217698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 記事の更新は週に2回ほどを目安にしています。大きな変更がある時には、こちらに書かせていただきます。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2018.06.27
XML
​​​​​にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ


大正から昭和にかけて活躍した作家の江戸川乱歩氏。
ペンネームを、アメリカの作家、エドガー・アラン・ポーからとったことはよく知られていますね。

推理小説の評論家としても活躍し、「
日本探偵作家クラブ」の設立に尽力。さらには、このクラブに私財を寄付し、それを元にしてできたのが ”江戸川乱歩賞” 。

早稲田大学卒業後は、様々な仕事に就いて、一時期はある探偵社
でも働いていたとのことですが、真偽のほどは明らかではありません。
作家としてのデビューは、1923年(大正12年)、『新青年』に載った『二銭銅貨』という小説。

私はそれほどの数を読んではいないのですが、個人的に好きなものを挙げるなら『D坂の殺人事件』と、それに続く『心
​理試験』。
あとは、明智小五郎が華麗に活躍する『黒蜥蜴』でしょうか。​​​


​​​最初は大人向けに書かれ、戦後、子供向けに翻案されることになった『怪人二十面相』もわくわくものです。


                        
                                  画像をお借りしました

明智小五郎と少年探偵団の活躍は、シャーロック・ホームズが小
遣い銭を与えて事件の調査を少年たちに頼む、あのベーカー街のシーンを思い出させます。

が、それでも、欧米の作品からの影響を受けたスタートの後では、日本ならではの ”推理小説” として独自の乱歩
の世界を創出。
その興味深い独楽は現在に至るまでず~っと回り続けています。

作品群には、彼の生きた時代1894年(明治27年)- 1965年(昭和40年)に人々が憧れ、強く求めていたものがぎゅ~っと凝縮されているような気がします。
​​​​​

大きな影響を受けたとされる、エドガー・アラン・ポーの人生と作品については、こちらの過去記事で:
「アラン・ポーの小説『ウィリアム・ウィルスン』」


ほっと一息コーナー 喫茶コーヒー​ 
現在、ドイツは6月27日の午後2時半近く。あと少しでサッカーの独ー韓・戦が始まります。
なのでまだ本当にはほっとできない、今日の ”ほっと一息コーナー” です。
ベスト16進出かどうかが決まる大事な試合ということもあって、午後4時に始まるこの試合。
会社によってはいったん仕事を中断して大きなTVスクリーンで観戦する所もあるのだとか。
勿論、どこもという訳ではありませんが、この辺はさすがサッカー命!の国らしいなと思います。
私はパブリックビューイングへ行って来ます。
明日は頑張れ、日本!です。皆様も観戦を楽しんで下さいね♪


​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!

                  にほんブログ村
 

                   







最終更新日  2019.02.03 07:39:41
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.