241525 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 記事の更新は、週に1~2回を目安にしています。



海外映画ランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

エレナ17@ Re[1]:ガラス細工のお店(ムラノグラス)(04/16) 29QLoveさんへ: 改めまして、こちらへの…
29QLove@ Re:ガラス細工のお店(ムラノグラス)(04/16) こんばんわ これからはこちらより失礼させ…
2018.08.08
XML
カテゴリ:名作の故郷



1984年制作、デヴィッド・リーン監督の映画。
原作は英国の作家、 E.M.フォースターが書いた小説です。寡作な作家ですが、他には『眺めのいい部屋』や『ハワーズエンド』など、いずれも映像化されたものがあります。
   
                 

物語の背景は、英国植民地下にあった1920年代のインド。
その地に赴任している婚約者を、ロンドンから彼の母親と婚約者のアデラが訪ねます。


初めて見る東洋の神秘に魅了されるアデラ。

一方で、同じ英国人の婚約者はインドの国と人々にはまったく興味を示さず、英国人だけと付き合うその交際サークルは本国と同じもの。

次第に婚約者との間に心の隙間が生まれ、結婚にも不安を覚えるように。

そんな折、とある機会で知り合ったインド人医師アジズの招きで、アデラは婚約者の母と二人、憧れていたマラバー洞窟への冒険旅行に出かけます。

が、
エコーが何重にも響く薄気味悪い洞窟に入ったアデラは、ひとり道に迷ってしまうと精神に錯乱をきたし、同行の医師アジズにあらぬ罪を着せてしまいます。

      
​          
原作者フォースターの作品は総じて、人種や社会階級・価値観など
の違いを越えて人は理解し合えるのか、というメッセージ性を持っているように思えます。
物語のなかで、婚約者との愛に悩むアデラを通して異性愛を語っているフォースター自身は、ケンブリッジ大学時代に留学生の男性と恋に落ち、深く懊悩したことがあります。

彼の属した階級は ”ジェントルマン” 。そして、時代はまだまだ因習の根深いニ十世紀の初頭です。
自分が同性愛者であることに苦悩しながらも、その
事実を隠して生きて行かなければならなかった、91年の長い人生でした。
そうした心の内を描いた小説『モーリス』は、作者の死後になって始めて刊行が許されることに。

こちらも1987年に映像化され、ジェームズ・ウィルビーとヒュ
ー・グラントが共演。ベネチア国際映画祭での受賞に輝いています。

映画のラストシーンに出てくるのは、ヒマラヤ山脈の雄大な光景の数々。
人間界にある苦しみや悲しみを、すべて包み込んで溶かしてくれるような、清々しい自然の姿が印象的です。



    himalayantrip.com
 
                                                

​ 
 ラ​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!

                 にほんブログ村

 ​

​​






最終更新日  2019.02.02 05:37:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.