000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

慢性ビタミンG欠乏症

PR

Calendar

Recent Posts

Category

Archives

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ちかぴぃ〜

Favorite Blog

食べて旅してたれて… meemee01さん
--DEARS--Rapish+Gac… G-familyさん
ダーリンはフランス… ミミ Paquetさん
海人とーちゃんの元… 海人とーちゃんさん
大好きいっぱい YuuTaさん

Comments

naked fish@ Re:さようなら、水野晴郎さん・・・(06/11) こんにちは。水野さん亡くなったのですね…
ちかぴぃ~@ Re[1]:海外旅行の予約完了♪(06/09) がんばる!エコロ゜+。:.☆さん >つーか…
ちかぴぃ~@ Re:いいですね海外…(06/09) TakuTaku.comさん 去年の夏頃からブログ…
がんばる!エコロ゜+。:.☆@ Re:海外旅行の予約完了♪(06/09) どこの国かな? 海外かぁ~~~ もう1…

Rakuten Card

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

シンガポール旅行

2007年11月22日
XML
カテゴリ:シンガポール旅行
そろそろ忘れかけているっぽいシンガポール旅行記ですが・・・。
せっかく画像があるので最後までいきたいと思います!

今回は滞在したホテルはGoodwood Park Hotel Singapore。

http://www.goodwoodparkhotel.com/index.html

昔は最高級ホテルとして有名で、とてもとても泊まれるようなホテルではなかったんですが(笑)今は経営者も変わりサービスもそこそこの歴史あるホテルというところです。

オレンジの三角屋根が有名なかわいいホテルですが(記念撮影には最高!)赤いカーペットがひかれた階段を昇り毎度毎度そこから出入りするのは非常にたいへんで、通常出入りはその奥にあるエントランスからということになっていました。

オーチャードロードから徒歩圏内で、側には日本人の大好きなDFSがあります。

4泊したのですが、ちょうど館内の一部(ハイティーで有名なL'Espresso)と宿泊棟の一部が改装中でした。
ま、しょうがありません。

朝のビュッフェ、テラス席で食べてみたりしました(笑)
こんな感じの眺めで爽やかな風が心地よかったです。
土砂降りのスコールが降っていたときは中で食しましたけどね。

テラス席1

テラス席2

テラス席3

ココで朝食~ランチ~ハイティー~ディナーまで楽しめるわけで・・・。
みんなに見られて泳ぐ勇気はないでしょう!(笑)

日本人の姿もちらほら・・・。
年配のご婦人にオムレツのオーダーの仕方を聞かれましたが、そういえば滞在中に日本人観光客と会話したのはコレだけでした。


それで、今回4泊もした!(笑)部屋はこんな感じ。

ホテル1

ホテル2

イスの奥がテラスになっていて、
下をのぞくとプライベートのプールがもう一つあります。

ホテル3

お決まりの大理石のバスルーム。

ホテル4

ホテル5

天井にはコロニアル風にファンが。
ちゃんと回るんですよ。でも回すと寒くって(笑)

ホテル6

ここのホテルの一般的なグレードのお部屋はこんな感じです。
比較的広いんですよ!?

シンガポールらしく、冷房がキンキンに効いていました・・・。

それでホテルのサービスなのですが、「あまり期待しないように」というところでしょうか。
ベッドメイキングやお部屋の掃除などは毎回違うし、部屋に戻るとテーブルとイスがバラバラに置かれたままだったり(クリーナーかけっぱなしという感じで・・・)、バスローブが交換してないときもあったし。

最高のサービスを求める人は行かないほうがいいと思いましたよ。
でもベルボーイさんやドアマンさん達はすごい笑顔で感じよかったです。

そういえば1人だけ日本語がしゃべれる人がフロントにいました。
食事から帰ってきたらその人に
「エレベーターが壊れているから、普段スタッフが使っているエレベーターを使ってください!」
と言われて連れられていったのが今にも崩れそうなエレベーターで・・・。
「私がボタンを押した後は絶対に何にも触らないでください。エレベーターが途中で止まってしまいますから!」
と言われ、インターホンも付いていない年代物のエレベーターの中での時間が非常に長く感じられました(笑)
私達の部屋は3Fだったので、あんなに怖い思いするくらいだったら階段で登ればよかったんですけどね・・・。
シンガポールのサービスとはこういうことなのでしょうね。

あ、それからここのホテルのいいところ1つ思い出しました!
宿泊棟に向かう廊下にいつも果物が置かれているんです。
ゲストに無料でふるまわれている物なので自由に持って行ってよいんですよ♪
私の滞在中は小さなリンゴでした。
朝、大きなガラスのボウルにキレイに盛り付けられたリンゴは夕方にはすっかり無くなってました。






Last updated  2007年11月22日 20時47分04秒
2007年10月20日
カテゴリ:シンガポール旅行
シンガポールのリトル・インディアで有名な激安店「ムスタファ・センター」でカレー用のスパイスを買って来ました。

1箱百数十円と非常に安いのものなのですが、ムスタファ・センターのものすごい品揃えの中から選ぶのに苦労しました。

スパイス3種 3種類です♪

開ける前から結構なシパイシーな香りがプンプンと。
ちゃんと密閉できているんだろうか?(笑)

スパイスの箱の裏

箱の裏には見慣れない文字が・・・。

でもきちんと英語でも作り方が書いてあるので大丈夫です。
ただかなりアバウトな書き方で、このスパイスも1箱100g入りなのですが一回に使うのはほんの数匙ということでした。

アバウトながら箱の裏の指示通りに作ってみることに・・・。
生のトマトも指示通りに2つ使って作りました。

チキン・カレー・セット 出来上がりの図。

チキン・カレー アップの図。

玉ねぎ3つを金色になるまで炒めましたから、味はよかったです。
でも思ったよりもうんと辛口で、やっぱり本場のカレーは辛いと再確認しました。

次からは市販のカレールーで作ったカレーにこのスパイスをプラスして使ってみたいと思いました♪






Last updated  2007年10月20日 22時17分15秒
2007年10月18日
カテゴリ:シンガポール旅行
短い旅行ではありましたが、できれば南国のめずらしい果物を食べてみたいと思っていました。

以前ドリアンのアイスクリームは食べても大丈夫だったので、パック詰め売りのドリアンにトライしてもいいかなぁ~と思っていました。
でも・・・。

チャイナタウンでもスーパーや高島屋でも、ドリアン売り場の周辺は異様なまでの臭気が漂いとても買えませんでした。
本当にすごいニオイです・・・。ダメです。受けつけませんでした。
ドリアンを売っている露店の15Mほど前から鼻をつく刺激臭に襲われました。
久しぶりに子供のように「息を止めて足早に歩く」なんてこと、やってしまいました(笑)

果物の女王マンゴスチンを食べたいと思っていたのですがシーズンではなかったようで見かけず。
ランプータンはあったのですが、露店では一山(てんこ盛り・・・)2ドル程度で売られていて買いたかったのですがあまりの量に諦めることに。
タイで食べたし、まぁいいかなと・・・。

それで高島屋で見つけたコレを買ってみることにしました。

ロンガン  「ロンガン」♪

見た感じはライチっぽく、1つの大きさは巨峰大。枝付きのまま売られていました。(露店でも同じように束ねて売られていました。山ほどで2ドル。)
高島屋は量り売りのものがあったので、これでも一番小さな束を選んだのですが~w
約700gで2.1ドルとかなりお安い♪

味はライチ似ですがライチほどクセがなく食べやすい印象。食感は巨峰みたいにちょっとサクッという感じもしました。
食後のデザート扱いで食べましたが6~7個でお腹いっぱいに。
おいしくてもそうそうたくさん食べれるものではありません・・・。

ロンガン2  皮剥きロンガン

食べきれずこっそりとゴニョゴニョして、冷凍ロンガンを時々こうして食べてます♪
(良い子はこんなことをしてはいけません!)

果物と言えば、生ではありませんが空港のセブンイレブンでこんなもの買ってみました。

ジャックフルーツ・チップス1 ジャックフルーツ・チップス

見た目はドリアンみたいですが、食べたことのないフルーツです。

そして開けて食したのですが・・・。

ジャックフルーツ・チップス2

サクサクのキレイな黄色の物体です。チップスというので薄いのかと思ってましたが、玉ねぎの2Lサイズの実のような肉厚のチップスで、不思議な甘さでした。
正直、おいしい!とは思わなかったのですが不味くもなく、めずらしいものが食べれて良かったかな~という感想でした。

ドライ・マンゴーも買ってきましたが、やっぱりマンゴーはおいしいですね♪
安心して楽しめる味です。
日本で買うよりも安く買えますが空港や免税店は高いので、スーパーがオススメです。







Last updated  2007年10月18日 17時27分01秒
2007年10月16日
カテゴリ:シンガポール旅行
シンガポールに行ったら絶対に絶対にバクテー食べに行こうと心に決めていたのに行かなかったので・・・(予想外の暑さでw)。

自分でバクテー作ってみました♪

本場のバクテーも食べたことがないのに味が分かるのか?と言われればそれまでですが~、それくらい食べてみたかったってことです!(笑)

用意したのはスペアリブ1kg(はじめてこんなに大量に購入!)と、青森産のニンニク。
そして・・・、これ!

バクテーの素 「バクテーの素~っ♪」

遥々(はるばる)シンガのカルフールで買って来ました~。

ちなみにBAH KUT TEAと書かれているのですが、シンガではTEA(お茶)をテーと発音するんですよね・・・。
それでこのバクテー、漢字で書くと「肉骨茶」。なんだか得体の知れないモノみたいですw。

バクテーの素にも数種類あったんですが、ナゼこれを選んで買ってきたかというと日本語表記があるからです♪

でも~、よ~く見ると変な日本語がちらほらと。

シンガではよ~く見かけたんですが、このパッケージにも「シソガポール」の文字が(笑)
確かにンとソは似てますけどね~、印刷する前に気が付きませんかね・・・。
BestBeforeが「この日付の前に済ませる」、酵母エキスが「酸母ニキス」、ホワイトペッパーが「ホワイトベッパー」とか・・・。

まぁそんな小さなことは右から左へ受け流して、クッキング開始です。

鍋に1.5Lのお湯を沸かし、この「シソガポールスタイル・バークツテー」の素を1P投入。
(麦茶のパックほどの大きさで、中には胡椒などの香辛料がはいっている模様)
次に豚スペアリブを1kg投入。本当なら2株らしいのだが、うんと減らしてニンニクを2かけのみ投入。
あとはアムウェイの鍋にお任せして1時間ほどカタカタ弱火で煮込みます。以上。

出来上がりはこちら。(1人前)

自作バクテー ニンニク控えめバクテー

本当はすっごくニンニクが入っているらしいのですが、ここは日本なのでね(笑)
見た目キレイな色だったら?もうちょっとおいしそうに見えたでしょうか・・・。

バクテーにも白いスープのものと黒いスープのものがあって、どちらかというと日本人には白いスープの方が口に合うらしいですが、出来上がった我が家のスープは白でした♪
ちょっとうれしかったりしました。

味はですね~、スパイシーですがオイシイです。ご飯が進みます。
スペアリブもトロトロ寸前でいい感じでした。
どうしても油が浮くのでずいぶんとお玉ですくったのですが、それでもカロリーは高そうです・・・。
おいしいけどスープのおかわりは危険です!

うちの旦那さまも気に入った様子で、「本場のバクテーが食べてみたいっ!」と申しておりましたが・・・。

「なら、もう一度シンガポールに連れてけ~!!」ですわ。

ちなみに何でも売ってる楽天でも売っていないこのバクテーの素。
興味のある方、おすそ分け今ならできますよ~♪






Last updated  2007年10月17日 00時22分25秒
カテゴリ:シンガポール旅行
今日も頑張って更新ですぅ♪

今日も「食」についてですが・・・。

今日は滞在中「ディナー」(笑)に行った「クリスタル・ジェイド・キッチン」のことなど。

クリスタル・ジェイド・キッチン(翡翠小厨)はシンガで有名なクリスタル・ジェイド・パレス(翡翠皇宮酒家)のカジュアル版的なお店。
オーチャードのニー・アン・シティ(高島屋)の翡翠小厨に行ってみましたが・・・。

すぐに食べれるかと思っていたのに、夜の8時前にもかかわらず30分も待たされてしまいました。すごい人気です。
店頭には月餅やその他のテイク・アウェイの商品を買い求める人が絶えませんし。

それにしても大陸的(笑)なんでしょうか。以前上海や香港に行った時にも感じたんですが、中国人って笑わないし?接客担当なのにとても無愛想だったりしますよね!?
ここのお店もまさにそうでした(笑)

店内には中国語が飛び交い、ワイワイガヤガヤ、ガチャンガチャン(食器の音!)がうるさく大騒ぎ。私達のテーブル接客担当のおばちゃんには英語が通じず。
やっと数字を指差してオーダーを済ませたが、なかなか料理は運ばれてこない。
どうしたのかと思っていると、マネージャーらしき人が来てしきりに「オーダー?オーダー?」と尋ねてくる。もうオーダーを済ませたことを伝えるも、なぜかまたおばちゃんがオーダーを聞きにきた。さっきオーダーしただろう?と言うと「そんなんいいから、数字を早く言いなさい!」みたいな口調でせかされてしまった。

どうやらそのおばちゃん、オーダーを端末に打ち込む際にミスしていたようで(汗)私達のオーダーは通っていなかったらしい・・・。でも絶対に謝らないし、まるでこっちが悪かったかのようにふるまっていました・・・。大陸的というのか、シンガ版中国系おばちゃんとはああいうものなのか・・・。自分達が客だと思われていないのでは?とまで思ってしまいました(汗)。

その後、そのおばちゃんがガチャガチャ音を立てて食器を並べていると、私達のテーブルにもやっと料理が運ばれて来ました♪やっとです(笑)

クリスタル・ジェイド1 クリスタル・ジェイドのコンジー

コンジーとはお粥さんのことです。いろんな食材がたくさん入っていてとってもおいしい♪サイコー♪なお味。6.5ドル。

クリスタル・ジェイド2 焼鴨麺

カリッとローストした鴨がたくさんのっている麺。細い独特の食感の麺とおいしいスープのハーモニー♪ロースト・ダックは最高でした♪
値段も驚きの6.8ドル。

クリスタル・ジェイド3 ペッパー・クリスピー・チキン

身がたくさんついた鶏の軟骨のから揚げ、ペッパーがきいていてサクサク・コリコリで止まらないおいしさでした。8.8ドル。

クリスタル・ジェイド4 揚げ餃子

サクサクの揚げ餃子の中にはプリプリの大エビ。添えられた甘口のマヨネーズ・ソースをつけて食します。いくつでもいけそうな味♪9.3ドル。

2人なので4品でお腹いっぱいでした♪
何を食べても非常においしくて、料理には大満足でした~。

ただ・・・。
例の私達のテーブルの係のおばちゃんときたら~、食事中だっていうのに私達のテーブルから勝手にイスを隣のテーブルに運んだり戻したり、食事の終わりがけになぜかチリ・ソースをもってきたり・・・。
このありがたくないサービスにサービス料を払うのはなぁ~(苦笑)でした・・・。

ここも紙おしぼりは1つ0.3ドルと有料でしたが安いものでした。
ウーロン茶は1人あたり0.8ドルですが、おかわりは無料みたいでした。

サービス料、GST込みで39.55ドル。
静かに食事とはいきませんでしたが~、おいしい中華を安く食べれました。
こんな接客のおばちゃんもいますが、味はいいのでオススメのお店ですヨ・・・。
あ~でも、次翡翠小厨に行くことがあったらですが~、あのおばちゃんにはもう当りたくないので別の翡翠小厨に行きます!!






Last updated  2007年10月16日 18時15分32秒
2007年10月15日
カテゴリ:シンガポール旅行
ブログをずいぶんサボってしまいました・・・。
シンガ旅行の記憶も薄れていってますが・・・(汗)。

シンガポール滞在中のある晩の夕食はココに行きました♪

台湾の有名店、「鼎泰豊」(ディンタイフォン)。
日本にも支店がありますが、今回はシンガポールに数店舗ある中でも一番おいしいと言われているパラゴン店へ・・・。

オーチャード沿いのパラゴンの入り口に「鼎泰豊」の看板があるのですぐに分かります。

それにしても不思議とスムーズに看板の「鼎泰豊」がディンタイフォンって読めたわ!?って思っていたら看板にはカタカナで読み仮名がふってありました(笑)
シンガポールは日本人に優しい街なんですよね~。

ディンタイフォン4 お店の看板。

ディンタイフォン5 お店の入り口。

マイクをつけたお姉さんが一組ずつ席に案内してくれます。
ガラスの向こうには10数人の職人さんがただひたすら小籠包などを作っています。

店内の席は満席で、ワイワイガヤガヤとかなりカジュアルな(笑)雰囲気。
有料の紙おしぼりとお皿などがテーブルに並べられてます。

何にするか迷った結果、これにしました。

ディンタイフォン1 ノーマルな小籠包

中のお汁が熱くて(笑)注意して食べました。8.5ドル。

ディンタイフォン2 パイコーチャーハン

お肉が香ばしくて美味。8.5ドル。

ディンタイフォン3 パイコー麺

独特のスープにボリュームのあるお肉で満腹に。
沈んでいますが、パイコーチャーハンのお肉と同じくらいのお肉がドーン!と上に乗っかっていました。満足の10ドル。

どれもとってもおいしかったですよ~♪
2人だったらこれで充分です。
サービス料10%とGST7%込みで34.1ドル(2800円くらい?)でした。

ところで・・・。
ブログを書きながら「鼎泰豊」のHPで知ったのですが~・・・。
熊本の鶴屋にも「鼎泰豊」があるんですってね・・・!?
驚きました。
世界に広がる「鼎泰豊」、恐るべし。

 






Last updated  2007年10月15日 18時48分03秒
2007年09月29日
カテゴリ:シンガポール旅行
アーサーとミニモイ・・・のHPで8分ちょっとG氏の吹き替え風景&インタビュー見て朝からお腹いっぱいです♪
それにしてもかなり吹き替えがお上手で驚きました!

シンガ旅行記の続き・・・。

今日もシンガの「食」♪

今回のシンガ旅行、コレを食べるために行ったといっても過言ではないのです!
そう!「天天のチキンライス~ッ♪」

天天チキンライス1

チャイナタウンにあるマックスウェル・フードセンターにある「天天海南鶏飯」のチキンライス~!!

シンガに行くと必ず食べていたチキンライスですが、実はまだレストランとホテル以外では食べたことがなかった私。
(やっぱりお買い物目的での旅行だと、近場のレストランで済ませてしまうのですよね・・・)
なのでチキンライスにだいたいサービス料込みで20ドルくらいは支払っていたんですよね。

たしかにシンガのフードコートやホーカーズはレストランほどきれいではないです。
お客さん達の食べ方を見ているとその理由がよく分かりますが、骨とか絞った後のライムとか、ペッペッとテーブルの上に出したり捨てたりしているワケで・・・。
同席した品の良さそうなおば様達でさえも、「どうしてこんなに散らかすかなぁ~・・・?」と言いたくなるほどに皿から薬味などを撒き散らして?いる状態。

テーブルを片付けてくれる係りの人がいるので、その後はキチンと片付けてはくれるのですが、ティッシュと使い捨てのお手拭は必携なのです(笑)

食べ物を運ぶトレーも四隅がちょっと濡れていたりもあるし、神経質な人は止めたほうがいいかもしれません・・・。

でも~!
おいしいものがあるんですよね~。しかも安い!!

今回行ったこの「天天海南鶏飯」はその筆頭ですよ♪

通常20~30分待ちは当たり前ということですが、平日のお昼過ぎということで10分ほどでゲットできました。

人気店は並んで待つ 違う店ですがこんな風に並んで待つのです・・・。

もちろんここにはクーラーなんてないので(笑)一番外れのオープンエアの席を確保。

天天チキンライス2

シンプル過ぎておいしそうに見えないかも?
でもこれが本当においしいのですよ♪
チキンはしっとりしていて、タイ米にはしっかりとチキンのうまみがしみ込んでいてパサツキは全くなく、ご飯だけお代わりした~い!と思える美味しさなのです。
横に添えてあるキューリも美味しいです。
好みでチリをつけて食べます♪

サービスで?付いているチキンスープもまずまずのお味でした。

これで1人前まさかの2.5ドル=200円です・・・!
お腹いっぱいになりますよ(笑)
飲み物入れて、2人で7ドル=560円のお昼ご飯でした。

チキンライス初体験の旦那も絶賛の味でした。
(元々チキン好きではありますけどね・・・)
私もマンダリンHのチャター・ボックスのチキンライスよりおいしい気がしましたヨ!?
ま、歩いて歩いてお腹が空いていたのでそう感じたのかもしれませんけど・・・。

ちなみに「天天海南鶏飯」は毎週月曜日が定休日です。
簡単な英語は通じますから注文は問題なくできるでしょう。
忙しいので愛想がいいとはいえませんけどね・・・(笑)

ちなみに、ガイド本にもきちんと書いてあったのに月曜日に行ったのは私達2人です・・・。
(今回、2回もマックスウェルに行っちゃったんですよね・・・w)

で、食事のあとはデザートでしょ!?というわけで・・・。

有名なエッグタルト食べに行きました。
といってもマックスウェルの近くの「東興」。

東興のエッグタルトを食す 2つも食べた欲張りさん・・・。

確か1つ1.2ドル。ひし形のエッグタルトで、甘みを抑えた卵黄の香り豊かな味でした。
ちょっと油っこい気もしましたが(笑)、他にもいろんなお菓子が売っていてお客さんがひっきりなしにやってきては買ってました。
ちょうど中秋節前ということで「月餅」も売ってましたが、直径8CMほどの月餅が1個あたり1000円くらいだったので買いませんでした(笑)
チキンライス2.5ドルの後にはとてもとても高価なものに感じて買えません!(笑)

中秋節前といえば、チャイナタウンはランタン・フェスティバルの飾りつけがされていて、夜はきっときれいな風景が見られたのだろうと思います。
チャイナタウンの小さなお店にも、色とりどりのいろんなランタンが売られていて、とてもキレイでした。

「月餅」はオーチャードの高島屋でも「特売場(特設コーナー)」が設けられ、ホテルや有名ショップなどからたくさんのお店が出店していました。
さほど広くないスペースにすごい人、人、人・・・。
人をかき分けて見に行ったのですが、値段はやっぱり1個900円~1500円位とやや高めに感じましたが、シンガポーリアンはどんどんお買い上げの様子でした。
高島屋に買い物に来る人たちは裕福なのかもしれませんし、お祭りにはなくてはならない食べ物ですからね・・・。

最後にエッグ・タルトを食べたときに買ったPボトルお茶を紹介します。
これもある意味忘れられない思い出。

緑茶といっても・・・ ポッカという文字にも安心して買ったんですよ・・・。

日本よりうんと少ない自販機ですが、ちょうど見かけて「緑茶」という漢字にひかれて買ってみたんです。
1.5ドル=120円だったかな。
ちょうど甘いもの食べた後でノドも渇いていて、お茶を飲んでスッキリしたかったんですよね・・・。

でも飲んでみてビックリ。
「甘っっっ!!」
まさかの砂糖入りですっごく甘い・・・。
しかも緑茶と書いてあるのにジャスミンティー・・・。

日本と違ってお茶には必ずといっていいほど砂糖が入っているシンガ。
この後、お茶ではなくミネラルウォーターを買って飲むことになりました。
お水のおいしさが身に沁みました!

つづく・・・。






Last updated  2007年09月29日 12時32分10秒
2007年09月28日
カテゴリ:シンガポール旅行
このところ完全奉仕の内職に追われ(ひたすら、ただひたすらにダビ作業・・・)疲れておりました・・・。
ブログのこと、忘れかけてました。

G氏関係は・・・。
水曜のレディースデーは疲労のため、やはり「アーサーとミニモイ」には行くことが出来ず。
コミュに関しては一応お試し期間中のみ会員となることにしました。
あ~、でもカキコは絶対にしないわ(笑)
大河はクランクアップおめでとうございました。
柴俊夫さんの娘さんの腰にがっちり手をまわしていたG氏に私から「上出来じゃ~!」の一言を。
今日は金曜日ってことで、フライデーのしゃがみ姿はファンはうれしいけど、そういえば台湾でもしゃがんでませんでしたか??


シンガ旅行ですが~、疲れてきましたが(笑)最後まで頑張ります。
もうちょっとだけ写真があるので・・・(笑)

前回に続いて「マリーナ・エリア」。

観覧車

世界一大きな観覧車になるそうです。
ゴンドラはまだ少ししか取り付けが終わっていませんでした。

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイにも行きました。
ホールとショッピングモールが入っている施設で、大きなドリアンが2つ並んでいるような形の美しい建物です。

エスプラネードの屋根

屋根はこんな感じです。
いい写真がなかった(笑)
観光より食べることばかり考えていましたもので・・・。

そして夕食はすぐそばにある「マカンストラ・グラットンズ・ベイ」へ。
シンガポールのB級グルメガイド本「マカンストラ」から数店舗が出店しているというホーカーズ。
広場に白い丸いテーブルが並んでいてすぐそばは海岸という、良く言えば素敵、でも実際は暑いの何の・・・というところでした。

で、食べました♪

マカンストラ・グラットンズ・ベイ

サテ5ドル=約400円(マレーシアの焼き鳥?ピーナツ・ソースをつけて食べる)と、プロウン・ミー4ドル=約320円(エビの乗っかった焼きそば)。
飲みものはテ・タリ1.2ドル(シンガの甘~いミルクティー)とグリーン・アップルの生ジュース2.6ドル。
メニューには日本語表示ありますが通じません。英語もビミョーに通じません(笑)
メニューを指差し「ワン!ワン!イエス、イエス!」という風に注文してしまいました。

サテもおいしかったですが、プロウン・ミーは特に美味でした。
飲み物はなぜ暑いのに熱いミルクティーを注文してしまったのか?と失敗したとおもいましたが、これが案外美味しかった。生ジュースはその場で絞ってくれるので冷たいしサイコーに美味しかったです。
もちょっと食べようよ!と提案しましたが、あまりお腹が空いていないと旦那が言うので、とっても安上がりの夕飯となりました。

食事中、テーブルの下にはかわいいにゃんこがやってきて、おこぼれを待ってました。
エビの美味しいところをいくつかあげたらおいしそうに平らげて、その後はまったりと過ごしていました♪

で、食後のデザートは・・・。

サカオ これ、なんだと思いますか?

エスプラネード・モールの中の「マックス・ブレナー・チョコレート・バー」に行きました。
ここ、すごく行ってみたかったんです♪
上の写真は「サカオ」という、温めたミルクにチョコのタブレットを好きな量溶かしながら飲んでいただく、というスタイルの飲み物です。
銀色の棒状のものがスプーン兼ストローになっています。
多分7ドル=約560円だったと思います。
白い陶器?の器の下には、アロマなどで使うキャンドルが入るようになっていて、いい温度に温めてチョコを溶かしたらはずせるようになっていました。

サカオを注文するときはビター、スウィート、ホワイトの3種類のチョコから選ぶことが出来ます。
私は初めてだったのでスウィートにしたんですが、ちょっと甘すぎました・・・。
食後にはビターがオススメですね、きっと。

他にもチョコを使ったメニューがたくさんあるので、甘いもの好きとかチョコに目がないという人には絶対に行って欲しいお店です♪

お店の雰囲気もいいし、お店のお兄さんは英語が話せるし優しいし、いい感じのお店でした♪

この後、すぐそばの公園から見える夜景など見に行きましたが、うまく写真が撮れてませんでした。残念でした。

つづく・・・。







Last updated  2007年09月28日 20時00分15秒
2007年09月24日
カテゴリ:シンガポール旅行
久しぶりに2ちゃんに行ったら雅のコトが話題なんですね・・・。
明日からDearsのコミニティーサイトがオープンですが、どこまでが無料でどこからが有料なのか気になるところ。


まだまだ続く・・・(多少疲れ気味です・・・)シンガの話。
今回はシンガポールの「食」その3。

カヤ・トーストも食べてきました♪

キリニー・コピティアムのカヤ・トースト

カヤ・トーストというのは、ココナツ・卵・砂糖とパンダンリーフ(ハーブの一種。コレを使っていないものもある。)で作られたジャムをはさんだパン。
現地では朝食や軽食に人気なのです。

「ヤ・クン・カヤトースト」「キリニー・コピティアム」の2大カヤ・トースト店が特に有名で、「ヤ・クン・カヤトースト」はファーストフード店風のきれいなお店が街中にも数店見かけられました。

どちらにするか迷って、私は「キリニー・コピティアム」に行くことに。

暑い中、オーチャードを歩いて、キリニー・ロードに入り、キリニー郵便局の前を通過し、キリニー警察署(分署?)の前を通ると・・・。

ありました。
「キリニー・コピティアム」・・・。
っていうか、なんだかちっちゃなちょいキタな食堂風で通り過ぎて気がつきました(笑)
写真もあえて撮りませんでしたヨ・・・。

本当は甘~い練乳が底に沈んでいて、レンゲですくって飲むコーヒー「コピ」と半熟卵のセットを食べたかったのですが、お昼前で食べれなかったのでカヤトーストだけをテイク・アウェイしてキリニー警察署(分署?)の前でいただきました♪(最初の写真)
(ポイ捨てさえしなければ罪にならないのでいいのです!)

マーガリンがたくさん入っていて、カヤ・ジャムもトロトロにたっぷりでした。
多分1ドルくらいでした。(飲み物他も買ったのではっきりせず)

キリニー・コピティアムのカヤ・ジャムは店頭で販売されているので今回買って来ました。
でもちょっと大変でした・・・。
お店のおばちゃまに「もれやすいから機内に持ち込みがいいわよ♪」とアドバイスをもらい、そのままハンドバッグにビニールの袋に入ったまま無事出国したのはよかったのですが・・・。

よくよく考えたら、テロ後の手荷物への液体持込の制限では最大で100CCの容器でなければならず、しかも密閉できるファスナー式の袋に入れておくのがお約束。

今回買ったジャム。

カヤジャム1

ドドーン!と500gだった・・・雫

値段は5ドル=約400円(だったと思う・・・)だけれど、暑い中わざわざ歩いていって買ったのに没シュートになるなんて悲しいなぁ~と思っていました。

そしていよいよ帰りの飛行機に乗る前にX線の検査です・・・。(シンガでは搭乗直前に手荷物の検査がありました)
どうせ没シュートされるだろうと思ってあえて申告せず。

でも、なぜでしょう?すんなりと通過してしまった・・・。
自立できないペースト状のものも液体とみなされるはずなのにナゼ・・・?
係のおじさん達がにこやかに接してくれたしいいのかな?
カヤ・ジャムだったから特別に許してくれたのかな?
確かにカヤ・ジャムでテロは起こせないけれど・・・。
思いもしなかった幸運に感謝しつつも、何事もなかったかのようにその場を立ち去りました(笑)ごめんなさい。


そして我が家に到着したカヤ・ジャム♪
早く食べてしまって証拠隠滅しなければね・・・。

カヤジャム2

あまり甘くなく、卵の黄身の風味豊か。
パンダンリーフの香りは気にならず、きれいな色です。
無添加・無着色。
冷蔵で1ヶ月保存可です。

我が家のカヤ・トースト?

我が家で食べるとこうなる・・・。

ちなみにサンドイッチ用のパンではさむとそれらしくなるみたいです。

次、機会があったらヤ・クンのカヤトーストのセットを食べたいです♪(ここのパンは炭火焼だそうなので~)

そして手土産もヤ・クン・カヤトーストで買いたいです・・・。
しっかりした蓋のついた小ビン入りのおみやげ用のジャムが売っているそうでした。
次は手荷物に入れて預けようと反省しています。






Last updated  2007年09月24日 12時40分16秒
2007年09月21日
カテゴリ:シンガポール旅行
来週の水曜日のレディースデーに「アーサーとミニモイ」を見に行こうかと、近所のシネコンのHPで予約しようとしましたら・・・。

めっちゃいい席っ!!(=予約が入ってないらしい・・・雫
いい席しか予約が取れない・・・。

行く気が萎えてた・・・。
(しかも~、吹き替えしか上映してないし・・・)
暑さのせいかな~、ガク熱が気温に負けているみたいです。
(オークションにも参加しそうにない私・・・)


さて、なかなか終わりませんが、シンガの観光のパート3。

マリーナ・エリアの「サンテック・シティ・モール」に行って来ました♪
大きなショッピングモールなのですが、買い物ではない大きな目的があったのですっ!

それは・・・。

ファウンテン・オブ・ウェルス1

は~い、コレです!(↑)
噴水なんですが~、これはただの噴水ではありません。
「ファウンテン・オブ・ウェルス」(富の噴水)といいまして、この場所は風水的に非常によい気があふれているそうで、「黙って願い事をしながら水を触りながら周囲を3周すると願いが叶う」とありがたい噴水なのです♪

(もちろん私もしっかりちゃっかりお祈りしてきましたヨ。)

名前の割にショボイ噴水だと思ったあなた!
それは間違いです!(笑)

この噴水は巨大なもので・・・どれくらいかというと・・・。
(人影が写っているのでわかりますか?)

ファウンテン・オブ・ウェルス2

通常は写真に写っている丸いポールのようなものから水が滝のように落ちているわけで・・・。
ビルが建っている場所に道路があるので、そのを車で走っていても見えるくらいのおおきさなのです。

想像のつかない方はこんな感じです!

一日に数回、滝のような噴水を止めてくれるので、こうして側に近寄れるというわけです。

ちなみに警備員のインド系のおじ様がいらっしゃいまして、「銅鑼(ドラ)」が置いてあったので時間が来れば「濡れちゃうよ~!」と銅鑼を鳴らしてしらせてくれるのでしょう。

夜になるとレーザー光線のショーがあってキレイなのですが、旦那が「きついからイヤだ」と色気のないことを言ったので行けませんでした。

レーザーショーはこんな感じで、本当にキレイですよね~♪
次行くことがあったら見てみたいです。

ちなみに噴水に触るのも、レーザーショーも無料です♪
暑いシンガではオススメの観光スポットです♪
(夕食をサンテックでとった後にレーザーショーなんていいと思います。いい店あるし。)






Last updated  2007年09月21日 15時14分15秒

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.