機械じかけのオレンチ

フリーページ

2005年10月31日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
現在8体目の巨像を攻略中・・・

ゲームとしてはオーソドックスなシステムだけれど、
見え方が違うとこうまで印象が違うとは。
基本的に映像の力はゲーム性とはあまり関係が無いとの
持論を持つワタクシですが、このゲームにはある程度の
見え方の美しさが必要ですね。

女性(王女?)の魂(死んでる設定)を蘇らせる為に
謎の巨像を探し倒すワンダ。使えるのは剣と弓だけ。
フリークライミングのように巨像にしがみつき、
急所までの正解ルートを探る道程は明らかに普通の
アクションゲーム。それほど難しい問題は無い。

しかし、美麗で物悲しく、神々しくさえある巨像に
上り詰める様は、何となしに人間の愚行を映し出す
ように見えてしまう。これほどまでの犠牲と引き換えに
死者の蘇生を望む愚かしさ。巨像に刺す剣を振り下ろす
時、爽快感は希薄でCMの言を借りればやはり
「最後の一撃は、・・・せつない」

そう、このアクションゲームの本質は切なさなんじゃ
ないかと思う。通常のアクションゲームってのは快感の
追及にある場合が多い。
このワンダと巨像には確かに攻略の妙もあるし、
達成感と爽快感もあるにはある。

しかしなぁ・・・僕にはどうみても巨像には神々の影が
見える。それに挑むちっぽけな存在に感情移入出来ず、
どうしても巨像に感情移入してしまう。だからやっぱり、
最後の一撃が喩え様もなくせつない。。。

この切なさを生み出す要因に映像のリアリティが必要
なのは明らかで、恐らく初めて映像の良し悪しがゲーム
性に意味を持つかなぁって思わせられたかな。
これはブリキ細工の箱の組み合わせのような巨像と、
○と+<みたいな人間との戦いなら、あまり意味の無い
ゲームになっちゃうね。

ゲームとしての良し悪しはさておき、
久しぶりに魂を揺さぶられるゲームです。
ICOってゲームもやってみないとイカンなぁ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2005年10月31日 21時24分02秒
コメント(2) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/090ozln/ 俺…
 ゆう@ とうとう出ちゃったね うわさは本当だったよ。 http://himitsu.…
 なぞのおんな@ W21SAはお気に入り 新機種も出て今更W21SAかも知れませ…
 HALU@ いつか私も♪ ちょこっと触らせていただきました。 今…
 HaLu@ やりたい・・・ ネットゲーム・・・ハードルが高いですな…
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.