GT-ONE 楽天タグ講座 パイプ奮闘記

壁紙の使い方!

初心者のためのHPの飾りつけ教室VOL.3


【初心者のためのHPの飾りつけ教室VOL.1】はこちらから


【HPの飾りつけ教室VOL.3】!壁紙って何?



★ 壁紙の使い方 ★

    【壁紙は、ページの雰囲気をがらりと変える強力アイテム】

    壁紙はページの背景に敷き詰められた画像です。同じ内容のページでも、背景の「色」や「柄」を変えるとまったく違った印象になりますね。
    ページの要素となる文字や画像も背景の「色」「柄」に大きく影響を受けます。そういった意味で非常に強力なアイテムですが、使い方にも十分注意を払わないと、そのページを台無しにしてしまう恐れもあります。


    【壁紙の選び方】

    まず、言えるのは、自分のページの内容を良く伝える「色」「柄」を選ぶ事です。
    「色」「柄」は見る人に大きな心理的影響を与えます。ページの内容にマッチした物を選べば、伝えたい事柄をより強く印象付ける事が出来ると思います。

【テーブルクロス風】 クロス

【犬さんの骨】
骨

【ひよこさん】
ひよこ

ここで、よく見かけるホームページにレシピに付いて載せているホームページがあります。そういう方は、例えば、一番上のような、テーブルクロスをイメージした背景を使うと、いいのではないでしょうか。また、ペット関連のホームページの方などは、犬とか猫をモチーフにした壁紙を使うと、一見しただけで、ああここは、こういうページなんだなって、訪問者に判ってもらえますよね。

また、ページ全体をトータルに考える事も重要だと思います。
壁紙を選ぶ時には、そのページに使う他のアイテムの「色合い」や「風合い」も考えて見ないといけません。実際に組み合わせて見て、試しながら決めて行きましょう。

 時々、壁紙が主役のようなホームページがあります。 でもあくまでも、「テキスト」が主役だという事を忘れてはいけません。壁紙の上に「テキスト」を載せる場合は、壁紙の柄にまぎれてテキストが読みにくくならないように注意しましょう。フォントカラーにもよりますが、濃い柄の壁紙を使う時は特に注意が必要です。非常に見づらくなる事があるからです。

私は、個人的に「シック」な壁紙が好きなので、この様な暗い物を使っておりますが、「フォントカラー」には気をつけているつもりです。

たとえば、この様な「フォントカラー」を使ったらどうでしょうか。
背景に負けてしまっていますね。この様なときは、


    無地の背景色のテーブルなどを配置して、その中にテキストなどを流し込むといいと思います。

    こんなふうに・・・!



色々な壁紙がありますが、私の所にも、いくつか掲載してあります。
行って見てください。【壁紙チェンジャー】です。フォントを白にしていますから、
壁紙を変える事で、どのように見えるか判りますよ。(*^_^*)


【HPの飾りつけ教室VOL.2】 LINE(区切り線)って何?


★ LINE(区切り線)の使い方 ★

    【レイアウトデザインの第一歩はラインから】

    「ライン(区切り線)」はHTMLでの<HR>タグの水平線と、同様な役割をする画像素材です。ラインはページ上を個別の意味の固まりごとに分割し、見やすくするために用います。長い文章を章毎に区切ったり、表題と本文の間、本文とフッターの間を区切ったりする使い方が多いのではないでしょうか。



    ここで、HTMLで書く「ライン」<HR>のタグが出ましたんで簡単に説明しておきましょうか。
    上の、黄色のラインはこの<HR>タグで書いたものです。

    <HR SIZE="4" COLOR="#FFFF00">

    と書いています。

    <HR>と書きますと



    となります。

    <HR SIZE="4">  とSIZE="4"を書き込みますと、



    となります。

    <HR SIZE="4" COLOR="yellow">  と COLOR="yellow" を追加しますと、



    となります。

    このように簡単に「ライン」が入れられますので、「ライン画像」と、併用して使って見てはどうでしょうか。

    【色々なライン(区切り線)】


    bnline1






    ■ ライン画像を表示するのは、画像のタグを使うのはいうまでもありませんよね。

    みなさん御存じのとうり<IMG src="~画像のURL">で表わされますね。

    【ライン素材の選び方】

    ライン素材には、シンプルなものからイラスト風なものまでさまざまなものがあります。
    基本的にはシンプルなもので構成したほうが、センス良く仕上がると私は思っております。
    イラスト風なものは、タイトルとか本文の間など、強く区切りたいところに使えば効果的なんではないでしょうか。


    【ラインの使いすぎに注意】

    「ライン」は、シンプルなアイテムですが、画面を大きく横断して切り分けてしまうわけですから、視覚的に強い印象を与えます。あまり多用し過ぎますとかえって本文を読みにくくする事があるので、注意が必要です。




【飾りつけ教室 MENU】にもどる。






Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.