006901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あなた自身の自由を追求してください!

PR

プロフィール


楽天19767649

カレンダー

バックナンバー

2022.06
2022.05
2022.04
2022.03
2022.02

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

Astrologer Online@ Ask Expert Astrologer Experience in Analysing hundreds of hor…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.05.13
XML
カテゴリ:商業



選択ポイント1:損害保険の内容に注目する。


6種類のカバーに絞ることが望ましい。


メイン、ホームインプルーブメント、インテリア、これらは家居保険の基本的な3つのカバータイプです。


配管の破裂:このタイプの保護は多く使用されており、損害保険の請求率も比較的高い。


家庭賠償責任:お子様がいらっしゃるご家庭で、高いところから物を投げられたり、ご自身の配管が破裂したり、ご自宅が火災に巻き込まれたりすることが心配な方は、家庭賠償責任付きの商品を購入されることをお勧めします。


Burglary Liability:近隣の治安があまり良くない場合、Burglary Liabilityは非常に重要である。


選び方のポイント2:家財保険の補償額に注目する


家財保険は、医療保険と同様、損失補償の原則に則り、保険金の額は実際に被った損失を超えることはできません。


家財保険の補償額はそれぞれ別個のものであり、中小企銀行加入すべき正確な金額は、お客様の実際の状況やニーズによって異なります。


選択肢3:家財保険に加入できるのか?


同様に住宅保険にもいくつかの制約があり、主なものは以下の通りです。


住宅の構造:鉄骨やレンガのコンクリート、レンガや木材、土木建築は一般的に対象外です。


住宅の種類:一般的に都市部の住宅、農村部の集団物件、小規模物件、セルフビルドの住宅、工場、店舗等のみが対象となります。


築年数条件:古い家屋のセキュリティリスクを考慮し、20年、30年の築年数に制限した製品もある。


場所:一部の商品は雲南省、貴州省、四川省に限定される場合があります。


自分に合った商品を契約できるよう、カバーする範囲や関連する技術製品の要件を事前に理解しておくことが重要です。


注目の記事:


プライバシーとデータを保護するための4つのヒント!


5GとAIがどんなものかを伝える、記事を読んで理解する、技術を楽しむ


Artificial intelligence and 5G are slowly becoming a reality







最終更新日  2022.05.13 17:01:49
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.