000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欧州ブログ

PR

プロフィール


エレナ17

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

お知らせ: 更新が暫く止まり、次回は、新年の1月3~4日頃を予定しています。



人気ブログランキング
風と共に去りぬ220.jpg



世界の国々からご訪問有難うございます。 Flag Counter

           

             

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2018.12.06
XML

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

先回の記事で書いたホットワイン(=グリューヴァイン)。

これとぴったりなのが、クリスマスマーケットのやはり屋台で売られ
ている、からしを添えた白い小さなソーセージ。パンと一緒にいただ
きます。
大きさの比較の為、画像をお借りしました。 

                 

この香草入りの小さなソーセージは、”ニュールンベルガー”と呼ばれ
ています。名前の通り、ニュールンベルグ(Nürnberg・ ニュルンベ
ルクの表記
もあります)の名物ですが、今ではドイツのどこのスーパ
ーでも手に入るもの。
こんな小袋で売られています。


                       
          
ニュールンベルグは、ミュンヘンからはICEの超特急で約1時間で行く
とができます。人口50万を越えるバイエルン州第2の都市。​

地名からは裁判の方を連想される方もいらっしゃると思いますが、
(私の印象では)そ
んな悲壮感もなく「再生の街」という風に映りま
した。

中世から商業都市として発展し、ドイツ統一を主導したホーエンツォ
レルン家の地元です。

城壁に囲まれた旧市街の光景は、リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニ
ュールンベルグのマイスタージンガー』の舞台そのまま。

中世の面影を感じる美しい街です。

​ 
 

上は、二年前のクリスマス時季。
ワーグナーファンの夫は、雪降る街がオペラの舞台イメージと重なった
ことに感激
していましたが、寒さも半端ないものでした。
ところで、ワーグナーのこの作品の初演は、ミュンヘン・バイエルン宮
廷歌劇場。
オペラに詳しい方も多いことと思いますので、作品については省略させ
ていただくことにして。
ここで言うマイスタージンガーは、職人の”マイスタ
ー” との意味合いで
使われているのも興味深いですね。
正統的なクラシックの名歌手ではなく、むしろ「匠」の歌い手。職人気
質の親分歌手、みたいな感じでしょうか。

我こそは!という歌い手もたくさん登場する舞台は4時間以上の長丁場。
人生と芸術を肯定する内容なのも、今の季節にはぴったりかなと思いま
す。

​冬になると思い出す、古き良きバイエルンの街です。​​


                               
オペラの舞台画像は germantrip.com より拝借      




​​


​​   ラ​​​ン​キングのクリックをどうぞ宜しく!!

                  にほんブログ村
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 







最終更新日  2018.12.07 08:17:01
[ヨーロッパの光景と文化] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.