2007.05.09

なつかしのプエンテ

カテゴリ:日記

今日ちょっと音楽関係の事調べてたら、ティト・プエンテのことを見つけて、
7年前にお亡くなりになってたんですね。
ラテン音楽を代表するミュージシャンで、作曲家、バンドリーダーとしても
活躍してました。ラテン・ダンス・ミュージック界の偉大な存在です。

ネイタルチャートを見ると、水星と木星のオポに海王星でTスクエア。
テールにうおの金星があり、正確に言うと天王星と金星のMPにノード軸が
重なります。火星は演奏、手先の技術をも示す双子にあってノーアスペクトです。
火星のノーアスは落ち着きがなく、エネルギーで溢れてて、その通りの
パフォーマンスでした。

この方を始めて知ったのは10年以上前で、ラテン人の友人に連れられて、ライブを
見に行った時。ステージのすぐ目の前で大響音で最初は聞いてました。
ティトの生演奏は、あれが最初で最後の本当に貴重な時間だったんですね。
食事も終わった頃、サルサのノリの良い曲だから、なぜか楽しくなって最後まで
休みなしで踊り続けました。
彼のティンバレスのパフォームする姿は今でもよく覚えてますよ。
その時記念にCDも買っておいたんです。

当時はこのパラグアイ人の友人といろいろ遊びました。彼女は水瓶座で、やっぱり
型にはまらない行動が、月が水瓶座の私には本当に楽ですね。
やっぱり水瓶座同士ですから、国籍も年齢も全く超越してる関係でした。
ロンドンのカジノ、ヨガやベリーダンスとか。骨董品めぐりとか。
今より私はずっと若かったし、あの頃が華だったような気がするなあ。

今だったらサルサの曲で踊り続けられるかな。
その前に静かなところにいる方が良いと思ってしまう。





TWITTER

Last updated  2007.05.09 08:04:46
コメント(0) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事