1122426 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いり豆 歴史談義

2012年01月28日
XML
カテゴリ:シリーズ京歩き

京都という町は本当にお寺が多いところで、
町中が”巨大な門前町”とさえ形容されるほど。

中でも、有名な寺院に臨済宗のお寺が多いというのも、
その特徴の一つであるように思います。

金閣寺、銀閣寺、龍安寺、天龍寺、高台寺、八坂の塔など、、、

観光地として名高い寺院の中で思いつくだけでも、これらの寺院が臨済宗で、
もちろん、他にも、臨済宗の本山となっている寺が、京都には多くあります。



もともと、臨済宗という宗派は、鎌倉・室町の頃に、
幕府からの帰依を受け、厚く保護されていたという歴史があり、
その主要寺院には、京都五山と呼ばれる格付けが、幕府から与えられたりしていました。

また、この頃、それぞれの寺院には、その各寺の特徴をとらえた、
”あだ名”のようなものが付けられていたそうです。

開祖の栄西が開いた建仁寺は、学問や文学に優れた僧を輩出したことから「建仁寺の学問面」

千利休など、茶道との結びつきが強かった大徳寺は「大徳寺の茶面」

藤堂高虎など、武将から多くの崇拝を集めていた南禅寺は「南禅寺の武家面」

寺院経営が巧みで、全国に末寺を広げていった妙心寺は「妙心寺の算盤面」 など。

それぞれ、お寺の特徴がうまく表されていて、面白い表現ですね。



さて、前置きはこれくらいにして、今回のお話は、この臨済宗の本山の一つ東福寺について。

この東福寺にも”あだ名”がつけられているのですが、
そのあだ名というのが「東福寺の伽藍面」というもの。

これは、その創設された当初、
京都でも最大規模の伽藍が作り上げられたということによるもので、
その後、幾度かの火災により、伽藍の一部が焼失してしまっているとはいうものの、
それでも、貴重な建築物が多く残っており、
その立ち並ぶ伽藍には、往時の迫力を感じることが出来ます。

実際に、ここを訪ねてみると、とても見どころが多く、
なかなか興味深いお寺であるということを実感しました。


それでは、東福寺について見ていきましょう。


東福寺三門



「東福寺の伽藍面」という言葉を、最も象徴する建物といえるのが
この国宝「三門」でしょう。

現存する最古の三門であるとされていて、
かつ、禅宗の三門としては最大規模のものであるとも云われています。

室町時代初期の再建とされ、「妙雲閣」と書かれた扁額は、
足利5代将軍・義持の筆によるもの。

楼上内部には、極彩画が描かれ、諸仏が並んでいるのだそうです。



禅堂



これは「禅堂」という建物。
坐禅の修業をするための道場です。

これも室町初期の再建ということで、
中世の禅堂として、唯一、現存している建物であるとされています。



六波羅門



この門は「六波羅門」といいます。

鎌倉幕府は、京の都に六波羅探題という出先の役所を置いていましたが、
この門は、その六波羅探題の遺構であるといわれています。

重要文化財指定ということですが、結構、貴重なものですね。



経蔵と鐘楼



この東福寺が創建されたのは、鎌倉時代の初期。

摂政・関白を務めていた九条道家という人が、
栄西の孫弟子にあたる名僧・聖一国師を開山に迎え、
九条家の菩提寺として創建したものです。

この時、東福寺という名は、東大寺と興福寺にあやかって、
両寺から一字づつをもらい、名づけられたのだといいます。

九条道家は、この京都最大の伽藍を、19年の歳月をかけ築き上げたといい、
当時、本堂には、高さ15メートルにも及ぶという大仏まで、
安置されていたのだそうです。
(この大仏は、明治14年に焼失。)


それでは、東福寺、伽藍めぐりを続けます。



東司



東福寺には、珍しい遺構もいくつか残されているのですが、
その一つが、この「東司」という建物。

何かといえば、禅寺のトイレです。

中を覗いてみると、こんな感じ。


東司の中



丸い便器が、いくつも並んでいます。

でも、トイレとは言っても、禅寺では、厳しい作法が決められていたのだそうで、
トイレに行くのも、修業の一つだったのだとか。

この「東司」は、室町初期のものということで、
現存する、最古の「東司」であるといわれています。



浴室



こちらは「浴室」。

日本最古の浴室は、東大寺にあるのだそうですが、
これは、それに次いで古いもの。
室町中期の建築です。

東大寺の浴室の場合は、沸かし湯に入る方式だということですが、
こちらの浴室は、蒸し風呂形式なのだそうです。



通天橋1



渓谷をまたいで、長々と続いているこの回廊が「通天橋」。

方丈からつながるこの回廊の景観は、本当に抜群で、
とりわけ、紅葉のシーズンには、京都でも指折りの紅葉の名所として
人気のスポットとなります。

東福寺の伽藍の中でも、ここが最も有名な場所なのではないでしょうか。

そして、この回廊を渡り切ったところに、
楼閣が特徴的なこの建物、「開山堂」が、ひっそりと聳えています。



開山堂



東福寺の開山である聖一国師を祀っている、この「開山堂」の一帯も、
これがまた、なかなか素敵な雰囲気です。

ここの庭園も、とても美しく、
ここの縁台に腰掛け、しばらく座っていると、
どこか、ほっこりと落ち着ける、そんな感じがしてきます。



堰月橋



東福寺というお寺は、伽藍が自慢というだけのことはあると思いますね。

その堂宇のひとつひとつが、とても見ごたえがあります。

この他にも、最古の客殿遺構として、寝殿造りの風情が残るとされる
龍吟庵という塔頭寺院があり、そこにも行きたかったのですが、
あいにく、この日が公開日でなかったため、拝観することは出来ませんでした。

また、この東福寺は、近代庭園の宝庫としても有名で、
由緒のある塔頭寺院が多いところでもあります。

次回も、また、この東福寺の違った見どころについて書いてみたいと思っています。
もし、良ければ、少し辛抱して頂いて、読んでみて下さいね。







最終更新日  2012年01月28日 22時25分48秒
コメント(7) | コメントを書く
[シリーズ京歩き] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

お気に入りブログ

感染拡大も冷静な対… New! turbo717さん

ターキッシュデライト 灰色ウサギ0646さん

続・外転神経(第6脳… 楊ぱちさん

陶芸を楽しむ 水彩画人 俊介さん

武州の小城 久坂 遼さん
風雲 いざなみ日記 わだつみ判官さん
書之時  華文字   華文字さん
緑と清流 神秘家の庵さん
一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

ニューストピックス

コメント新着

もののはじめのiina@ 原田甲斐のふるさと 山形県東置賜郡川西町に、原田甲斐のふる…
shimanuki@ Re:ヘボンの生涯(08/12) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株…
http://buycialisky.com/@ Re:長宗我部初陣祭ツアー(05/30) cialis gelulecialis original bestellend…
http://buycialisonli.com/@ Re:長宗我部初陣祭ツアー(05/30) cialis superior in diabetesgeneric viag…
隠れキリシタン@ Re[8]:高山右近の生涯(05/11) ゆうあいママtosaさんへ 高山右近は明石に…
gundayuu@ Re[1]:観音様と舎利子くん(04/13) yomogiさん コメントを有難うございます。…
yomogi@ Re:観音様と舎利子くん(04/13) こんばんは。gundayuuさん お久しぶりです…
gundayuu@ Re[1]:観音様と舎利子くん(04/13) 灰色ウサギ0646さん いつも、有難うござい…
灰色ウサギ0646@ Re:観音様と舎利子くん(04/13) 昔、薬師寺の西塔再建の時、薬師寺で般若…
gundayuu@ Re[1]:三番叟(01/05) 灰色ウサギ0646さん 新年、あけましておめ…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.