Moon Phases

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

その他

2015.10.14
XML
カテゴリ:その他
2015年10月15日〜11月12日ーー非常に注目すべき時期です。大きなニュースが出やすい時。世界で社会で明らかになる何か。すでに表面化したことが話題になる時かもしれないし、重大な何かが決定される時期かもしれない。それは個人に影響するけれど、チャートに示されてる人にとっては運命的と言える出来事だと思う。しかしその結果は今は気づかないが、後に分かるような大きなものかもしれない。
これは覚え書きということにしておこう。






Last updated  2015.10.17 18:41:07
コメント(0) | コメントを書く


2014.01.20
カテゴリ:その他
日本でボイド時間と言われるものの名称ですが、海外サイトでは過去、未来のカレンダーが載ったものが見つかります。

未来を予測するのに手っ取り早くイエス、ノーで判断出来るが故に厳しい現実さえ分かってしまうボイド時間。企業の会議など海外では取り入れてるところもありますが、個人レベルでは、それを見たくも知りたくも無い人がいるので、あえてリンクはここには載せません。

私の近年の使い方としては、大切な事務手続きやら意思の表明など大切な場面でボイド時間は避けます。



1.ファーストミーティングチャートの考察

誰か他者との関係の行方を予測するのに、初会日のチャートを見ます。その出会った時間がボイド時間なら、早くも遅くも関係は決裂すると予測出来る。自分にとって影響力のある人、意味のある人を抜き出して調べてみると良いです。

私もこの方法で決定的に面白い事実が出ました。ボイド時間に出会った人とは必ず無駄になります。

ボイド時間が沢山あるわけではないし、人生で意味のある人に出会うことも多くはないでしょう。だからこそ、予測の結果は鮮やかに意味を持つことになる。






Last updated  2015.08.25 19:30:38
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.04
カテゴリ:その他
アストロロジーとはもっとシンプルであるべきだと思う。
土星の象徴そのものの古典、伝統的占星術の時代に戻ろうという向きを感じる。しかしアストロロジーも時代は天王星の象徴に移行してます。前時代の権威的な構造の中に取り残されて、枠組みやヒエラルキーの中でastrologyという「学問」が、コンピューターの発展に伴って個人のツールになろうとしている中で、権威主義が必死の抵抗をしているかのようだ。冥王星が山羊座に入室してから、権威の変容は既定路線であるのに、誰が権威の解釈をお布施を払って有り難く頂戴したいでしょうか。天王星は誰もに独立独歩と自由を与えます。天王星はユニークさと天からの恵みだけにトップを張らせます。本物である事とビジネスの成功は全く別物です。たかだか象徴の解釈に、講座とヒエラルキーの会と金が必要なのか疑問です。実用心理学の観点から観ると、避けるべき理由を一論文に出来ると思う。権威は土星ー水星を駆使し、あらゆるドグマで信者を作ります。私は知らないのではなく山羊座に惑星が無いので、権威主義に全く「興味」が湧きません。今日私がこのテーマを思いつきで取り憑かれた様に書いているのも、今日の自分のトランジットが水星/土星というだけです。この宇宙の事実はこれです。あるがままに事象と象徴を受け入れれば良いのです。

自分流はアート作品

よく国が変われば象徴の解釈も変わるとか、一般的解釈を知らないか誤解しているだけで、自分の解釈にとても拘る人がいます。基本の解釈から必死に一捻りして「自分流」を創り出す人がいます。それをもし繰り返せば、フォーチュンテリングというアート作品が出来上がります。名前は何でもいいです。掴みの良いミステリアスなものを付けて商品化すれば良いだけです。世の中には沢山出ています。そこは創作者の海王星パワーの見せ所です。少なくともそれは楽しみであって、自分の人生を預けられる程の信頼性があるものとは程遠くなります。私たちはAstrology、西洋占星術とは何かというもっとシンプルなツールに目を向けるべきです。自分でこれを使いこなせれば自分の人生の危機ですら平常心で居られる強さを貰えます。






Last updated  2017.07.16 13:19:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.01
カテゴリ:その他
トランジットを見ていると教科書通りの出来事が起きる(特にタイミングとして)ので、ああ何故多くの人はこの変化を知りたくないんだろうかと一人哲学的になるのですが、良い事ばかりでは無いので占星家には鋼の心臓が必要だなとつくづく思います。

海外のアストロロジャー同士が初めて会う場合、自分の占術タイプを挨拶の時に表明するそうです。こういう占星家の層の厚さが素晴らしい。私は古典(伝統的な)の基本を周到した完全なる現代手法を取り入れてます。その理由は既に書いたのかもしれませんが、私の水星がその理由でしょう。ストレスとリンクフリーの水星だからです。コンピューターで誰でも天文歴を駆使出来る時代になったので、それが難しかった時代の古典的手法のみを使う意味がなくなったのです。純粋に小数点以下の数字が意味を持つようになります。それも伝統的手法の基礎あってこそです。

占星術とは惑星が示す象徴を、占星術師の出生の惑星のエネルギーを通して言語化する段階で、最も純粋な意味を伝えることだと思っています。

そうすると、間違った検証や資料や心のバイアスやエゴに色付けされたものが正確だと言えるでしょうか。人それぞれの無意識のエネルギーパターンを通すのですから間違いやカオスは当たり前ですが、それを少なくする努力で真実に近付けると思っています。ですから自分の経験よりも、多くの修正が加えられた先人の基本解釈が間違いないのは明らかです。

一言で言えば、占星家は自我エネルギーを全く入れてはならない。

西洋占星術そのものを批判する人が言いました。もしこれが本物で使えるものだとしたら誰がやっても結果は同じでしょう?と。それに対する理論的な答えはその通りです。

西洋占星術は誰が出しても結果は同じです。

私が知る限りの解釈知識では、それらを使う全世界の占星家が同じ結果を出します。そうでないように見えるのは(西洋占星術に限って言えば)、占星術師が自分の個性と体験を取り入れ過ぎてるんでしょうねと言うしかありません。

私も個人の経験を基本に近づけるよう修正をしながら、己の思い込みを切り捨てる事に特に力を入れるようにしてます。人の数だけ実例があるのですから、一生修行の道にいると思ってます。
一つの価値観として、人と違うものがオリジナルで商品価値を上がるという事実があります。しかし西洋占星術において真実を明らかにする段階にオリジナルは存在しないと思ってます。取り入れる手法の種類と数に個性はあってもそこまででしょう。結果が現実と違うなら、それは占星術師が紡ぎ出した言葉のアート作品です。

現代手法の未来予測にはありとあらゆる方法がありますが、どれをどう使うかで実力が分かれます。奥が深いです。私は日本語出版された解釈本を全く読みません。それは既に確立されてる解釈があるので、私の中の混乱を避けるためです。

もし出生の水星に多くの惑星が様相を持つなら、専門の領域に深く関わっていくだろうと予想出来ます。






Last updated  2015.09.04 15:25:00
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.01
カテゴリ:その他
(占術)予測覚書

2010年07月30日00:54

7月31日朝5時40分から二時間ほど、天上で4惑星が綱引きをします。




2010年07月30日 01:01

7月31日朝5時40分から二時間ほど、天上で4惑星が綱引きをします。

これ見た最初の印象は、えー何があるんだろう。

カーディナル0度に惑星を持つ方は、出来事満載かもしれない。

何故って、カーディナル0ですから、大っぴらに何かが起こるって事です。

だから、個人だけでなく、社会的な出来事もここで起こるってことでしょう。

関係する惑星は、火星合土星に相反する天王星合月

突然の気分の変化で事故に遭わないでね。

ここにヘッドのある人は、人生の転換期ですね。

それも、抗うことの出来ない波に乗せられてる。

てんびん座での火星と土星の抑えられたエネルギーが大爆発です。

実際には土星オポ天王星が0度で滞在中なので、出来事は進行中のはず。

それの引き金になるのが、今回のトランジット。

出来事は数日間の猶予で起こるはず。。


カーディナル0度に何もない人は、何も感じないですよ。

ご安心を^^


私の場合、ソフトアスペクトで関連してる。

とってもソフトです。。




上記は覚書のようなもの。

起こらなきゃ良いんです。

私予測を長年やってると、おおぴらに予測してみたくなります。

これこそカーディナルの意味かナ...


出来事ととしては、法や契約、パートナーシップ、結婚、すべての人間関係に関すること。マンデンはやらない私だけど、これは社会的にはどう出るのか興味あるところです。牡羊座の意味をどう解釈するかがポイントですね。下手に話すより傍観に徹したいです。

ここ数年で、この度数に蝕が落ちてたら一大事。






Last updated  2010.09.13 17:18:54
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.29
カテゴリ:その他
アストロロジーカオス

Libras are mean!!
http://www.nodeorama.com/viewtopic.php?id=4468

海外のアストロフォーラムサイトですが、こちらも日本のサイト同様カオスです。

てんびん座の人たちは意地悪!...

そのからくりは??



このトピの質問への重大な答えが書かれてるけど、それに言及出来てるのはトピッ

ク立てたご本人ともう一人。あと一人は掠りました。トピ立て本人はてんびん座ア

センダントだから、事象を客観的に見られるからこその問題提議でしたね。ご本人

うすうす理由は気付いては居たみたいですが。




以前、ある人が世話になった人に面と向かって辛辣な言葉で皮肉って去って行きま

したが、目の前でそれを見た時、その最後っ屁のからくりが上記と判ってたので、

内心「お~凄い。。。とうとうやっちゃったよ^^;」と思ったものでした。




ところでアストロロジーフォーラムってポイントずれた自分話する人ばかり。それ

は日本も海外も同じみたい。

この場合てんびん座を敵に回せるくらいのトピ名だけど、てんびん座だからこんな

もので済んだけど、「おひつじ座の人は意地悪」なんてトピにしたら罵声飛び交って

たかもしれない。あーどこもかしこも言霊は怖い。。


アストロロジーは不必要なものを棄てて、その芯にあるシンプルパターンを読める

かに掛かってるんですけどね。

私なら出生時間のあるチャートを見たら、この人が何座の人が敵に見えるか、ある

いは、全く感じないで居られるかも判断できる。ただそれを見ても仕方ないからし

ないだけだけど、相性はかなりデータ集めたから、こういう事象全てが検証対象で

す。フォーラムは学びの庭です。カオスの中でもパターンは見つかりますからね。




続きはmixi日記にて。。







Last updated  2010.03.30 02:38:56
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.14
カテゴリ:その他
殺処分20日まで延長された子たちを助けて。

http://satooya-bosyu.seesaa.net/article/137702016.html


少しでも多くの人の目に触れると良いな。

すべての子を助けられないのが悲しいです。

涙なしではいられなかったですね。






Last updated  2010.01.14 20:02:19
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.16
カテゴリ:その他
ブログ開設してから今日で1400日になりました。

長いですね。書いてない日のが多いんですが。








Last updated  2009.10.16 16:24:27
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.10
カテゴリ:その他
占星術の象徴は、いつでも知識欲と宇宙の神秘と真実を教えてくれる。時にトランジットの様相が、たとえば金星オポジッション土星であったとしても、必ずその日の愛情運が悪いとか、愛情を制限されたとか感じる訳ではないはずです。それが象徴の面白さであり、解釈の奥深さを教えてくれる。数日後、数週間後のトランジットの惑星の組み合わせを見ると、多分に言える事は、その時期、自分に影響を与える人物が誰かを示すことも多い。経験上、半分以上の確率でこれは当てはまる。宇宙のエネルギーは、シンクロニシティという象徴の形でそこかしこに現れる。もし木星/金星の様相がトランジットで見られれば、あなたともう一人の人のシナストリーにこの様相がある場合がある。あるいは、この様相を持った人のエネルギーに出会うという意味になる。予測占星術では、こんな小さな象徴の示す意味さえ実は理にかなっていることが、統計上で理解できるでしょう。

前述の土星への金星のトランジットでは、12室土星へのオポジッションなので、此処で突然出会ったのは、ふと取り出したリズ・グリーンの本「Saturn:A new look an old devil」によって、12室の土星の悩める意味に光が当てられたという事実です。それが、どれ程まで心の安息になったかは分からない。けれど、土星の意味をこれでもかと知らしめること。それが現在の土星が意味する苦しい経験とリンクして、定義づけることで救われたような感じさえ覚えました。

それは12室の意味とサインの意味を合わせて、現在起こっている心の変化や経過をそのまま言語化されていて、驚きを隠せなかった。12室の水サインのハウスにあれば、現代の心理学では説明しきれないと言う。でも書かれたそれには、大概の要点は揃っているという感触を得ます。自我を溶解し奉仕の世界で生きるべきを強いられる感覚は、時に物質世界で総てを手に入れた後に、内在された何かがやってきて、破壊と罪悪感を含み噴出する。唯一の救いが、孤独の中の安息を手に入れることであるとは。ここの説明で書かれたような厳しい状況は、サインによって様相によって違いはあるでしょうが、此処に土星がある者にしか分からない、あるいはある者でさえ捕らえることの出来ないものを示してます。私にはその意味を少しずつ理解できたようで、金星のオポジションという様相がそれを見つけてくれた、そんなトランジットの日でした。






Last updated  2009.09.11 00:46:18
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.01
カテゴリ:その他
占星術の技術の中で、プロが優先すべきものがありますが、
それがレクティファイと言われる時間修正。
プロはレクティファイの技術を磨くことをまず一番にしなければ
ならないんじゃないかということを言いたいだけです。

それをしようとしないのは、真実を見ようとすることをやめることだと
思う。それはアストロロジーを極めることではないと思ってます。

例えば、タロットもサビアンも海王星的印象派世界ですよね。
事後の説明は出来ても、予測はこの方法では不可能だと
思います。
占星術の象徴があるとすれば、さらに象徴を増やして複雑で
分りにくいものにしている。ただでさえアストロロジーが疑似科学と
言われるのに、こちらはオカルトの世界に近づきたいように見える。

でも、「アストロロジー」があるとしたらこういう「フォーチュンテリング」
系技法も人が必要としているものだから、需要に対して供給が
あって良しだと思います。
でも私はアストロロジーについて語っているので、ここをきっちりと
分けたいと思います。


鑑定などでは時間をかけてそうする必要がない事も多いから、
そうすると仮の時間出して可能なことだけ見ることになりますね。
だから時間なんて何でもいいわけで、よく正午にするのは、一番
月の位置の誤差が少ない場所ってだけのことです。
つまりハウス位置とアングルは無視した状態で、アスペクトとサイン
だけを読むだけです。

ただ私が思うには、1室に太陽を持ってくるソーラーチャート読みは
いわゆる太陽星座占いという雑誌などの多数の人を対象にした
方法ですよね。この用途に限って使うのには良いってこと。

日本でもこの技法を雑誌の記事で書かれてますが、問題があると
すれば、これを一般のクライアント向けにも使ってしまうことですね。
まったく起こることは、言葉の創造ですから。


海外でも雑誌の記事用のソーラーチャート読みを、カウンセリング
専門の一般のプロの占星家は、別のものとして見てます。
とは言っても一般大衆用の分析法が記事を通じて占星術への
興味ある人を集めるものだから、利益になることにも確かと言います。

海外の記事で素晴らしいものを読んだことあって、それを読む限り
太陽○○サインは今年こんな運勢ですよっていうので、楽しむには
良いと思った。でもこれが私の運勢と同じではないから、自分の
時間があるチャートで同じように読んで欲しくないと思います。

それからネイタルのハウス位置は、その人にとっての真実が一つ
(真の出生時間)しかないはずだから、仮のハウスで読むのは
理屈にあってないと思う。
出生時間があるのに、ソーラーチャートで読むのは本末転倒。


人が好きなものを使うというのは間違っていないけれど、ただでさえ
海外のような高等教育機関がない日本の占星術界では、目にした
真新しいものってだけで取り入れたくなる傾向があるように見えます。
だから、ミッドポイント占いとか、そのうちイーストポイント占いとか
出てくるのかなと思ってしまう。第3のプログレスとか作り出す人が
出てきたりとか。

一つの新しい技法が人を引き付けるのは、新しいレストランが
出来たので行ってみたいと同じようなもので、飽きれば次に行くだけ。
最後に本当に残るのは、全ての技法を真実を追求する形で
取り入れた人だけが、本当の占星家になるような気がします。
これは理想だから私の独り言ですが。。

前にも同じこと書いたような気がする。
でも自分のブログだから、いいよね、。。。。






Last updated  2008.05.04 21:27:07
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.