213276 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気まぐれパンダ市場

2017.08.08
XML
デアゴスティーニの「籐でつくる小物とバッグ」で
フレンチバスケットを作りました。


今回は第5号・6号連続で仕上げる作品です。
前半の5号では、かごの下半分を作りました。


後半は、ゆるやかに広がるように編み進むのですが、
はじめの3~4段ぐらいで全然広がらず、あせりました。

「また失敗作が増えるんかい……しょんぼり
と暗い気分で編んでいるうちに、
なんとか広がってくれました。

広がれ! 広がれ!
と、強く念じることが大切なようです。
気合炎です。


持ち手(取っ手?)のぐるぐる巻きは、
「私のことだから、絶対すんなりできるはずない!」
と思っていたのに、これも奇跡的にすんなりできました。

テキストどおり、7周めでぴったり! 
これは気持ちいい!

今回は付録に底板があったので、
底を作る必要がなく、わりとラクチンだった気がします。
でも作ったものの、何を入れていいのやら……。


今までの材料の残りで、
ミニサイズのかごなど作ってみました。

手前の二つがそのミニかごです。
ちょっと不細工ですが。


今回で「籐でつくる小物とバッグ」はやめることにしました。
全90号なのに6号で脱落……。

大きな理由は、
作りたい、使いたいと思うものがあまりないから。

創刊号とホームページに、
今後の作品のラインナップが出ていますが、
私が作りたいのは、
シンプルめの収納かごやかごバッグでして……。

ラインナップの中で作ってみたいのは、

・調味料入れ(第16~17号)
・三本矢来のフリーボックス(第22~25号)
・三つ編み止めのかご(第42~44号)
・木目編みのバッグ(第79~84号)

ぐらいです。今のところ。

これからは、ほしい時だけ買おうかなと思ったりしますが、
もう近所の店では手に入りにくくなるだろうなぁ。





もう一つの理由は、今はいいけど、
寒くなると水を使う作業はきついだろうなと思うから。

手が冷え性&荒れ性なので、冬は無理です。
炊事用の手袋して籐編みって、たぶんあかんよね。

定期購読、申し込まなくてよかった……。
全員プレゼントのオリジナル工具ケースには、
ちょっとそそられたけども。


じっくりプロジェクトの「波あじろのかごバッグ」は、
底だけできました。

内袋の作り方も教えてもらえるみたいだし、
第30号まで買って完成させるつもりだったけど、まあいいか。



“なかなかいいゴザでござるなっしー音符

いや、ゴザじゃないし……。


カトラリーケースとか小物を置くトレーによさそうなサイズですが、
完成させる材料も腕もないのでこのまま放置かな。


この2カ月間に作ったものを並べると、
数々の苦労や喜びが走馬灯のように……きらきら



前から竹や籐などの自然素材でかごを編んでみたかったので、
いい機会になりました。満足ですハート(手書き)

たぶんテキストには、
水に強い紙を使ってあるんですよね?
水がバンバンかかってるのに、紙がきれいなままだし。
それに気づいた時、ちょっと感動しました。


このデアゴスティーニを始めてから、
ネットで他の方の作品や感想を見るのが、
かなり楽しみでした。

皆さま、がんばってください!
私はこれにて失礼いたしまする。
















最終更新日  2017.08.21 13:18:30
[■籐手芸(早々と挫折)] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

日記/記事の投稿

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.