Moon Phases

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

イクリプス

2013.06.06
XML
カテゴリ:イクリプス
今日は日蝕です。

蠍11°だから、牡牛、獅子、蠍、水瓶の11°辺りの惑星を持つ人は、今後1、2年の間影響を受ける。

起こる出来事は、生まれ持ったチャートのテーマが決める。

今日の見えない日蝕の影響を受けて、出来事が起こる人は全てではないけど、少なくて誰もが人生のある一エリアにスポットライトが当たる。

特に個人惑星に蝕が落ちれば、決定的に出来事は起こる。

分かりやすい時期をピンポイントで言うと…

来年8月15日辺りです!

人によって前後一週間はずれるけど、運命的なことは起こる。この日が一番分かりやすいと思う。

日蝕だから良いか悪いかは、生まれた星が決めます。


(13/11/3記事)






Last updated  2017.11.20 13:40:40
コメント(0) | コメントを書く


2012.05.24
カテゴリ:イクリプス
先日5/21の日食の意味の覚書です。

アストロロジ~的には最強の位置にあるわけでもなく(今回はレベル3)、皆既日食でもないし、サウスノードで起こるので、私は注目は特にしてませんでした。日本では金環日食と騒いでたけど、世界では毎年どこかで起こってるような一般的な蝕ですから。

この日食の意味は木星が強力なので、不吉な日食ではなく、幸運な日食です。ですから、柔軟宮0°(特にふたご座、そして乙女座、射手座、魚座)に出生の惑星がある人に、特に成功と新しい道が開かれる運を運んできます。これは状況からの抜け出し運だと思います。さらにイニシャル・イクリプスが火星さそり10度。個人的にはなかなか意味深な位置にあります。


下記の資料1の日付は、出来事が起こるタイミング。象徴テーマに関連した出来事です。今回は良い意味の日食なので、厳しめでも不吉なものでは無いはずです。ふたご座0度とミュータブル0度に惑星がある人だけの今後数年の影響です。次の引き金は資料1を見ると、6月13日の木星。この前後2週間の影響があります。次は8月18日の太陽。太陽は3日間の影響です。ハウス位置の意味も読みます。


-------------------資料1

Solar Eclipse: 3
May21,2012
00 Gemini21
Dragon's Tail

太陽
08-18-2012
11-22-2012
05-20-2013
15-20-2014

火星
10-07-2012
05-31-2013
09-14-2014
05-12-2015
03-06-2016

木星
06-13-2012

土星
12-26-2014
06-09-2015rx
09-22-2015






Last updated  2015.08.25 19:24:08
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.12
カテゴリ:イクリプス
蝕についての追記

来年の注目の食のデータです。


皆既日食2010,1/15  山羊座25度  Power5
月食2010,6/26    山羊座4度   Power5



皆既日食2001,6/21  蟹座0度   Power7
アメリカの同時多発テロを引き起こした食の威力は、
カーディナル0度にも現れて最強でした。






Last updated  2009.07.13 04:15:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.11
カテゴリ:イクリプス
7日の月食、22日の日食について覚書です。ブラディ氏のサロスシリーズも少しづつ日本でもマイナーだけど知られるようになるのは嬉しいですね。七夕の月食は、山羊座15度。それから22日の蟹座29度での日食。その反対側水がめ座0度にある私の月はもろに影響されることになりそう。アストロロジャーとしては、怖いってより楽しみにしないといけない訳ですが、これは殆ど予測可能です。ハウスと惑星の意味を考慮しますが、今回の食では29度の稀有な抑圧された度数で起こるので、事象に注目したいです。

『ECLIPSES』By TEAL本によれば、食の影響力は5段階に現すことが出来て、今回22日の日食はトータルですが、レベル3、まあ普通くらいの影響力です。
日食は占星術では良くも悪くも運命的なパワーを示すので、開けてはいけないパンドラの箱のような気がします。知りすぎると怖いです。現に今の私は去年2月6日のレベル5の食の影響下に数年いて、トランジットの引き金で出来事誘発し続けてるわけで、タイミングは予測可能です。でも普段の生活ではあまり意識してません。それで私の怖がる食は、来年年明けのレベル5のもので、私の惑星に影響、冥王星トリガーもあり。レベル5は08年の前には02年にあった。ですから数年ごとに来るもので、ネイタル惑星に上手く乗れば運命的に人生の上昇気流に乗れるはずです。







Last updated  2009.07.11 07:22:48
コメント(5) | コメントを書く
2008.08.01
カテゴリ:イクリプス
気づいたら日記の更新が月一になってしまってて、
自分でもなぜこんなにも日が経つのが早いのか
分らないくらい、あっという間に8月ですね。

特にこの2週間くらいは、自分が何をしているのか
分らないくらいの変性意識の中にいた感じです。
ですから、何の勉強もすることが出来なかった。


前回新月の記事を書いたみたいだけど、
今日も新月、それも日食です。

日本では夜の7時13分なので見れませんね。

こちらでもやっぱり見えないんじゃないでしょうか。

調べてませんが。



たぶん日記を更新しようとしたのも私の6室でこの食が
あるからですね。そろそろ日常のことやらないとたまって
きたナという感じです。

ここだけの話ですが、身近で大変なことが起こってます。

日食なので出生チャートの惑星にこの日食が乗る場合は
人生でのある重要な出来事が起こるときなので、良いこと
ばかりではないので気をつけたいところです。


12室での食を体験する人は、そのままの意味が起こるでしょう。
すなわち、無意識の願望の大爆発っていうと変ですが、
レイキとか瞑想とかにどっぷり漬かるか、スピリチュアル意識に
とりつかれる可能性も大です。







Last updated  2008.08.01 13:26:18
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.01
カテゴリ:イクリプス

最近、いわゆる土星に象徴されるような困難な出来事っていうのが続いている
のですが...小さいことなんだけど、なぜか同じことが3度続いて、そうすると
多分明日も同じことが起きるって方に賭けてみます(笑)
人は不思議と何度も同じ事があると、あまり困難と感じなくなるものなんですね。
それは多分楽観的な私だけなのかもしれないけれど、西洋占星術をやっていると、
すでに色々なトランジットを体験出来、その意味を考える習慣が出来てくるの
ですべて問題を解決できるようになっているからでしょう。
すべての自分の経験が、占星術を学ぶことに繋がります。
私が人の相談を受けられるのは、私自身がしっかりとしていないととてもそんな
余裕は無い訳で、情緒はいつも安定しておきたいものです。

実は日食と月食が人の人生に影響を与えるのは、占星術では良く知られて
いることですが、正にその意味を経験するために今年があるような気がします。
人生で自分の出生図の惑星に連続で、食が影響するのは今までにもあった
でしょうが、今年はその年に当たっています。自分のネイタルの影響するハウス
の意味や惑星の意味を考えると、とても面白い事実が明らかになっています。
体験する出来事は、人それぞれ違うので、自分の内面にしか影響しないもの
もあります。
水星への食は今一番注目しています。来年重要なトランジットが来るので、
若い人や車、旅行に関する心配や問題など、今から予想できそうな事柄にも
注意しています。私の4thのルーラーで、来年は6年ぶりの引越しもあります。
実はこの引越しは、全く私の望まないものなので憂鬱なのです。






Last updated  2007.12.01 06:56:35
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.19
カテゴリ:イクリプス

以前2週間の間に、自分のASCへの月食がありましたが、これは
月の性質を反映して心理的、情緒的なレベルのある終了を示します。
月食の前から少しずつ感じてきたある問題は食を境に終了に向けて
進みます。トランジットの土星は完成を示し、それが今回は珍しくすぐ
近くにあるので、それが最終的に幕の役割をするでしょう。

エレクションで時期を選びたいときに、月食の日は避けるほうが良いと
言われますが、それはあまりに感情的で、取り扱いに非常に注意する
出来事と関係するためですが、食に近い時期を選ぶことに関して、ある
固定された困難はないが、それでも1週間後が良い調子になるようです。

そして9月11日に日食が来て、この二つの食が私のネイタルを刺激し、
今後の解釈をする場合、私の惑星への食の更なるコンジャンクションが
続くので、私の人生でのある分岐点に来たのかと解釈しています。

※ヘッドでの皆既月食は心と感情的な問題の情勢への新しいスタートで、
そしてテールでの部分日食は、一旦「古い問題」が再度だされるなら、
新しいエリアへの拡大へ、最後の仕上げです。

この解釈を見たときに、私は「Beginning of the end」
という言葉を思い出しました。これから最終章が始まるのかなと感じてます。
今ひとつのことが頭の中にずっとあって、なぜか分からないけれど、いつか
占星学をやめる時が来るのだと思ってます。少なくても今はそうするべき
と考えているのは、単に楽しいと思えなくなってきてしまったからですが、
重い腰を上げる努力をしないといけなくなってます。
困ったな。






Last updated  2007.09.19 10:00:35
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.28
カテゴリ:イクリプス
アセンの月食

今日は月食がうお座4度で起こります。
私の住むところでは、月食時間が真昼なので、見ることは出来ませんが、
時間を見つけて瞑想でもしてみようかと思ってます。
以前自分のネイタル惑星に月食が降りかかった時に、クリアーなテレパシー
現象がありました。ほぼ同時刻にある人の考えが私の中に浮かび上がる
というものですが、これを信じない人もいると思います。
これは何か、特に月が関連するからか、満月はエネルギーが最高に満ちた
ときであるからなのか、時や空間を超えて、何かのエネルギーが瞬時に移動
できる道が出来るのか、と思わずにいられない経験でした。

今回はアングル上で惑星ではないですが、テレパシーでなくても何かの力を
得られると期待したいと思います。実はこの月食に先立って、この影響は
以前から分かっていたので、すでにこのパワーは感じています。
食に関係する出来事が起こるとすれば、なぜか数日後に起こることがあると
読んだことがありますが、以前の場合は3日後でした。アセン上の食は、
火星の合の意味を持つから、私が転倒して怪我でもするんじゃないかと、
実は用心しようと思っているところです。。でもトランジットが関係するので、
その確率は低そうです。
誰か何かのメッセージを強く送ったら、何か私が受け取るかもしれないですね。
これはほとんど期待だけですが;
結局のところ、毎回食の強さは違うので、例えば911テロのものが最強と
すると、半分もありません。はっきり言ってそんなに強くないです。

今回のヘッドでの月食は私のアセンダント上で起こるので、ここの解釈は
色々調べてみて、自分なりに今後の具体的な予想はもう出ていますが、
占星術でチャート上の食の落ちる場所(軸のハウス)は、その年(食の
影響を受ける期間で、食の強さと種類によって変わる)照明が当てられる
エリアを示します。それは型どおりになった人生を評価するように働きます。
何が必要で何を変える必要があるかといったことのようです。






Last updated  2007.08.28 07:27:41
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.05
カテゴリ:イクリプス

2001.6.21

カーディナル0ポイント(AP)で起こった日食です。
この食の強さは、今世紀で数回しかないと思われる、
最強のものでした。

私の出生の土星/海王星ミッドポイントがこのAPであるので、
私もこの影響を強く受けた一人です。思い出すのは、この日食の
後の9月11日で、同時テロで多くの方たちが亡くなっています。

この日食の後、火星の接触がこのポイントにオポジションで
あったときの話です。私の災難は、表向きは違うけど、
ブラックメールに悩まされていました。
これはお金の問題ではなかったけれど、精神的に、肉体的に、
私の人生で一番辛いときでした。その時のトランジットには
海王星のハードアスペクトがあって、非が一ミクロンもない私に、
降って沸いたような災難でしたが、その反面自分の内部の理想を
信じてがむしゃらになっているときでもありました。
不思議ですね。辛いときほど自分が生きているんだと感じることに
なるんですから。。

土星と海王星の意味は、犠牲者意識、目標の喪失、意気消沈、
などになるでしょう。APは外の世界に自分を認めてもらうことが
出来る潜在力ですが、そこにこのポイントがあることで、なんとも
複雑で、がっかりするような出来事ばかり目立ってしまうのでしょうか。

もう一つ加える大切な事として、私のパート オブ フォーチュンが、
この食のポイント=APにあることで、こちらにも実は影響がありました。
ここでの解釈は色々ありますが、実際に起こったことは、
“特別な利益のある人や新しい幸運な事柄との接触を引き起こす”
になりました。確かに幸運な出会いや出来事がありました。
特にPOFにヘッドがトランジットで接触した時が強力でした。







Last updated  2007.07.05 11:17:55
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.15
カテゴリ:イクリプス
人とのカルマ的な関係は、ホロスコープのどの部分で見るのかというのが、
ちょっと今日のテーマです。
私の結論としては、それを示す方法は一つではないという事。
考えられるのはノード軸やIC、冥王星。etc.


例えばですが、なぜ人との重要な出会いが起こるタイミングが、トランジットで
一つの指標がすべての人に当てはまるわけでないのか。
またこれはプログレスの指標もそうだし、その他の分析でも同じことが言えます。

他には、シナストリーで相性を見る場合、特に男女の相性を見る場合
多くの方法があって、占い師の数だけそのこだわりの理論があって、これも
一つだけではないでしょう。

そういうことからもすべて指標となる理論は、一つだけではない!
ということですね。
だから小さい理論を探してチャットする事が本当に私は好きでナイし、
意味がナイとおもってしまう。。

皆自分の経験からこれぞという結果を得たと思うのでしょう。
少なくとも私にはそう見える時があります。でも本当はもっと広い目で多くの
要素を客観的に見て、総合的に判断しなければならないのではないでしょうか。

例えば相性ですが。

結婚する相性と恋愛だけの相性は違っていて、結婚は責任とずっと共に居る
ことが出来る安定性が相性の中に現れているべきであると思ってます。
少なくて不安定な爆弾もどきのシナストリー様相が優勢であってはいけないんですね。
これが恋愛だけなら刺激的な関係として、それでも良いのです。
またある人の性格の複雑な部分に絡んだようなシナストリーを見る事もあります。
相性は、良いと悪いの線を引くべきものではないし、良い相性として決めた基準に
当てはまらないものはすべて意味ないものと決める事も本末転倒な事だと思う。
その基準は間違ってはいないでしょうが、それがすべてではない。
人間どうしの関係は本当に面白くて、同じ絵を見る事はない。

面白い事に二人の人間のシナストリーをハウス解釈を入れて読むと、現実の
関係そのままが浮かび上がってきます。
私は人との言葉のやり取りや、起こっている力関係からこのチャートを
思い起こすということをいつもしています。そうすると一つずつこのチャートの
絵柄のピースがはまっていって完成した絵として見る事が出来るのです。
時々あるはずのピースを見つけた時、凄くうきうきした気分になります。
完成した絵とは関係そのものの姿です。
その絵には良いとか悪いとかの二つに一つの結果なんか書かれていないのは
言うまでもありません。


ところで話は戻って、カルマの関係について。
カルマ的な関係は自分の出生前食の起こった度数に太陽がある人と言うのが、
占星家ティールの提唱する仮説です。
(占星家ノエル ティルではないです。ティルは英語の読みではタイルとも
読めるのでちょっと混乱します。。)

それならと調べてみたのが私の出生前の食。これは出生のすぐ前の月食と日食の
ことです。その度数とサインに該当する人は確かにいました。
それがカルマ的な関係とまではいかないとは思うのは、この度数に該当する人に
実際に出会った経験がないからと、これからも会う事はないからです。

でもここの解釈では、『その人たちは自分の成長と進化の行程で、何かしら
とにかく強烈な存在になるはずで、魂の接続か絆を感じる』となっています。

私の出生前に起こった食のこのサインは、元々私のノード軸のサインと同じです。
この二つの食の内の一つの度数に太陽を持つ人を知っているのですが、その人は
私にとって強烈な印象を与えた事は確かでした。それはまるで自分と同じ様な
境遇を生きてきたことから来る共感と、同志のように感じる事。
この仮説を読む以前からずっと思ってきたことですが、この人から貰う元気の力
(パワー)はそれこそ無視できないものだということ。

自分がこの人の様に人に元気になる力を与えられるような人間になれたらと思う
こと。それが意識に上った事は、多分この人を知ったことで初めてではないかと
思います。
これは魂(ソウル)より魂(スピリット)に近い感覚かも知れません。
自分は今後どうするべきかを、行動で示している。これは強烈に私の目に入って
きました。
こんな小さな私の中の意識が存在すること。
これがカルマかどうかは分かりませんが、この仮説はあるいは生きているのかもしれませんね。







Last updated  2007.06.16 02:54:18
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.