3088063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*クラりん・カナたん日記*

全307件 (307件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

病気や健康

2019.10.14
XML
カテゴリ:病気や健康

住宅がいったん水につかると細菌やかびが繁殖しやすくなり、感染症のリスクが高まることから、清掃が大切だとしています。

浸水から数日たつとかびが発生していることもあるため、清掃の際には、ドアや窓を開けてしっかりと換気することや、ほこりを吸い込まないようゴーグルやマスクを身に着け、清掃が終わったあとにはしっかり手を洗うよう呼びかけています。

また、清掃中は、けがをして傷口から感染するのを防ぐため、厚手の手袋や厚底の靴、それに長袖の服を身に着けることや、室内に流れ込んだ泥を取り除いたうえで消毒するよう呼びかけています。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.10.14 22:52:33
カテゴリ:病気や健康
災害時におきる「クラッシュ症候群」ぽい。。。(>_<)。
なぜ病院で疑わなかったんだろう?

医療従事者なら脳裏に浮かばない訳ないのに。。。。


都市部の病院に運ばれたならば、
きっと見逃さなかった事例かも。。。(>_<)。




 県や県警などによると、13日午前2時ごろ、宮古市築地1丁目の市中央公民館付近の山で土砂崩れが発生。
 近くの住民で、見回りをしていた飲食店経営、木村徹さん(59)が巻き込まれ下半身まで埋まった。
 消防隊員に救出された後、病院に搬送され軽傷と診断されていたが、約8時間後に病院で死亡が確認された。
死因は外傷性ショックだった。









クラッシュ症候群は、古くは、1940年のロンドン大空襲以降、主に戦災や自然災害の場で、また、事故や労働災害などの場面でも起こりうるものとして研究されてきました。

 しかし、日本における社会的認知は遅く、1995年の阪神淡路大震災ではその存在が、2005年のJR福知山線脱線事故では、瓦礫の下の医療(CSM)が注目されるに至っています。

 クラッシュ症候群は、挫滅症候群とも言います。
瓦礫等で挫滅した筋肉から発生した毒性物質が、救出による圧迫開放で血流に乗って全身に運ばれ、臓器に致命的な損害を及ぼし、死亡その他重篤な症状になるものです。
クラッシュ症候群は、心臓と腎臓への多臓器不全をもたらします。


突然死をもたらすクラッシュ症候群にご用心






にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.10.14 16:24:56
2019.10.04
カテゴリ:病気や健康

10月4日 AFP】米疾病対策センター(CDC)は3日、
電子たばこの使用と関連した肺損傷とみられる症状の患者が
1080人に増加したと明らかにした。
一連のアウトブレーク(集団発生)における死者は
18人に上っている。










にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.10.04 15:10:06
2019.10.02
カテゴリ:病気や健康
以前、胸を大きくしたことが原因で
リンパ種が起きていていることを受けて、
乳がん手術後の乳房再建を希望している方たちに向け、
文書を専門医学会が発表したそうですよ。

豊胸が乳がんの原因の一つという話とは、
別の件なんでしょうか。。。?
(昔、そういう記事を読んだことがありますが。。)





 乳がん手術後の乳房再建や豊胸のため、人工乳房(インプラント)を使った女性の一部に特殊なリンパ腫が起きている問題で、専門医でつくる日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会など4学会は1日、乳房再建を希望する患者らに向けて文書を発表した。
「インプラント以外を使った再建を含めて検討を」などと呼びかけている。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.10.02 10:50:05
2019.09.30
カテゴリ:病気や健康
私の知っている老人ホームも
立て続けに4~5人辞めたところがある(>_<)。
ヘルパーさんがいっせいに辞められて、
残りのスタッフが大変になったもよう。。雫


知っているケアマネさんも、
今年辞めちゃったし。。。


うちの母のヘルパーさんは70代後半で
老々介護っぽい感じ。



別のグループホームでは
慢性的にスタッフが足りないようで、
多分、今年も1度も草刈りをしてないと思います。
ここ数年は敷地の雑草の生い茂りっぷりが凄い(´・ω・`)。
今は大半の雑草が2mを超えています。。。
3m超えの雑草まであるし。。。雫



また別の会社に入る人もいるだろうけど、
辞めていく人も多いし、
スタッフ以外にボランティアを募集してるところもあるから、
人手不足は深刻なんだと思う。。。。


精神的にも肉体的にも重労働なんだから、
介護スタッフやヘルパーさんの給料上げないと、
(。。。というより国の補助金とかかなぁ)
つぶれちゃう施設、辞めちゃうヘルパーさんが今後も出そうだし、
そういう施設に預かってもらえないと、
身内の介護のための離職も、益々増えていくよね。。(´・ω・`)。

独り身の高齢者さんで訪問介護を受けている方にとっては
命綱を絶たれちゃうってことに。。。(>_<)。











にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.09.30 19:35:06
2019.09.23
カテゴリ:病気や健康
一昨年、キューバにある
アメリカとカナダの大使館の職員や家族、約40人が、
聴力の低下や頭痛などの体調不良を訴え、
アメリカはキューバから音響兵器による攻撃を受けたとて
両国の対立に発展した事件。

。。これ、蚊の殺虫剤の毒が原因だったようです Σ(゚Д゚;) 。

ジカ熱が流行っていたから、
殺虫剤をあちこちで散布していたようですよ。


日本でも殺虫剤や除草剤にやられると、
何年と。。入退院を繰り返す方もいますし、
下手すると一生その症状を抱え。。苦しみますものね (´;ω;`) 。


うちらの上世代の農家のお嫁さんが。。、
農薬にやられた話を何度か聞いたことがあります。
または、家族にガンが続くとかもあるよね。。。雫


まぁ。。。いつの時代も、
除草剤や殺虫剤の使用には注意が必要ですが、
スーパーや道の駅などの野菜の見た目ではわからないのが
難点ですね(`・ω・´)。





おととし、キューバにあるアメリカ大使館とカナダ大使館の職員らが体調不良を訴え、アメリカがキューバから攻撃を受けたと批判した問題についてカナダの研究所は、体調不良の原因はジカ熱を媒介する蚊を駆除するため散布された殺虫剤の可能性が高いとする結果を発表しました。

おととし、キューバの首都ハバナにあるアメリカとカナダの大使館の職員や家族およそ40人が聴力の低下や頭痛などの体調不良を訴え、アメリカはキューバから音響兵器による攻撃を受けたと示唆し両国の対立に発展しました。

血液を調べた一部のカナダ人被害者はコリンエステラーゼと呼ばれる神経組織に情報を伝える酵素の値が通常よりも低く、それが脳の一部の損傷につながったことが分かり、こうした症状は殺虫剤などに含まれる有機リン系の中毒に似ていると指摘しています。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.09.23 09:44:21
2019.09.06
カテゴリ:病気や健康
ノロは強力だから。。大変だぁ(´・ω・`)。










にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.09.06 17:09:53
2019.09.04
カテゴリ:病気や健康
栄養の欠乏により視神経症を患う事例が
貧困国の子どもにあるそうなのですが(´・ω・`)、
フライドポテトやポテトチップスだけを食べていた
イギリスの男性が視覚&聴覚障害になったそうです雫

味覚障害だけで済まないとは~。。。


食事のバランスは大事ってことですね(´・ω・`)。





 【ロンドン共同】主にフライドポテトやポテトチップスだけを何年も食べ続けていた英国の男性(17)が、視覚や聴覚障害を負った。
医師らは、ビタミンBなどの栄養素の欠乏が視覚障害などを招いた可能性が高いと指摘している。
男性は14歳の時に疲労感を訴え受診、血中のビタミンB12不足などと診断された。

 報告書は、栄養の欠乏により視神経症を患う事例が貧困国の子どもにみられる一方、先進国では珍しいと指摘している。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.09.04 10:12:19
2019.09.03
カテゴリ:病気や健康

 「余命1カ月」。今夏、そう医師から宣告を受けた千葉県船橋市の男性がいる。
「残された日々とどう向きあえばいいのか知りたい」。
しかし、がんを克服した人の話は多々あれど、死を覚悟した人が必要とする情報がほとんどない。「治らないがんもあるのに」。

 様子をフェイスブックにつづり続ける田端さんの書き込み内容は常に明るく、すぐに治ってしまうのではないかと読んだ人に思わせるほど、気力に満ちあふれていた。
フェイスブックではわざと楽観的な内容を書き込んでいたと、田端さんは明かす。

 だが病状が進むにつれ、体が伝えてくるメッセージは異なり、現実と希望に隔たりを感じるようになる。「今は調子が悪くなって寝ても、起きたらもっと調子が悪くなっている。現実はちゃんと直視していたよ」

 緩和ケアへの移行を医師から打診された。
根本治療ではなく、痛みを抑えながら余生を過ごすという選択だった。
 ホスピスへの入所を断り、在宅ケアにこだわった。
同時に、死を迎えるための気持ちの持ちよう、準備などに必要な情報を探し始めた。
 
 情報過多のIT時代にあって、生きることを前提に闘病生活をしていた時にはあふれていた情報が、死を前提としたとたん、全く見つからない。

 がん治療も高額で、誰でも手が出せるものではない。
治療法があるのに保険適用外のものもある。

がん患者が自分の意思で自由に治療の選択をできる環境は整っていないと感じた。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.09.03 18:20:06
2019.08.30
カテゴリ:病気や健康
漂白剤と塩化ベンザルコニウム(オスバンSとか)があると、
衛生面がなんとか保てそうですねグッド(^ω^)。




 ※いざという時の為、買い置きしてます。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.08.30 22:23:44

全307件 (307件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

●リンク●

佐和君のブログ 

佐和君のブログ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.