GT-ONE 楽天タグ講座 パイプ奮闘記

Freepage List

【写真集】


■ 玄関 ■ 


■プチ講座MENU


【日記の雛形・罫線】


【もう一つのプロフィール】


■【おもしろタグ教室MENU】


バナーって何!


プレート教室VOL.1


プレート教室VOL.2


アニメGIF製作VOL.3


画像


アップロードとは  


アイコンの使い方!


壁紙の使い方!


【バナー&プレート置き場】


.    


.      


.    


  


.


【壁紙チェンジャー】


【リンク集】


   


.   


     


.         


【キリ番】


   


  


   


  


  


  


  


  


  


 


  


  


  


マーキー


グラデーションフォント 


色々なスクロール1


色々なスクロール2


色んなスクロール3


  


   


【カラーサンプル】カラーコード表


【カラーサンプル】カラーネーム表


(*mm)   


!  


スクロールを消す


  


  


TABLEでページ一覧を隠す


.


φ(..)


.


スイッチで表示


【日記リンクの皆様】 


( ̄‥ ̄)=3 フン


      


 


           


■【HPの飾り付け教室MENU】


   


TABLEで整理整頓  


アニメGIFって何!


      


画像を貼り付けてみよう


リンクを貼って見よう


楽天での壁紙について


壁紙の位置指定


 


【飾付VOL10】


test


雛形1


Rum Rose


remon


【My PIPE Collection】


【マイ パイプ コレクション001~010】


【マイ パイプ コレクション011~020】


【マイ パイプ コレクション021~030】


【マイパイプ コレクション #31~#40】


レストアの仕方


2004/06/27

 
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 日記 GT-ONE WEBSITE 【プチ講座】
 ファイル 編集 表示 お気に入り  ヘルプ(ご質問掲示板  プチ講座

    5月27日以来お休みしていた【初心者のための日記でTABLE講座!】を今日は引き続き書いてみますね!
    前回は【初心者のための日記でTABLE講座!8】属性の説明(4) で BACKGROUND(背景画像)を入れるところまで説明しました。
    今日は ALIGN と VALIGN について書いてみます。
    ALIGNとVALIGNについて!

    ALIGN の属性をTABLEタグの中に入れますと、TABLE を左(left)、右(right)、中央(center)のいずれかに配置できます。

    此処に文字!此処に文字!
    此処がセル内です此処がセル内です
     ←このテーブルは ALIGN="left"と指定しています。テーブルの幅は width="60%" と指定しています。左に寄っていますね!
    テーブルに続けて、テキストを書きますとテーブルの右側にテキストが廻りこみます。
    お判りでしょうか!
    廻りこみを解除したい時は、テーブルのタグを終わらせる</TABLE>の後に<BR clear=all>を入れますと、テキストや画像は廻りこまないで、改行してテーブルの下に行きます。

    では、テーブルを右寄り(ALIGN="right")にしてみましょう。
    そうしますと、テキストが左に廻りこみますからそれを<BR clear=all> で解除してみます。
    此処に文字!此処に文字!
    此処がセル内です此処がセル内です


    ALIGN="right"と指定しました。
    そして、</TABLE>の後に<BR clear=all>をいれて、テキストを書きますと、このようにテキストはテーブルの下に改行します。
    お判りですか?・・・お願い判って・・・(-_-;)

    また、ALIGN="center"と指定しますと、テーブルはセンターリングします。
    センターリングさせた時は、テキスト、画像などは廻りこみません。
    そのまま、改行してテーブルの下に行きます。

    ALIGN="" を書き込まないで、配置を指定しなければ、テーブルは左寄りになります。
    そして、テキストなども廻りこみしないで、改行してテーブルの下に行きます。
    ・・・判りますよね・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

    では、テーブルを右寄りにした時のタグを書いて見ます。↑この上のテーブルですね!

    <TABLE border="10" bordercolorlight="pink" bordercolordark="deeppink" align="right" bgcolor="tan" width="60%" height="" cellspacing="20" cellpadding="20"><TR><TD align="center" bgcolor="deeppink"><FONT SIZE="+1" color="white">此処に文字!</font></TD><TD align="center" bgcolor="deeppink"><FONT SIZE="+1" color="white">此処に文字!</font></TD></TR><TR><TD bgcolor="#CEFFCE">此処がセル内です</TD><TD bgcolor="#CEFFCE">此処がセル内です</TD></TR></TABLE>
    このテーブルの後にこのようにテキストなどを書きますと、このテキストはテーブルの左に廻りこみます。


    廻りこみを解除する時は、テーブルのタグをくくる</TD></TR></TABLE>の後に<BR clear=all>を続けて入れます。
    その後からテキストを書きますと、廻りこみません。



    ここまでは、お判りになりましたか?

    では、ALIGN の属性をセル <td> の中に入れてみましょう。

    ↑上のタグの中には、すでに ALIGN="center" が入っています。
    一行目の2個のセル<TD>の中です。見つかりましたか?
    ALIGN を セル<TD> の中に入れますと、セル内のデーターが表示される位置を指定できます。
    ここでは、ALIGN="center"と指定していますから、セル内のテキストや画像はすべてセンターリングします。
    ALIGN の属性は横方向の指定になります。
    ALIGN="center"は中央揃えに
    ALIGN="left"は左揃えに
    ALIGN="right"は右揃えに

    縦方向は、VALIGN で指定します。
    VALIGN="top"は一番上に
    VALIGN="middle"は中央に
    VALIGN="bottom"は一番下に
    これらの属性をセルに入れたテーブルをを書いてみます。

align="left" valign="top"align="right" valign="bottom"
align="center" valign="middle"ALIGN VALIGN指定なし

    タグを書いておきますので、見比べて見て下さいませ!

    <TABLE border="10" bordercolorlight="pink" bordercolordark="deeppink" align="center" bgcolor="tan" width="80%" height="" cellspacing="20" cellpadding="0"><TR><TD align="left" valign="top" bgcolor="deeppink" width="50%" height="100"><FONT color="white">左上に表示されます</font></TD><TD align="right" valign="bottom" bgcolor="deeppink"><FONT color="white">右下に表示されます</font></TD></TR><TR><TD align="center" valign="middle" bgcolor="#CEFFCE" width="50%" height="100">中央に表示されます</TD><TD bgcolor="#CEFFCE">指定しなければ左揃えの中央になります</TD></TR></TABLE>

    お判りでしょうか!
    では!みなさんがんばって下さいませ!( ̄へ ̄|||) ウーム
    ε=ε=ε=(┌ ̄)┘ダッシュ!
    Copyright (C) GT-ONE WEBSITE 2002-2004 All Rights Reserved







Last updated  2004/06/27 03:02:00 PM
コメント(5) | コメントを書く


PR

Profile


gtone

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.