3338159 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*クラりん・カナたん日記*

July 19, 2018
XML
カテゴリ:今日の出来事
​韓国の益山雙陵で見つかった人骨は
韓国ドラマでも有名な百済の武王の骨だったようですよ(゜Д゜) 。

また他のニュースによると、
その棺の木材は日本産のようで。。、
当時の百済と日本の関係が、この遺骨からもうかがえますね(^-^)。



今年4月に全羅北道益山市の雙陵(史跡第87号)の大王陵で発見された人骨の正体が、薯童謡の主人公である百済武王(ムワン、?~641)であることを裏付ける研究結果が公開された。

国立扶余文化財研究所は18日、ソウル鍾路区の国立故宮博物館で記者懇談会を開き、「益山雙陵の大王陵の内部から出てきた人骨箱の102個の骨を分析した」とし、「人骨の主人公は50代以上の60~70代の高齢者であり、身長は161~170.1センチ、死亡時点は620~659年と算出された」と明らかにした。

大王陵と小王陵で構成された益山雙陵は、百済の武王と彼の妻である善花(ソンファ)姫がそれぞれ埋葬されたと知られている横穴式石室墓である。

益山雙陵の人骨は百済武王が有力






にほんブログ村






Last updated  July 19, 2018 01:10:08 PM


PR

Calendar

Recent Posts

Category

Archives

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

●リンク●

佐和君のブログ 

佐和君のブログ

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.