3167128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*クラりん・カナたん日記*

2019年05月18日
XML
カテゴリ:今日の出来事
今朝の文春さんのニュースで新たに、
悠仁さまの机に2本のナイフを置いた長谷川薫容疑者が、
ナイフを「血をイメージしてピンク色に塗装した」と
供述していることが載ってましたよ Σ(゚Д゚;)。

またこの事件の捜査は、刑事部捜査一課の他、
公安部公安総務課や極左のデータベースを保有する公安二課が
捜査していたようです (゚ロ゚;) 。

ちなみに東京の大学を卒業だそうですので、
都内の事も知っていたと思われます。

捜査一課は、ネットで目にした天皇制反対という思想にかぶれた
“ローンウルフ型”の単独型のテロリストとして見ているとか (;´・ω・) !。

更にあまり報道されない理由には、
宮内庁次長で元警視総監の西村泰彦氏は、
記者が『果物ナイフが置かれた件で』と何度聞いても、
刃物とは言わず『単なるオブジェでしょ』と、
一点張り返答だったとか。。(゜Д゜) 雫
有り得ない。。。。。(-"-;)。

宮内庁次長がナイフをオブジェと言っていたり、
その辺がすぐに秋篠宮さまへのご連絡にならなかったのも、
関係ありそうですよね。。(´・ω・|||)。


2本のナイフを血の色に塗装して、
悠仁さまを刺そうと侵入したと供述しているのに、
学校も置いた生徒を探していたそうだし、
宮内庁次長はオブジェで済まそうという認識だったり、
。。よくご無事で済んだなぁと冷や汗の出る事件です (´・ω・`;) 。


やっぱり神様が守ってくれたんでしょうね。。





「天皇家は血が濃いから駄目なんだ。悠仁さまをナイフで刺すつもりだったけど、教室にいなかったから包丁を机に置いて外に出た」

刑事部捜査一課の他、思想的背景を探るため、公安部公安総務課や極左のデータベースを保有する公安二課が捜査に関わったという。
そして4月29日に建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、職業不詳・長谷川薫容疑者(56)だった。

長谷川容疑者が生まれ育ったのは、京都市西京区の集合住宅だった。
「薫は一人っ子で、彼は東京の大学を卒業し、コンピューター関係の会社で働いていました。十数年前にお父さんを糖尿病で亡くすと、薫は持病のあった母親を心配し、東京の家を引き払って、実家で暮らすようになった」(知人)

逮捕後、取り調べで「包丁をピンク色に塗った理由は?」と問われた長谷川は、淀みなくこう答えたという。
「ピンクは血をイメージしたんですよ」

「捜査一課はネットで目にした天皇制反対という思想にかぶれた“ローンウルフ型”のテロリストに近いと見ています。また、関西で反米・反基地の集会に参加していたという情報があり、確認作業を続けています」(前出・捜査関係者)


一方、改元という慶事を前に肝を冷やしたのは宮内庁の幹部たちだった。
「宮内庁次長で元警視総監の西村泰彦氏は、
記者が『果物ナイフが置かれた件で』と何度聞いても、
刃物とは言わず、『単なるオブジェでしょ』の一点張り。
事件の矮小化を図っていました」(宮内庁関係者)


宮内庁は今回の事件をどう受け止めているのか。西村氏を直撃した。

――悠仁さまの事件で宮内庁は刃物をオブジェという見方をしている?
「直接(取材に)答えられないんですよ」
「私が答えられなくて。報道課を通してください」








にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年05月18日 10時14分59秒

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

●リンク●

佐和君のブログ 

佐和君のブログ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.