Moon Phases

全288件 (288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

2021.01.21
XML
カテゴリ:考え事
人が言葉を発すればそこには水星のエネルギーが現れるわけだから、自分のsquare度数に相手の水星があれば話なんて聞けたものじゃない。いらいらやら耳を塞ぎたくなるやら何でも否定的にしか受け取れない。この際その程度は色々あるとしてもよ。だから理屈で相手が間違っていると思うならそれは間違っている。これはただの決して一生相容れない見解の相違ですので、一緒に暮らすなら是非とも喧嘩をしたい人ならどうぞという程お勧めしないものです。同じ屋根の下なら最終的には二人は話をしない事をお勧めします。時にそれが最善だと分かるかもしれません。
これがもし公で意見を闘わせるなら、相手を間違っていると指摘しても時間の無駄に終わるでしょう。私などはもしこの相性が判明すれば可能な限りその人を避けます(断言)。

これは多分に言える事かもしれませんが、全ての惑星でそのディグニティサインにある時、その惑星の意味においてその人は最善の意味を知っているので、無駄な事に労力を使わないであろうという事。例えば、山羊座の土星なら努力で狙った地位を得る為に長年留まるでしょうし、天秤座の金星なら理想のイコールパートナー関係でないなら意図も簡単にそれを切るでしょう。
これらの肝は自分が引き寄せたい最善のものが明確に解っているという事だけど、そうでない人がいるわけだから世の中の人は即断出来ず迷走する事になる。

現在土星と木星が合で火星、天王星、月の合と天上でスクエアで睨めっこしてます。こんな偏ったトランジットそうそうあるもんじゃ無い。しばし縁起でもないから重要な事もつまらない事も決めたくないので、、少し考えて、、クオーツ時計の電池を入れ替える機会あったけどやめました。自分のトランジットとは関係ないけど、動かないという選択があってもいいでしょう。






Last updated  2021.01.21 23:56:33
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.06
カテゴリ:考え事
歴史上の人物についての真実をゆるーく明らかにしようと思います。
ここでは詳細に分析はしませんが、ホロスコープが示す明らかな事のみ出していきます。

まず藤村操という方は夏目漱石のクラスの生徒であって華厳の滝で投身自殺し、現場に残された遺書によって当時、そして現代でも人々に波紋を広げたエリート学生さんです。

その文学的な遺書「巌頭之感」の中の一節の “ホレーショの哲學”云々の問題点に私は過剰に注目をしてしまうのでした。当時も誤訳を指摘されていたようですが、シェークスピア原文には存在しない二人称のあなた、つまりホレーショの哲学は存在しないのに遺書にはそのように読める事です。

それならと彼のネイタルをよく見てみると、なんかスイッチ一つで翔んでいくようなものです。私は安易に敏感点という言葉を使いませんが、時が来れば彼のネイタルは一つの方向にいつでもいける状態であるという事。彼がエリート学生であるとしても水星◻︎海王星は、彼の中に「不可解」とエゴのテーマとは切り離せないでしょう。夏目漱石の心理にその後影響させたように、二人の強い縁は確かに後世まで語り継がれる程にあったと言えるでしょう。夏目漱石は水瓶座の奇才ですが、感情に導かれる蟹座の太陽では二人は全く合わない。彼の悩める哲学が向かったのは全ての人間関係からの永遠の出奔でした。もしかして彼が師の叱りと誤訳を関連付けていたとしたら、意訳した翻訳に感化されていたとしたら残念な事です。これについては後に漱石が言及してるように。
彼の決断スイッチが生まれながらに大きいので、トランジットにも真相が示されているのでしょうが、ここではゆるく見ていくのでここまでとします。

失恋は、私の考えでは小さな原因のままだと思います。死の数日前に二人称での翻訳文が出版されたようなので、彼は読んだかもしれませんね。その場合としてこの訳者のホロスコープをみてみました。彼の運命のスイッチを押す力、影響を与える事が出来る人かどうかです。そしたら可能性としてピタリときてます。私には意味を感じます。真相は分からないままで良いでしょう。只の一学生というだけなのに彼の人々を扇動する性質は、本人の与り知らないところで水星◻︎海王星として利用されてきたようにそういう運命なんだなと思うばかりです。歴史の事実にこのような点から想いを馳せています。






Last updated  2021.01.06 21:00:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.09
カテゴリ:考え事
火星逆行ステーション


火星が逆行ステーションを迎えたので、それに相応しい内容記事と思って発信します。

例えば有名人のネイタルチャートを読むことがあると思います。

いつも自分の読みが基本から外れないよう、精度を上げるべく精進する必要があるので、私は時には海外のアストロロジャーによる即興のネイタル読みを後で聞くことがあります。動画ですと彼らが重要だと思う部分が感覚的にも手に取れます。

他のアストロロジャーがどう解釈していくかを見るのは楽しいです。ある実践の場面で有力だと私も気づいていた一般に重要視しない方法を使っていたり、それを強化したり、ある方法ではそれは違うだろうと内心突っ込んだ方法が、検証する必要があるとまで思った事などです。

ビリー・アイリッシュについての他の一アストロロジャーの解釈で思うのが、解釈する人の文化圏からくる世界観というフィルターを感じることです。有名人の場合は検証なので、最初に知られている情報を前提とするのですが、チャートに合う要素をもっとネット上から探そうというのは、何処でもよく見かける光景だなあと思う。やり過ぎればこじつけになるので難しいところです。
チャートの水星と土星のミューチュアルレセプションは、スピリチュアルなものに目を向けないであろうと最後に彼女も指摘してくれていたのは良かったです。アセンダントの弱さと儚さよりも多くの創造力と頑固さ、そして独立してる鷹人タイプであることも。今後下世話なコミュニケーション社会に向かう必要にどう対処していくかを見ることになるのかもしれません。

チャートに示されるものは、誰よりも優れているか目立つ特徴であるはずです。例えば一生肝臓に問題のない人がいたとして、問題という指標を一生懸命チャートに探すでしょうか?無いものは無いし、あると思い込んでるものが間違いなら実際には無い。

ところがこのアストロロジャーが必死にチャートから探していたのは、ビリー・アイリッシュの良い声の指標で、無理やりこじつけてました。私はアンケートで多数決取ると良いけど、まあ内心無理でしょうとつっこみました。優れていると示されてるのは音感やリズム感とイメージの表現力で、私が評論すると声質、声量共に平均的です。彼女の声はイメージを表現する道具でありイメージそのものですので、その点で優れているとは出てる。典型的な声の良い人は適切なサインに適切な惑星のリンクがあります。彼女には典型的なそれは無い。この独特の歌い方は喉を痛めない確率が高いので、長く一線で活躍できる可能性が高まるという事で、計算されたマネージメント方向なら良く出来てる印象です。彼女には信頼できる兄がいつも付いています。洋楽はヒップホップもヘビメタもフュージョンなども全て一周して歌ってきた私ですが、ビリー・アイリッシュの曲は一曲聴き終えることさえ難しいのです。人の喉の響きが創る芸術に興味があるからでしょうね。
彼女は人気を得る運命にあるので、癒しの神としてぴったりとハマる人にはハマるでしょう。

火星逆行の象徴そのままを再現してみました。






Last updated  2020.09.09 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.05
カテゴリ:ネイタル
アセンダントうお座の有名人

ニュースになることもあろう名前を中心に出すと、 歌手、音楽関係ではビリー・アイリッシュ、ホイットニー・ヒューストン、ブルーノ・マーズ、ゼイン・マリク、サラブレッド系俳優ではジョージ・クルーニー、グウィネス・パルトロー、F1モータースポーツのディディエ・ピローニ、詩人のラファエル・アルベルティ、そしてコートニー・カーダシアンなど。もっと出したいけれど少ないのです。王族は沢山出てきますが、特に才能で世に出ているのではないので出すのはやめました。そもそも魚座アセンは理論的にそうですが、感覚的にも絶対数が少なく感じます。鑑定を受ける場でも記憶にあるかないかぐらいです。

ここでビリー・アイリッシュのネイタルを見てみます。

太陽が射手座なので12サイン中トップレベルの楽観的な人生観を持つはず。それだからこそ内面の複雑さがそれを邪魔するように火星/土星、月/海王星がそれを示してます。
アセンダントの魚座は、表面に見える自分を相手の想像に任せたままにしておくのが好きです。彼女がゆったりした服のままでいるのも内の制限がそうするけれど、敢えて求められるような飾り立てを必要と思っていないのも太陽。ただ射手座の例にもれず周りからの影響と洗脳には注意が必要かも。信頼のおける人のサポートがあるほうが良いでしょう。太陽と月の健康を示すなら、彼女に健康問題としての自覚は起こらなかったであろうと思います。自己犠牲と感受性の強さは他の人が思う以上にありますが、本心は最後の最後まで出さないでしょう。自分がそれに気づいている時はただじっと現実の中で忍耐することくらいでしょう。彼女のたった一つの水星は作詞作曲にとても都合よい状態です。自分を表現する手段として働いてる。

魚座アセンダントの人は日々自覚的にはきついけど、海王星に関することなら全身全霊で吸収してしまうこと、環境や人の小さな変化から誰も気づかない多くを知ります。それを上手く使えるチャートを持つ人にとっては天才的な表現がある。特にリズムや言霊に関すること、上手くペルソナを創ること、時に才能あるF1レーサーもいます。ピローニは多くの火星の申し子、牡羊座強調の人ですが、彼もまた海王星に翻弄された人生になりました。辛く悲しいストーリーの人物として人々の記憶に残っています。そして彼が示した心は誰の心にも争いを消すことでした。なんてドラマを彼は伝えたんだろう!と思ったけれど、魚座アセンダントだと知って納得してしまいました。






Last updated  2020.09.05 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
「強迫観念」をホロスコープから読んでみる。

ネイタルを「強迫観念」という視点から考えてみたいと思います。
「強迫観念」の象徴はある種の冥王星関連で表せるでしょうが、冥王星は火星のハイヤーオクターブという点から、どうやらそうでない場合も可能そうです。
太陽と火星のコンジャンクションでコンバースト、太陽がこの火星−のみ−様相を持つケースがネイタル上にありました。この場合、太陽は火星を食うほどのパワーがあるのですが、だからといって火星が個性の中に隠れる訳ではありません。この人が自由に表現する「自我」に頼ることによって、人生を通して求めるものに集中する事が出来るという力強い性質が現れます。決して無意識の自制や根拠のない理想主義に向ける事もなく、恐れも知らずです。火星が太陽と常に競合する状態にあるので、ここではサインの意味に従って強迫観念が生まれるのでしょう。太陽とのコンジャンクションは何かと必要に迫られる意味を無意識に持つでしょう。そうすると私の太陽パラスのコンジャンクションも正に説明できます。
上記の様相を持つ方は有名な方ですが、経歴を客観的に見てもそこまでやるのか…と思う人が多いであろうエネルギーの高さを感じるでしょう。兎にも角にもご本人がこの「強迫観念」という言葉を使っていることは興味深いことです。全てはサインやハウスによって表現フィールドは各人変わってくるでしょう。

このように心理の一模様を現す象徴を理解するのもよしですが、最近良く知られている心理学の研究による人格のタイプ分けからも占星術の象徴を理解できるでしょう。次回この点から書いてみます。






Last updated  2020.08.05 22:21:36
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.04
カテゴリ:ネイタル
パートオブフォーチュン(POF)
出生のチャートで「幸運な点」を使って運を掴むこともできるかもしれません。これは金銭や繁栄について示される天の恵みのようなポイントなので、出生チャートに特殊な意味が示される場合には(あくまでも条件下ですが)、出来事として現れるでしょう。
私の5室のPOFは楽しい事を追求する事、創造的なエネルギーの表現が何よりも重要だという事を何度も思い知らされます。という事で、それとは真逆の概念は「幸運を減らす」こととなりますので気をつけています。誰でもPOFハウス、サインの意味に従って自分に運のあるポイントを心に留めていましょう。


coc​​ona​​la​​ココナラブログでも記事配信中






Last updated  2020.08.07 18:07:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.10
カテゴリ:考え事
世間を騒然とさせたらしい女性、メアリー・ケイ・ルトーノーMary Kay Letourneauさんが58歳で癌で亡くなりました。小学生と関係を持ち逮捕され後にその相手と結婚、ゴシップネタで登場してたらしい夫婦でしたが、男性側から離婚申請され離婚しています。
実は私このお話は全く知りませんでした。私には御縁が無かったようで、有名な時でさえニュースは入ってきませんでした。

この方々のチャートを見ますと、占星術教室で教えるような重要な事がてんこ盛りの内容になっています。。ネイタルだけでかなりの面白い読み込みができます。それぞれのネイタルチャートの意味する事を正確に理解する事。次に二人のシナストリーの力関係。これを見ると誰も知らない二人の間の真実もみえます。そこから見える二人に起こったストーリーなど。結局彼にとって彼女は安心できる場所では無かったようです。2017年に蝕が男性の人生の転機としてピンポイントで降りてますね。

鑑定で時々同じようなものを見る事があります。私が伝えたくても伝えられない結末が相性に示される時と同じで、たまにあるそういう種類の相性です。






Last updated  2020.07.10 00:17:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.08
カテゴリ:占術理論
私が言葉足らずと感じる自分の日記が多々あるのですが、以下の記事に付け足してみます。


(2011年日記)
(私は英語の文献を読んで学んできたので、ある時期から一部の書籍か何かからでしょうが、英文中のsensitive pointと説明文に使われる単語が、日本で訳され使用される時に固有名詞のように使われ始めたようで、正確にはastrologyの専門用語としてあるものでは無いはずですよ。英文の文献で見かけることはほぼ無いです。これは私にとっては不思議な現象と見ている一つです。でもまあ意味は同じですので使う分には良いのですが、そもそも本元で定義がないので、感受点とは何処から何処までだとかいう話が出るなら、それは日本だけなので議論は時間の無駄かもしれません。)


英文の文献の中で、そのチャートで重大な意味を持つであろうポイントという意味を込めて「sensitive point」という表現を使う人はいました。あくまでも万単位の単語の一つとしてです。これらが翻訳され日本の占星術師が自分の教室や書籍で教える段階になって「感受点」なる概念が一人歩きしたのか、一時期専門用語のように誰でも使っているのを見て驚愕した事があります。今は知りませんし知る必要もない。これは一部の方々の習慣としての認識でいいと思います。

西洋占星術の知識は詰め込んだ後に経験に沿っていかに無駄をそぎ落とせるかに腕がかかってきます。 また西洋占星術とは独立した天王星の象徴に沿って続いていくべきもので、間違った方向に行かない様に惑星の象徴はいつでもシンプルに定義されている。常に基本に、象徴主義に戻って考え続けなければならない。間違った解釈としてよくあるのが記憶と愛着(月)の惑星フィルターを通して歪められたものかもしれないし、権威志向と劣等感(土星)から間違った崇拝の中にいるのかもしれない。そうした可能性を自分の中に意識して時に修正出来れば精度が上がる。西洋占星術は、最終的には学習者の記憶力と応用力にかかってくるので結局独学ですね。天王星の象徴を目指せば、、ですけど。






Last updated  2020.07.30 11:36:47
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.21
カテゴリ:トランジット
金星順行ステーション

『Summer of love』

金星が現在逆行中ですが、現在私達の生活の中にも楽しみを削がれてしまうと感じているか、社会的な交流も制限的(で更に理想主義的)な状況が続いています。私は先日、ふとスカーフが目につきよせば良いと知りながら結局買ってしまって、家でその色目を見るたびに何か気に入らないなと思うばかりです。やりたい事も楽しくないから、日々ツマラナイと呟いている人もいたりします。金星が強い人だと特に影響を強く感じます。
その金星もこの26日に順行ステーションを迎えます。ゆっくりとスピードを落とす今日この頃、先日のニュースで某国シアトル市は『サマーオブラブ』のようだとの市長の御言葉を聞きました。それはこの金星のアストロロジーの象徴にぴったりではありませんか。いくらかの人々にとっては意味ある時期になるでしょうが、少なくて私自身の時期予測チャートでは特別なことはないと断言できますが、続くイクリプスや水星逆行もあり、さあどうなるか…。






Last updated  2020.06.21 22:20:31
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
イクリプス

6月21日は日食の日です。サロスサイクル137です。ベルナデット氏が提唱するようなイニシャルイクリプスの解釈は研究としては面白いし、余程時間がかけられる研究対象や自身の事に関してのみ予測分析に用いる事はあっても、確実性が低いので通常鑑定では用いません。
今回一般的な解釈法のみを使うと、この影響を受ける人は社会的に話題となる様な形で明らかになる傾向があるので、目立つかもしれない。私が研究対象として用いるのは、データが家族、年代規模で明らかになっている世界の公人、王族や有名人ですね。その点からみていくと、今回のこの日食は、ピンポイントで英国のウィリアム王子にとって何かの影響を受ける日食になりそうです。日食自体が強力という程でもないので、現れ方は引き算で見たほうが良いかも。元々彼はベルナデット氏によれば、アングロサクソン王国が継承するサロスシリーズ最終の時期に当る王になりそうなので、私は2007年からこの意味は果たして何かをずっと考えてきました。彼がビクトリア女王の重要な人物と同じ特別な星の下に生まれたという事実も、予測のパターンを知る上で重要になっています。関係ある人にとってはこの時期に意味があった事に、後々分かることになりそうです。


メモ版ー今年の予測
7月3日頃から再び制限を感じる時期に入りますが、7月前半は必ずしも状況をコントロール出来る状態にはありません。9月末をピークとして厳しい状況が続いていきます。10月頃から少しづつバランスが取れるようになっていきますが、全てはこの状況の打開の手を打てるのが12月の中頃。
ーこれらはバイオリズムみたいなエネルギーの上下を文字化したものです。






Last updated  2020.06.21 22:00:47
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全288件 (288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.