3211054 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*クラりん・カナたん日記*

2019.11.18
XML
東電さん、
またすっごい量のトリチウム汚染水の海洋放出計画してます。

年間最大106兆ベクレル Σ(T□T) 。

それを、今後ずっと行ったら、
いくら薄まると言っても魚を食べたら
体内への蓄積が恐ろしい。。。


日本の魚を食べなくとも、
また津波が発生したら、陸地にも到達もしますよね。
セシウムよりアカンのがトリチウム類雫(T□T) 。


原発事故後、福島県以外の各地ででも、
植物の奇形が2年ぐらいは続きましたが、
テレビのニュースでは伝えない事実ですね。

 ※ガーデニング好きな方は何度も見たと思います。
 私も何度も写真載せましたし。
 が、今はもう検索してもひっかからなくなりました。
 多分、とっくに削除されてるかも。


そういうのが、こんどは魚でも多く出るでしょうね。
(前は魚でもおかしなのが釣れたと聞きましたが、
その後はそのまま捨てるのか。。全く聞かなくなりました)



トリチウム汚染水溜まってしまい、
どうしようもないのから海に捨てたいとはいえ、
実行したら日本近海の魚をさける方が、
それなりに出ますよね (´・ω・`;) 。





 東京電力は18日、福島第一原発敷地内のタンクにためている処理済み汚染水について、海洋放出などで処分する場合の放射性物質トリチウムの年間処分量の試算値を初めて発表した。
処分の開始と終了の時期によって計8ケースを想定。

 年間処分量は約27兆~106兆ベクレルになるとした。
同日開かれた経済産業省の小委員会に示した。
汚染水の保管を続けた場合の影響を具体化するのが狙い。

 タンクの汚染水に含まれるトリチウムの総量を2020年1月時点で860兆ベクレルとし、処分開始日は①20年②25年③30年④35年の年始を想定。
終了日は、「30~40年で廃炉完了」とする国と東電の工程表をもとに、41年末と51年末の2通りだけを想定した。
時間とともに自然に減衰する量を考慮しても、開始が遅くなるほど平均の年間処分量は多くなった。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.11.18 12:58:03
[東日本大震災&福島原発事故から7年。。] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

●リンク●

佐和君のブログ 

佐和君のブログ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.