000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

フィリピンで!お得に楽しく英語語学留学

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

クラーク授業&カリキュラム

October 1, 2010
XML
パインスクラークのオプションクラスについてご紹介します!

パインスでは通常授業8時間の他に、実に充実したオプションクラスを用意しています。


1.音読クラス


文章の読み方を学び、皆で音読練習するクラスです。ちなみに新入生は必須のクラスになります! (1時間)

2. リスニングクラス


早朝(朝7時~朝8時まで) ディクテーションを中心とした中級クラス (1時間)
夕方(夜6時~夜7時まで) CNNなどを用いた上級クラス (1時間)

の2クラスがあります。

3.スピーキング、リスニング総合クラス(有料)


夜8時から夜11時まで、3時間の、みっちりクラス!! (3時間)

4.モニタリングクラス


先生の監視つきの自習(夜8時から夜12時まで)。先生に質問も可能! (4時間)
マンツーマンの個室を1人で使えるので、集中して自習ができます。

自習する生徒さん

各クラス登録制で各タームの最初に登録し、1ターム有効です。
どのクラスも大変有意義なものなので是非オプションクラスを大活用するといいと思います!

そして今タームより、そのオプションクラスがさらに充実したものに!

American Accent
TOEIC/TOEFL listening
TOEIC/TOEFL reading


のクラスが無料で受けられるようになりました。
やはりなんだかんだいってもTOEICの勉強をしたい生徒さんも多いので、これは嬉しいですね!!
(TOEFLクラスはTOEICクラスを受講後、参加できます。)そしてAmerican Accentを身につけて、フィリピンでアメリカ英語を身につけちゃってください!


ちなみに以前参加されていた大学生の日本人生徒さんは、頑張っていました!!

通常8時間クラスに加え、朝7時の早朝リスニングクラス(1時間)、夜の総合クラス(3時間)の12時間コースで頑張ってました!!
 体を壊さぬように頑張ってほしいですが、彼いわく、「日本には死体で帰ります(笑)」とのこと。
相当本気でした!!



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  






Last updated  October 4, 2010 02:15:16 AM
コメント(0) | コメントを書く


September 13, 2010
グループクラスの紹介、「Think Out Loud」

Think Out Loudというのは使ってる教科書のタイトルですが、このクラスは4人のグループクラスで、ディスカッションのクラスになります。

Think out Loud 1-6まであり、どの教科書を用いてグループクラスに参加するかは、入学時のレベルテストによって決められます。数字1から6に上がっていくに上がり、難易度が上がっていくのですが、この教科書は1でもそんなに簡単な記事ではありません。ディスカッション用のテキストなので、議論余地のあるテーマが用いられるからです。

ただ教科書を使って勉強するというよりは、教科書はあくまでテーマを与えてくれる程度に使い、メインはもちろん意見交換、ディスカッションになります。グループクラスメンバーはレベルは近いもの同士が一緒になるので、恥ずかしがる必要はありません、日々マンツーマンで磨いている、スピーキングスキルをグループクラスで発揮してください!

Think Out Loud1

授業は一人一人、意見を求められるのはもちろん、2対2になって、ディベートを行ったり、時にはプレゼンテーションや、先生役となって授業進行を任されたり、あるいはゲーム(ジェスチャーゲームや単語パズルなど)を行ったり、先生によってもバリエーションは様々です!

Think Out Loud2

グループクラスは個人の話す時間がマンツーマンより少ないので非効率的だという意見を以前、時々生徒さんから聞くことがありましたが、私はそうは思いません。

なぜなら、グループクラスで発言するときとマンツーマンで話す時のプレッシャーの度合いが違うからです。他の生徒さんの前で話すのは恥ずかしいと感じて、最初は発言が控えめになるかもしれませんが、そうならない為に予習、準備を入念にするだろうし、周りの生徒さんの英語力や考え方から刺激を受けることも少なくないので、(特に日本人生徒さんにとってはクラスメートはほぼ全員韓国人生徒さんと考えらるのおで、意見を聞くだけでも面白いと思います!)個人的にはグループクラスというのはスピーキングスキルの上達に大きな役割を持っていると考えます!

Think Out Loud3

ちなみにディスカッションの授業で用いるテキスト「Think Out Loud」の5はこんな感じ。

Think Out Loud4

Think Out Loud5

Think Out Loud6

ストレス、食べ物、健康、文化などのトピックが中心となります。1-6までのどのテキストも難易度の差はあるものの、似たようなカテゴリーのトピックが多いです



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  







Last updated  September 14, 2010 05:06:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 1, 2010
グループクラスの紹介、「Power Writing 3」
Power Writingというのは授業の名前と共に、使ってる教科書のタイトルでもあります。

Power Writing 1-3まであり、どこからスタートするかは、入学時のレベルテストによって決められます。一応基本ライティングクラスの最上級クラスで、このクラスを終えた後は、エッセイクラスに駒を進めます。パインスの授業はプログラムが明確に決められていて、段階的にステップしていくように組み立てられています。この点は私はパインスの大きな魅力の一つだと思います。

自分で勉強したいことだけを勉強したり、自分でスケジュールを立てると、知識が偏ったり、自分のやってることに疑問を持つこともあるかもしれませんが、ここパインスでは長年の経験から構成された効果的なプログラムを受講できるので、日々の授業をしっかりこなしていけばレベルアップしていくようになっています。
せっかくのフィリピン短期留学なのですから、効果的に、効率的に勉強したいですよね!!

このクラスは8人のグループクラスです。

ライティング1

文の構成要因から、文の種類、接続詞の使いかた、文の組み立てかた等‥を勉強します。ちょっと文法の授業っぽいときもあり、理屈っぽくて、あんまり好きでないのですが、エッセイクラスに進む前に必要な知識を身に付ける授業になります。ただ、いつもわかり易い例題と共に勉強するので、そんなに難しいことはないです。

ライティング2

授業の進めかたとしては、先生が説明したあとに、例文を生徒に一人一人、求めたり、ホワイトボードに書いてもらったりして、全員の理解を確認しながら進められます。

ライティング3

ライティング4






Last updated  September 6, 2010 08:04:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 2, 2010
パインスクラークの基本授業数は計8時間

マンツーマン4時間+グループクラス2時間(4人)+グループクラス2時間(8人)
という構成になっています。

マンツーマンのカリキュラムは以下の通り

-マンツーマン-
1. Oral Reading (Pronunciation) (音読、アメリカ英語の発音と読み方の練習)
2. Reading Comprehension (読解、解釈)
3. Listening (リスニング練習)
4. Speaking (スピーキング、ディスカッション)

ここでは上記1の、オーラルリーディングのご紹介をします!

オーラルリーディング01

使うのはこの「DYNAMIC READING」というテキスト


オーラルリーディング2

このクラスでは内容理解は無視して、いかに文章をアメリカンアクセントを用いて読むか、ということに焦点を置いたクラスです。

オーラルリーディング3

「子音の連結」などのルールを用いた読み方を先生が示してくれるので、その後に続いて音読します。どのクラスでも沢山話すので水筒は必要なのですが、このクラスは必須です!!



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  






Last updated  August 2, 2010 04:34:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 29, 2010
クラーク校での各ターム最終週の金曜日に行われるレベルチェックテストについてご紹介します。

パインスでは4週を1タームとしていて、1タームで一つのカリキュラムが終了します。

そして最終日にレベルチェックテストが行われます。

なので生徒さんは4週毎にテストを受けるようになっています。


そして、このテスト結果を踏まえ、次のタームのプログラムが組まれます

テストは大きくわけて2つ

テスト1
リスニング+リーディング(読解)+ボキャブラリー   2時間


リスニング
文章全体のディクテーション(聞いたものを書き取る作業)がと内容理解(会話を聞き、その後質問に答える)

リーディング(読解)
TOEICの読解部分(短い文章を読んで、その後質問に答える形式)みたいな問題が数問

ボキャブラリー
与えられた単語を使って文を作る

テスト2
スピーキング+リーディング(音読)            10分


スピーキング
先生に与えられたテーマについて自分の意見を述べる。30秒考えた後、1分間のスピーチ

リーディング
先生に指定されたテキストのページを音読

となっております。テストの内容も生徒さんによって異なりますが、テストの形式と流れはほぼ同じだと思います。ちなみに上記でお伝えしたのは、私が受けさせてもらったテストを参考にお伝えしました。

レベルチェックテスト

レベルチェックテスト

レベルチェックテスト

これらの写真はテスト1の様子。テスト2は別室で1人1人個別に行われます。



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  






Last updated  July 31, 2010 09:41:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 20, 2010
パインスクラークの基本授業数は計8時間

マンツーマン4時間+グループクラス2時間(4人)+グループクラス2時間(8人)
という構成になっています。

マンツーマンのカリキュラムは以下の通り

-マンツーマン-
1. Oral Reading (Pronunciation) (音読、アメリカ英語の発音と読み方の練習)
2. Reading Comprehension (読解、解釈)
3. Listening (リスニング練習)
4. Speaking (スピーキング、ディスカッション)

ここでは上記3の、リスニングクラスのご紹介をします!

リスニング01

リスニング02

使用するテキストは「ECHO」というテキスト、入学時の生徒さんのレベルに合わせて、ECHO1かECHO2が振り分けられます。

リスニング03

教科書にそったMP3をスピーカーを使って流し授業が進められます。

リスニング04

基本的な授業の流れは、1日1ページ(1トピック)

1.まず全体を通して聞いて、内容理解。

2.聞き取れなかった単語や見慣れない単語のチェック。

3.テキストの質問に答えながら、Conversationを行い

4.最後に全体あるいは一部穴埋め形式のディクテーション(聞こえて来たもの書き取る作業)を行います。

とこんな感じです。

リスニング05

テキストの中には「歌」のディクテーションもあり、歌も覚えられてよいです!!

ちなみにフィリピン人も韓国人もカラオケが大好き(私の印象では)、日本の歌を紹介するのももちろんいいのですが、「何か英語の歌は歌えないの?」と言われても持ち歌が無いとがっかりさせてしまいかねません(実際私がそうでした)ので好きな洋楽をいくらか用意しておいて悪いことは無いと思います。



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  






Last updated  July 22, 2010 12:17:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 30, 2010
ここパインスでは4週を1タームとして授業が運ばれ、入学も基本的に各タームの始めからしか受け入れておりません。

毎タームの3週目には先生たちは授業を観察され(ヘッドティーチャーとスタッフが各授業を観察、5~10分程度)、評価を受けます。

先生の評価

こんな感じで観察され、点数をつけられます。先生達はさぞ緊張するだろうなと思いますが。。。。

評価の配分は

生徒による評価  40%
ヘッドティーチャー  15%
マネージャー     15%
出欠・遅刻状況  30%

という形になっており先生は合計93%以上びっくりとらなくてはいけません。

もし3ヶ月連続で93%を下回るとなんとクビになってしまうという先生達にとっては大変恐ろしい制度となっています。号泣

先生達も必死です、ただ多くの先生はこの厳しい制度の中でも長く続けられているので相当頑張っていると思います。

ここパインスクラーク自体はまだ1年という浅い歴史ですが、バギオにあるパインス本家(約10年の歴史)から優れた先生を沢山連れてきております。(先生歴3年以上も少ないです)

こういった制度の厳しさがパインズの先生のモチベーションとスキルの維持に貢献しているのだと思います。大笑い



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  







Last updated  July 4, 2010 05:29:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 23, 2010
フィリピンに来てから3つの韓国資本の英語学校を見る機会がありましたが、使っているテキストは大体同じものが多いようです。

多分ですが、他の学校でもほぼ同じだと思います。(もし、違うテキストを使っているところがあったら教えてください。)

フィリピン留学のテキスト

上の写真のテキストは、フィリピン留学をされたことがある人は見慣れたテキストだと思います。

この赤、青、紫の統一されたデザインの本。

内容は様々、英国の名門オックスフォードのものだったり、韓国出版のものだったり、なかなかよいテキストが多いです。

ここパインスではいくらかこの手のテキストを使うこともあるようです、、、、、

が!!!

基本的にはオリジナルのテキスト
を使っています。ウィンク

パインスオリジナルテキスト
パインスオリジナルテキスト

というのも、以前にも話しましたが、ここパインスでは独自のカリキュラムを構成し、短期間での上達を達成するプログラムを組んでいるため、テキストもそれに沿った形で作られています。

オリジナル

この学校に来て、驚いた点の一つがこれです。カリキュラムがかなり綿密に組み込まれているのもそうですが、テキストブックもそれに添う形でオリジナルのものを利用している点。これはなかなか強力です。ぺろり



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  






Last updated  June 29, 2010 02:14:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 22, 2010
ここパインスでは、4週間を1タームとして、4週ごとにカリキュラムが組まれます。

よって、いつでも入学ができるわけではなくタームが始まる時に入学となります。


そして肝心の授業ですが、パインスはオリジナルのカリキュラムを組んでおり、特別希望があったり、実力がかなり優れている人を除いて皆、オリジナルカリキュラムを受けます。

もちろんレベルによってコースは異なりますが、最初の月はほぼ全員同じコースを受けます。

というのも、パインスは約10年の歴史がある学校で(ここクラーク校舎はまだ1年ですが)、独自のカリキュラム構築し、短期間で効果が出せるプログラムを組んでいるためです。


パインスの授業数は

マンツーマン4時間+グループクラス2時間(4人)+グループクラス2時間(8人)の計8時間


加えて、自由参加の朝7時から8時までの早朝クラスと20時から23時間までの夜のスペシャルクラスに参加すると、なんと12時間ウィンクもの授業が受けられます!

夜の授業に関してはコースがいくつかあるのでまた追って紹介します。


最初の月は

-マンツーマン-
1. Oral Reading (Pronunciation) (音読、アメリカ英語の発音と読み方の練習)
2. Reading Comprehension (読解、解釈)
3. Listening (リスニング練習)
4. Speaking (スピーキング、ディスカッション)

-グループクラス(4人)-
1. Pattern and Situational English (パターン練習)
2. Discussion (ディスカッション)

-グループクラス(8人)-
1. Listening (リスニング)
2. Vocabulary(単語)
あるいは
3. Basic Grammar(基礎文法)

の計8時間、というプログラムになっています。


各ターム最終週の金曜日にレベルテストが行われその結果によって次のタームのコースが決められます。

よって2ターム以降は生徒さんによって受けるコースが変わってきます。


いずれにしてもコースが明確に決められているので、何を学べばいいか迷うことなく、授業の準備と復習をしっかり行えば、パインスのオリジナルカリキュラムがあなたの英語力を短期間で引き上げてくれるような仕組みとなっています。

個人的にはコースが明確に決められているのはかなり利点があると思います。

自分で学びたいことだけを持ち込んで習うと、バランスが取れなくなったり(リスニング、スピーキング、リーディング、グラマー等で偏りができてしまう)、

自分のやってることが効果的なのか疑問を持つようになったりすることがあるので、特にビギナーや中級くらいの方にはカリキュラム通りに進めていくのが効果的と思われます。


パインスにはTOEICやTOEFLなど、試験のためのコースは設けておらず、あくまで総合英語力の上達を目的としています。

そのため試験の勉強を目的とする生徒さんは自習となります。

もちろん、疑問点を先生に聞くことは可能です。スマイル



<フィリピン留学!パインスのパンフレット無料配布中>
郵送で、パインスのパンフレットを無料でお届けいたします。
もしよろしかったら、ご請求くださいね^^
パインスアカデミーの無料パンフレットはこちらをクリックしてご請求ください
  






Last updated  June 29, 2010 02:03:02 AM
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.