GT-ONE 楽天タグ講座 パイプ奮闘記

Freepage List

【写真集】


■ 玄関 ■ 


■プチ講座MENU


【日記の雛形・罫線】


【もう一つのプロフィール】


■【おもしろタグ教室MENU】


バナーって何!


プレート教室VOL.1


プレート教室VOL.2


アニメGIF製作VOL.3


画像


アップロードとは  


アイコンの使い方!


壁紙の使い方!


【バナー&プレート置き場】


.    


.      


.    


  


.


【壁紙チェンジャー】


【リンク集】


   


.   


     


.         


【キリ番】


   


  


   


  


  


  


  


  


  


 


  


  


  


マーキー


グラデーションフォント 


色々なスクロール1


色々なスクロール2


色んなスクロール3


  


   


【カラーサンプル】カラーコード表


【カラーサンプル】カラーネーム表


(*mm)   


!  


スクロールを消す


  


  


TABLEでページ一覧を隠す


.


φ(..)


.


スイッチで表示


【日記リンクの皆様】 


( ̄‥ ̄)=3 フン


      


 


           


■【HPの飾り付け教室MENU】


   


TABLEで整理整頓  


アニメGIFって何!


      


画像を貼り付けてみよう


リンクを貼って見よう


楽天での壁紙について


壁紙の位置指定


 


【飾付VOL10】


test


雛形1


Rum Rose


remon


【My PIPE Collection】


【マイ パイプ コレクション001~010】


【マイ パイプ コレクション011~020】


【マイ パイプ コレクション021~030】


【マイパイプ コレクション #31~#40】


レストアの仕方


2009/08/15
XML
カテゴリ:パイプ奮闘記

  ボウルトップのレストアとリペア( ̄^ ̄)b3回目!
 ファイル 編集 表示 お気に入り  My Pipe Collection  ら・ピエール 『レストアの仕方』はこちら! 画像はクリックで拡大します

    前回はサンドブラストのボウルのトップをリペアしてみましたが、
    今回は、スムースのボールをやってみます。
      

    ご覧の通り、プリンスのトップは、タールでべっとりです。多分いくらか、トップオフしているはずです。
      
    まずは、ボウルに付着した、タールや汚れを拭き取ります。
    無水エタノールを入れた噴霧器で満遍なく吹き付けます。
    ボールトップにもたっぷり吹き付けます。
    このパイプは、ある程度カルナバのワックスが残っておりましたが、
    2~3回の拭き取りで、すべてタールと一緒に落してしまいました。
          
    ボウルトップのタールは、一筋縄では、落とすことが出来ません。
    エタノールを噴き付けながら、リーミングナイフなどで削ぎ落としていきます。
     
    傷などに入り込んだ、タールなどはブラシなどを使って落とします。
    ボウルトップから徐々にリム ボウル内もリーミングしてあげます。
    リーミングし終わったものが↓真ん中の画像です。
          
    焦げ落ちたリムを均等になるように馴らします。#240のサンドペーパーでトップの幅に気をつけながら削ります。
    まずは、ボウルの生地を出すことに専念します。
    そうしますと、焦げ落ちた程度などが分かってきます。
    もっと、トップオフしていると思っておりましたが、この程度なら、リムを整形するぐらいで、
    私は「よし!」とするのですが、今回はトップのリペアですから、トップも整形しましょう。
     
    ボウルのトップを整形します。
    平らな面に#400程度のサンドペーパーを置き、円を描くようにボールを削っていきます。
    こうすることにより、フラットな面が出来ます。
          
    ボールトップのフラットな面が出来ますと、トップの幅とリムの歪さがはっきり判る様になります。
    リムを均等になるように#400のペーパーで削りそろえます。
     
    この作業を#600・#1000 と繰り返しますと、生地仕上げは出来上がりです。
          
    最低でも#1000まで 磨きを掛けます。
    そうすることによって、塗装の載りと仕上がりが一段とよくなります。
    生地仕上げは、終了です。
    右上の画像が今回使った道具です。サンドペーパーは#240・400・600・1000です。
     
    次回は、いよいよ色付けしてみましょう!
     
    というお話でした。
    では!........((((ヘ_ _)ヘ カサコソカサコソ
     
    Copyright (C) GT-ONE WEBSITE 2002-2009 All Rights Reserved


 
under20






Last updated  2009/08/15 11:15:05 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Profile


gtone

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.