000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンギン日和DIARY

スペイン代表・セリエA観戦ツアー

ヨーロッパサッカー観戦ツアー(2001.4)
これがアウェイの洗礼だという経験をしてきました。
その1 (日本代表VSスペイン代表 コルドバ)
一応、コルドバの町を観光後ショッピングセンターで食べ物を買いだし
して競技場へ向かった。入り待ちをしようかななんて思ったけど
様子を見るだけのつもりがなぜか日本代表応援席に1番乗りをしてしまった。
当然の事ながらまわりにはスペイン人だらけ。しかも席のあるブロックからは
でられないと警備からおまえの席はここだと戻される始末。しかたがないので
すわっているとスペイン人のサポーターがやってきてどうせこの試合は
4ー0で日本は負けるんだと言ってくる。悪口って不思議とわかるもの
なんですよね。しかも次々と。つれは3ー0で
日本が勝つんだと言い返していた。それは試合前の話。試合中は最初は
気楽に考えていた雰囲気も進むにつれだんだん険悪に、脳天気な自分に比べ
連れは、1点取られてほっとしたといっていたくらい。まぁ試合後は、結構
フレンドリーでW杯を思い出していたけどね。
その2(ASローマVSラツィオ スタディオ・オリンピコ)
ローマダービー

試合前はとっても幸せだった。日本人=NAKATAだから
ローマのサポーターとフォッツァローマと声掛け合っていた場面ばかり
遭遇していた。・・・が席のあるゲートに近づくにつれ引きつってくる。
そして席のあるゲートにはラツィオのサポーターしかいなかった。
確かにアウェイ側のゴールに近い席だと聞かされていた。でもミックス
ゾーンだという話を信じ切っていたからツアーのメンツはローマのグッツを
身につけていた。そうでなくても、日本人だというだけで唾やコインや
ペットボトル等々飛んできていた。席についてまず、ラツィオの青の紙
を手に入れ、メンバー紹介では一緒に声を出し、ローマに対してブーイング
中田がベンチ入りしていないことに安堵し(これじゃここにきた意味が・・・)
ラツィオに偽りの忠誠を捧げた。まったくなんてこった。
前後半とも試合開始時には花火・発煙筒でピッチが見えない。
特に後半は目の前のゴールに自分のチームが攻めてくる形になる、
戦争の始まりだった。1点目バティがゴールを決めるとローマの
サポーターが挑発をなじめる。最初はペットボトル、発煙筒の燃えかす
が飛び交っていた。2点目をローマが決めると今度は座席がはずされて
宙を舞っていた。そうしている内にローマとラツィオを分ける防護壁付近
に警官隊が突入、催涙弾を打ち込んだ。周囲はその騒ぎに反比例するか
のように静まってきた。なんかこのままではぶきみだった。 
そうしてロスタイムに追いついたとき、いままでのどんな試合よりも
たぶん必死に応援していたんじゃないかと思った90分間が終わった。
結果は2ー2の引き分け。これで無事帰れると思った。同じグループの面々
にも安堵の表情が浮かんだ。
これが本場の馬鹿騒ぎなんだ!!
Jで起きた事件の数々なんてかわいいもんだ。だけどレッズサポーター
によっておこされた軟禁事件は許したくないな。やっぱり安全に見る
ことの出来る環境は守って行かなくてはと実感した。

NEXT





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.