea Room" というティールームは今でも人気の場所です。
2009年には ”トップ・ロンドン・アフタヌーン・ティー賞” を受賞しました。


歴史を感じさせる木の壁や暖炉がよくマッチしていて、今にもアガサ・クリスティーが姿を現しそうな、そんな雰囲気のあるティールームです。
  
    


         
            控えめな外観のブラウンズホテルです



​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!

                 にほんブログ村
 
     ​







最終更新日  2019.02.03 10:38:55

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.