2009/08/16

ボウルトップのレストアとリペア( ̄^ ̄)b4回目着色!

(7)
カテゴリ:パイプ奮闘記

  ボウルトップのレストアとリペア( ̄^ ̄)b4回目着色!
 ファイル 編集 表示 お気に入り  My Pipe Collection  ら・ピエール 『レストアの仕方』はこちら! 画像はクリックで拡大します

    では、着色してみましょう!
    柘製作所から出ている、パイプ用染料を使います。
    今回使うのは、「茶色」と「黒」です。
          
    まずは、リムを削ったサンドブラストに黒染料で着色してみましょう!
    1~2ccの無水エタノールにモールの先にちょこっと染料をつけ溶かしますと、薄い黒染料の溶液になります。
    決して、染料の原液をそのまま使いません!そのまま使うと大変なことになりますよ!
    着色した後、5分ほど置いた後、半渇きの染料をウエスなどで拭き取ります。
    着色終了です( ̄m ̄*)V この後、1時間ほど乾かしシェラックなどで艶出しをすれば完成です。
     
    スムースの場合は、木目出しが重要です。着色する前に黒染料で木目出しをします。
    これをしないで、いきなり茶色などで着色しますと木目が出ないでお化けのようになってしまいます。
    木目がないと、周りの木目に負けてしまって違和感がでます。
    薄めの黒染料で木目だしの後、5分ほど置いた後、ウエスにエタノールを浸み込ませ木目以外の染料を拭き取ります。
    2回ほどこの工程を施します。左の画像が木目出しが終わったものです。
          
    続いて、着色です。着色はいきなり色をつけようとしてはいけません。
    1~2ccのアルコールに茶色の染料を溶かします。蓮華に溶かしているぐらいの濃さでいいでしょう。
    数回に分けて、ボウル側面の色合いに近づくまで色付けします。
    ボウル側面にはみ出した染料は、その都度、ウエスなどで拭き取ってあげましょう!
    右端の画像が着色終了のものです。
    半日乾燥させた後、カルナバでバフを掛けて「リペア」完了です。
     
    リムを着色したサンドブラスのパイプには、シェラックを塗布します。
    シェラックについてはこちらから!
    1カットのシェラックを2度塗布しました。2度目は1度目が完全に乾いてから塗布します。
          
     
    完成です!スムースはカルナバで磨き上げてあります。
       
     
    というお話でした。
    では!........((((ヘ_ _)ヘ カサコソカサコソ
     
    Copyright (C) GT-ONE WEBSITE 2002-2009 All Rights Reserved


 
under20





TWITTER

Last updated  2009/08/16 12:20:26 PM
コメント(7) | コメントを書く