000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ぐりーんふぃーるど

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


muko88

Freepage List

2010/07/02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
1ヶ月ほど前のこと 

  免許更新の案内はがきが届き、開いてみると講習区分が”準優良”とある

運転免許センターに電話して経緯を聞きましたが、まず免許の更新をしてくださいとのこと。

それが先週後半に電話があり、”優良に変更になりました” とのこと。

発端は5年前の信号無視の反則切符  2005年2月5日の交通違反

2005年2月5日 午前8時過ぎ
○土浦学園線で水海道方面から土浦方面に進行中、つくば市つくば学園警察前の交差点を通過後、東大通の交差点手前で後ろからパッシングしてきた車があるのに気がつきました。
この車は車の前部分に赤い灯火が二つともっており、パトカーだろうと思いました。
このとき車の上の赤色の回転灯やサイレンはつけていませんでした。

パトカーであることに気づいたので、東大通の交差点前で停止しました。
パトカーから警察官が降りてきたので窓を開けると、”次の交差点を過ぎてから左によって止まりなさい”との指示をうけました。

○交差点を通過するときに黄色信号だったが、交差点内で赤信号に変わったのでそれがとめられた原因だろうと思い、指示通りに東大通りを過ぎてから左によって停車しました。

○交差点と通過した時の状況ですが、私は交差点の右側、右折レーンに車が止まっていることは認識していましたが、特にパトカーであるという認識はありませんでした。
交差点に黄色信号で進入したときの速度は60kmくらいだったと思います。
横断歩道を超えたときには黄色信号でしたが、その直後赤信号に変りました。
このとき私の車は交差点の中でした。
位置ははっきり覚えていませんが、真ん中付近だったと思います。
このときの状況は私の子供も覚えていました。

○免許証が入ったバックを持って車から降りると、警察官からパトカーの後ろに乗ってくださいと指示がありました。
パトカーの後ろに乗ると、どこへ何をしに行くか聞かれたので、自宅から子供を学校に送っていくところと返答しました。
このとき、子供を学校へ送っていくために手続きを早く終わらせないとという気持ちと、3日前に免許の更新をして、ゴールド免許になったばかりなのにということから動揺していました。

○一人の警察官が、最近事故が多くて気をつけてもらわないと困りますとの話をした後、私から、”これで止められるのはちょっと厳しすぎるのではないですか、みんなこれくらいの運転で走っていますよね。 車に荷物が多くて、とまると交差点に入ってしまうのでいってしまったんですよ。 警察署の前だからとめたのですか。”と聞きました。 
すると警察官は”そんなに荷物が多いんですか。でも実際パトカーがいればみな止まりますよ”と答えました。私は”気がつくのが遅かったんだなと言いました。”このとき気がつくのが遅かったというのはパトカーに気がつくのが遅かったという意味でそういいましたが、実際には信号を見ていたのでパトカーには気もついていませんでした。

○この間、私の違反内容についての説明は一切ありませんでした。
警察官の一人が反則金の納付書を示し、2月14日までに反則金を納付すればよいこと、納付しなかった場合は出頭する必要があるとの話がありました。これを受け取りました。

○警察官から書類を差し出され、何も説明がないまま署名欄に名前を書いて、左人差し指で黒い印肉で判を押すようにいわれました。
違反の内容については説明も確認もまったくありませんでした。
そのときは子供を学校へ送っていくこと、違反をとられたことに動揺していましたので、内容を確認せず、そのまま署名と指印を押して交通反則告知書を受け取りました。

○子供を学校に送って、自宅に戻る途中、家に帰って話をするのにちょっと気が重くて、交通反則告知書を見てみると、反則事項の欄に、信号無視、信号機信号・赤色 の欄に○がつけられているのに気がつきました。
自分の認識と違うことに気がつき、そのままつくば学園警察に行き、交通違反告知書を提示して対応してくれた警察官を呼んでもらいました。
担当の警察官が来て、調書を作りますということで、先ほどの状況を思い出し、確認しながら調書を作成してもらいました。

○調書作成の折、”交差点内に車がいることに気がついていた”との記載がありましたので、交差点内ではなく停止線のところだと指摘し”内”を削除して”交差点”に修正してもらいました。
項目数はたしか6まででしたが。その後の白紙部分はそのままあけてありました。
本来ならば線を引いて追記できないようにしておかなければならいのではないかと後になって気がつきました。
この調書の写しはもらっていません。

○調書に記載した内容 
・交差点を黄色信号で進入したこと。
・交差点で警察官に止められたこと。
・5年ほど前にシートベルト不着用で違反をしたこと。
・違反の内容について説明を受けなかったこと。
・違反の内容を確認しなかったこと。
・反則金を支払う意思があること。
だったと記憶しています。 
○調書には、反則金の支払いをする意思があると書いてもらいましたが、調書をとっていただいてその結果がどうなるかがわかるまでは、反則金を払うのもおかしいと思い告知書に記載してある出頭日時である3月1日に出頭することにしました。

○今回の取締りには納得できない点が2つあります。

1つは黄色信号で交差点に進入したのに赤色無視の違反内容になっていたこと。
また違反内容を告げずに、特に違反内容の確認もせずに署名押印を要求されたことです。

2つめは、パトカーに次の交差点を超えて左に寄せてとまるように指示されたときのことですが、このとき赤色灯もサイレンもつけずに赤である信号を右折レーンから直進して私の車の後ろに来たことです。これはパトカーの信号無視になるのではないでしょうか。

できるだけ内容を覚えておくために、帰宅後すぐにこの文章の作成をはじめ、作成後、保存。

   
受け取った交通反則告知書記載内容
 番号C637993
告知・交付日平成17年2月5日
   午前8時08分
茨城県つくば中央警察署 
司法巡査 *** 孝
反則事項 信号無視 信号機信号
     赤色

違反即通告書の内容に大きな食い違いがあったため反則金の支払いをする気がなくなったので放置していましたら3月1日に土浦警察署に出頭するように通知が届きました。

通知にしたがって3月1日に土浦警察署の担当の部署に出向くと赤色の反則通知書を渡され、今日反則金を支払えば裁判にならずにすみますよといわれました。

先日の再度調書を取り直した部分が記載されているかが気になったので調書を見せていただけますかとお願いすると見せてくれました。

巡査の交通事件簿の記載は
違反の現認については“(私の車が)停止線の手前20mで信号が赤に変わったものを認め赤信号で交差点を通過した” と記載されていました。
私への反則内容の通知についても“交差点の20m手前で赤に変わったのを認め赤信号無視を告げた”とある。

添付されていた絵にも交差点の右折レーンで右折待ちの位置にパトカーが記載されており、信号は全て赤と記述されていました。

前を向いているパトカーに乗っている警察官が赤信号になった瞬間に後方20mの位置に私の車がいることを距離も含めて一人の人が確認していたなんて考えられず、また二人だと同時に判断するのは不可能ではないかという気がしました。

私と私の息子の記憶では少なくとも交差点に入るときには信号は黄色であったのは確かです。

これらの食い違いに納得がいかなかったので反則金は支払いませんとことわり、納付書だけをを受け取りました。
    以上 2005年3月1日 記録


土浦警察署への呼び出し以降は裁判所からの呼び出しも何もなく5年がたちました。

そして、2009年12月22日の日付で運転免許更新手続きのお知らせが届きました。

裁判所からの呼び出しも何もなかったので違反自体がなくなったのだと思っていたのですが、更新後の免許の講習区分は準優良となっており、ゴールド免許ではない内容となっていました。

これはまた納得できないと思い、1月6日に茨城県の運転免許センターに電話で問い合わせし、以前の経緯を説明したところ、違反したとの認識がないのに違反したことになっているを修正することができるが、免許の更新が終わって、不利益が生じた時点で異議申し立てをする権利が発生するとのことで、とにかく更新をしてください。
それから再度免許センターに問い合わせて異議申し立てをしてくださいという話でした。
でも申し立てをしても変わることはほとんどないですよ。 
それでも不服の場合は正式の裁判になりますとの話がありました。

しかたなく誕生日前にとにかく更新するため2月3日を予定していたところ、警察から自宅に電話があり、誤りがあったため準優良から優良に変更になりましたとの内容を妻が受けました。

先日の電話での問い合わせがなかったら準優良のままでの更新になるところ、異議申し立てをしなくても間違いという説明で優良に変更になったわけです。

対応していただいた免許センターの方が調書と再度取り直した調書の記載の差の大きさに間違いという形で変更がされたのだと思います。

免許センターの方の仕事はまっとうなものだと思いましたが、一方の切符を切った警察官の仕事ぶりはなんていうものでしょうか??
署に戻る前にもうひとつノルマがこなせた、ラッキーっていう感じで止めたのでしょうね。


これで今後の不利益はなくなったのですけど、このまま黙っているのもなんだか・・・
  あちこちにさらしてみるかと思ったりして


皆様 ながいくだらない文章を最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 会社や生活の場でも納得できないことってたくさんありますよね。
でも、事実と異なっている、思惟的なものには撒かれたくないです。

 でもちゃんと判断してくれることもあるんですね。









Last updated  2010/08/28 01:28:30 PM
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

Comments

Dappa@ Re:誰でも楽しもう霞ヶ浦 前夜祭と寒風大会 2015年1月10-11日(01/11) うーん、誰でも寒風と千葉知事杯、うまく…
Dappa@ Re:誰でも楽しもう霞ヶ浦 体育の日大会 2014年10月12日(10/12) 反省しない反省会だったんですね。 それが…
Tatu@ Re[2]:本日の福岡堰 2014年3月23日(03/23) こんにちは! 返事ありがとうございます!…
muko88@ Re[1]:本日の福岡堰 2014年3月23日(03/23) TATUさん はじめまして!  福岡にお住ま…
TATU@ Re:本日の福岡堰 2014年3月23日(03/23) はじめまして。 福岡!に反応してしまいま…

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.