Moon Phases

全4件 (4件中 1-4件目)

1

鑑定

2020.02.05
XML
カテゴリ:鑑定
相性をカテゴリー別に8つの得点にしてみました。

得点が多ければいいというのではなく、その数値の強弱や重点の置かれるカテゴリーに注目する事で、客観的に相性の質を見る事ができるというものです。

気楽にやってみたら、
ああ確かそうだなと思わずにはいられません。

ずっと楽しく話していられる人がいるとします。
でもそれだけだったり、

仕事ではチームワークで切磋琢磨して互いに向上できる人がいるとします。
でも一緒にプライベートでは話が合わなくて、興味なくて無関係に見える。

こんなのも数値化して出てしまいます。

なんか面白い!

結婚の相性なら、やっぱり刺激的過ぎない方が良いでしょう。

恋愛関係だけでなく、友人などの一般の関係でも同じように使えます。



******************************************************
参考例【相性得点】

ハリー王子とメーガン妃の相性

1.趣味と性格の類似性:204点
二人が似ていて親友である傾向を示します。このカテゴリーの得点が高いので、似た興味があって、類似した方向に人生を向けるだろうということです。長期で続けるチームワークの能力を示します。
2.◯◯点
二人は互いにより高みを目指し、夢を成し遂げることに取り組む動機を与えるように促します。しかし二人の間の主な引きあう力が、大きな物事を成し遂げる生産的でダイナミックなチームというほどではないことを示します。
3.◯◯点
考えについて話し合うことがこの関係の主要な焦点でないことを示します。二人は明らかに情報交換することができるかもしれませんが、会話が終りのない流れにつながりそうではありません。
4.◯◯点
二人がお互いの方へあまりにきつくならないように注意する必要があります。不快で荒だたないように多くの努力をしそうです。
5.◯◯点
一緒にいるとき、お互いが癒される者としてリラックスできます。
6.非常に活発な人生を送るのではなく、思いもかけないことによって妨げられない予想できる人生につながります。
7.◯◯点
二人が一緒に非常に創造的で想像的な世界観に引きつけられることを示します。
8.◯◯点
ここでの低い点数は、ただ性的関心が二人を繋げた主な魅力ではないことを必然的に意味しています。

100点を平均とします。
こちらの参考例の点数も鑑定結果と一緒に付けます。
理解の助けになるでしょう。






Last updated  2020.04.23 22:37:58
コメント(0) | コメントを書く


2017.06.01
カテゴリ:鑑定
相性を判断する時に大事なのは、優先事項を知っていることです。私はそれを誰かがブログに出してるのを見たことがありません。これらは全ての優良な解釈を数多く学んだ後に、真の意味を理解し始めるものですし、情報量が鑑定者の力量と関連してます。情報量は鑑定経験量とは違います。何万件鑑定したからアウトスタンディングだ、とは言えないのです。

例えば男女の相性で、月と金星、あるいは太陽と金星などは同じようなもので無くても良いですよね。この二つの意味を詳細に知る必要があります。同じように、リリスが男女の相性で良い方が良いとか、そんなものは二の次である事も。多くの人が一つのテーマで盛り上がるのは、一度は学習で通る道なので良いのですが、だからと言ってそれが重要とは言っていないのです。

もし間違ってるものを覚えていたら意味はないでしょう。惑星とサインは抽象度が高いキーワードがあって、そこから解釈で抽象度を下げて行くとき、下げすぎて自分の感情や思い込みとこじつけで盛り上がってる人もいます。そうなるともうただの言葉のアート作品です。世界は私中心に回ってるというやつです。

私は周期的に、キーワード中心の基本を読み漁る時と、優良な解釈を沢山読み漁る時を繰り返しています。いつでも基本を忘れてはいけないのでそうして頭に叩き込んでます。私御用達のこの基本本のクオリティがもう良すぎて良すぎて、読んでて嬉しくなります。

そして次に大切なのが、解釈を表現する語彙力ですね。微妙に意味が違う表現を数多く常に使いこなしてないと表現しきれないので、作文は常にしていた方が良いかもしれません。






Last updated  2018.01.11 01:25:42
コメント(1) | コメントを書く
2007.06.23
カテゴリ:鑑定

男性からアプローチされ、まだ気持ちが強く動いていない段階ですが、
相性はどうなのかと相談を受けた例です。
この場合は、当然お付き合いに影響しないように柔らかに、言葉を選んで書きました。

私の印象だと現実的で、安定した関係が築けそうな印象を受けました。月と月の
好位置。土星がシナストリーで効いていること。実際にこれが結婚となるとどう
なんだろうと思いますが。決して恋愛感情をかきたてるようなシナストリーではない。
彼の太陽に多くの彼女の惑星がコンタクトをとること。彼が持たないエレメントを
彼女が多く持っていること。この関係は本人たちが望めば結婚も有り得ると思いました。
良くあることですが、結婚相手は本能的に自分にないDNAを補う相手に納まって
しまうことがあるものです。この場合も、自分にないエレメントに惹かれているのは
明らかです。でも、関係は楽しいものではないでしょう。

彼女の月が山羊座にあることで、もしかしたら長く続けることができるものかもと思いました。
月が山羊座にある人なら土星が効いた関係でも十分にやっていけるのかもと思いました。
身近でも同じような例を持っています。
月が土と風のエレメントにある場合、情緒的には頑強であるといえるでしょう。
彼に対して人として尊敬を感じるという事実と、さらに月がこの多くの制限を乗り越える
潜在力を示しています。

彼女が結婚を一つの責任の形としてその制限を受け入れるのなら、男性から強く
アプローチされ、男性の想いの方が強いことは、結婚は女性にとっては、伝統的に
一般的に幸せなものと言われます。
結婚が続くかどうかは別ですが。

もう一つの重要な部分は、現在のトランジットの状況です。彼にとっては一生に一度の
転換期に当たります。彼女にアプローチするだけに、彼の太陽に天王星が乗っています。
今年いっぱい続くのと、彼女の今年の幸運期と重なります。シナリオはやはり二つです。
結婚を前提に堅実に交際をして来年初めに結婚をするか、突然別の道に進むかです。

ネガティブなポイントとして、シナストリーの非常に強い離別様相です。
彼女の火星に彼の土星のスクエア。これは経験的に言って、破壊的な結果になりやすい。
ステイルメイトという言葉が当てはまるようで、興味深く感じます。差し手がもうなくて
へたにさせば王手をとられてしまう。そういう緊張、引き分け状態ととれるでしょう。
これはスクエアだから当然動的な結末が来る。普通は火星が我慢が出来なくなるでしょうね。

彼の太陽水星合に彼女の土星のオポ。これはコミュニケーションの切断につながるし、
これも土星側が疎遠にしてしまうんじゃないかと思います。

彼女の5室のルーラーに冥王星のオポのトランジットがあって、男性に出会いました。今年は
幸運な木星の保護の下にいて幸運なのですが、それと同時にキロンのトランジット様相の
元にもいます。これからの展開の中でここがちょっと気になったところです。








Last updated  2007.06.24 15:27:27
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.09
カテゴリ:鑑定
最近来た相談内容の中で、占い師が一番困るような内容がありました。
でもちょっと無料ならこんな事聞いてみようと思う人がいるのでしょうね。

----------------------------------------------------------------
今までやりたいことをやってきたけど、そろそろ結婚したいと思います。
いつ頃できて、また、どんな人が私のパートナーとなりますか?
----------------------------------------------------------------

はっきり言って分かりません。と言いたい。。
教科書的にはプログレスやトランジット、特にネイタルに未婚ぽいってなければ、
ある程度の推測は出来るが、経験上では思いもがけない機会から始まることが多い。
特に現在の具体的な悩みと言える程の事でもない、こういったものが無料鑑定
には来るのですが、オマケニ、出生時間も確かでないらしいです。
いつ来るかより今あるのがどうかを吟味する方が早かろうと思うのです。
私の場合、ちょうど20代、30代の人は私の太陽、金星に冥王星が乗る人の確率が高くて、
挑戦的に困難に感じてしまいますね。そのうち年齢層も変わるのでしょうが。。

これらの女性達の年齢を考えると、出会いはすぐそこに来ていることを願って
いるのでしょうが、実際に期待通りの結果が出る確率は低いし、結果を見る時
占星術とカウンセリングは別の技術と思い知らされます。

例え5年後に良縁の可能性が見えても、今すぐでないならきっとがっかりするでしょう。
真実を知らせないほうが良い場合もあるから、本当に研究や勉強だけしている
ほうがどんなに楽かと思ってしまいます。


ところで、最近の傾向として不思議なことがあるのですが、自分の木星に
ソフトアスペクトの太陽を持つ人が現れるということです。
何故なのでしょう。
これはその人の太陽に今トランジット木星がソフトアスペクトであることと
関係があるのでしょうが、何故か『ある一つの誕生日』の人ばかり目にするのです。

偶然の確率以上のエネルギーがここに働いているのは確かです。






Last updated  2015.10.12 18:05:02
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.