242967 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 記事の更新は、週に1~2回を目安にしています。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

エレナ17@ Re[1]:ドイツの長寿メロドラマ(04/21) 29QLoveさんへ: ほんとにそうですね。や…
29QLove@ Re:ドイツの長寿メロドラマ(04/21) 国民的ドラマというか、長寿番組、と言え…
エレナ17@ Re[1]:ガラス細工のお店(ムラノグラス)(04/16) 29QLoveさんへ: 改めまして、こちらへの…
29QLove@ Re:ガラス細工のお店(ムラノグラス)(04/16) こんばんわ これからはこちらより失礼させ…
2018.07.01
XML
カテゴリ:名作の故郷
​​​​
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

若きウェルテルの悩み​1774年​に出版された書簡体の小説。
ヨハン・ウォルフガング・フォン・ゲーテの実体験を元にして書かれたものです。
今も尚、世界中で広く読まれている青春の書ですね


                               
 
                           
         ​​​                              こちらは初版本

原題は、Die Leiden des jungen  Werthers 
​​青年ウェルテルが婚約者のいる女性シャルロッテ(愛称はロッテ)に恋をし、叶わぬ思いに絶望して自殺するまでの出来事と心の葛藤を、友人に宛てた手紙というかたちで書いています。

出版されると、ヨーロッパ中のベストセラーとな
り、各国語に翻訳されることに。
​ゲーテはすでにその前年に出版した戯曲によってドイツ国内では文名を得ていましたが、『ウェルテル』はそれ以上に評判を呼びセンセーションを巻き起こしました。

青年たちの間で流行ったのは、作中でウェルテルが着ている青い燕尾服
にクリーム色のチョッキとズボン、それに長ブーツというファッション。
​​​自殺者が増えたりという社会現​象まで起きたそうです。

                       
                         goethe.de

フランクフルトの裕福な家に生まれたゲーテ。
大学を卒業した翌年には​​
法学を修める為にヴェッツラーという小さな街に移り、そこで、ヨハン・ケストナーやカール・イェルーザレムといった友人と親しくなります。

同じ年に開かれた郊外の舞踏会で、作品中のロッテのモデル
となるシャルロッテ・ブッフと出会い、恋に
落ちます。ところが、彼女は友人であるケストナーとすでに婚約中。

それでも​
諦めきれずに、ロッテの元へ ”友人” としてたびたび訪れていたのですが、耐えきれなくなったある日、突然、帰省してしまいます。

故郷に戻ってからもロッテのことが忘れ
られず、自殺を考えるほどに思いつめていた矢先、上に挙げた友人の一人、イ
ェルーザレムが人妻への失恋を苦にピストル自殺をしたという知らせが届きます。
その出来事に大きな衝撃を受けたゲーテは、友人の死と自身の失恋体験を組み合わせた物語の想を得て、たった一か月でこの小説を書き上げたそうです。

下は、23歳のゲーテが19歳だったロッテに出会ったヴェツラーの街。
画像をお借りしました。

         ​​                     

             

  ラ​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!

                 にほんブログ村​​​

​​

   

​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.02.03 07:35:13
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.